【ウユニ】奇跡の絶景、ウユニ塩湖。その美しさから目が離せない

001 大陸:南米002 国名:ボリビア003 都市名:ウユニ004 日付:2012,02,23

「この感動は、言葉にできない」

ウユニ塩湖:

町から車で一時間。見渡す限りの白銀の世界、その正体は全て塩。古くからその恵みで周辺の人々の生活を潤してきた。雨期には「天空の鏡」と称されるほどの絶景が見られ、世界中から観光客が押し寄せる。

数年前までウユニ塩湖のその名を知るものは少なかったのではないか。近年その美しさから世界中から大勢の観光客を集めるようになったこの場所は、慢性的な水不足という問題を抱えている。

この場所を訪れた方は見たことがあるかもしれないが、どの宿にも大抵ある「洗濯禁止」の文字。しかし、残念ながらこれに反して洗濯をする観光客が大勢いるのが現状なのだ。これは現地の人々にとっては当然死活問題に繋がってしまう。

今後この素晴らしい絶景が、現地の人々とともに末永く存続していくためにも、訪問者はこの問題を認識する必要がある。

th_shutterstock_152641022 th_shutterstock_187292807

 Comment:ウユニ塩湖、雨期の一日です。こんな世界が、目の前に広がっています。朝日から星空まで、どの瞬間も、その風景に圧倒されてしまいます。魂­が抜かれてしまうという感じかも知れません。自然というのは、ものすごく残酷だったり、計り知れなかったり、抗えないもので、ただただ大きく、存在しているのだと思いました。すべてに理由なんてないのかもしれない。。

 

tabisuzu_btn02

世 界 と つ な が る、M O V E す る  -  T A B I L A B O

 

「死ぬまでに行きたい絶景」として名をはせている、ボリビアのウユニ塩湖。実際に行くのはなかなかに難易度が高いので、今週末は、日本のウユニ塩湖に行ってみません...
ボリビア・ウユニ塩湖で、鏡張りの水面に立ちたいーーとはいえ、南米は遠すぎる。そんなあなたに朗報です。なんと都内から1時間で行ける場所に、あの「天空の鏡」が...
001 大陸:南米002 国名:ボリビア003 都市名:ウユニ→ウユニ塩湖004 日付:2012,02,24「幸せ!感動!仲間と一緒だから、楽しい」 Ab...
ウユニ塩湖の美しい景観を守りたい!「死ぬまでに行きたい絶景地」として有名で、いつか必ず訪れたいと夢見る日本人も多いであろう南米ボリビア・ウユニ塩湖。ここで...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で音とお酒と踊りを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
今となっては、ウユニ塩湖の絶景写真は数多い。もちろんそのほとんどは何度見ても綺麗だし、一生に一度は訪れてみたいと思う。でも、いたるところで取り上げられると...
ボリビア・ウユニ塩湖を観光するとなると、ツアーに組み込まれていることも多い場所。ウユニ駅から3kmほど南西に行くと、塩湖以外にもうひとつ見どころがあります...
いわゆる「絶景本」などの影響もあり、近年、一気に知名度を上げた「ウユニ塩湖」。でも、どれだけ情報が溢れようと、こんな「空撮映像」はなかなかお目にかかれない...
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
仕事を辞め、日本を飛び出した映像作家とヨガ・インストラクターの夫婦。彼らの世界一周の旅は『旅する鈴木』のタイトルで、動画とともにほぼ毎日発信中! なかでも...
オーストラリア南西部のヒリアー湖は、見ての通り珍しいピンク色をした湖。周囲が砂で縁取られており、さらにその周りは木々が生い茂った森になっています。ここで紹...
島に引き続き、闇スポット第2弾。今回は危険な「湖」をまとめました。全部足を運ぶことはできるけれど、命に関わるので近づかないで、エンタメに楽しんで見てくださ...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
ゆずには多様な使い道がありますが、もうひとつの愛媛県の特産品しいたけと合わせてお味噌で和えることで、ゆずの香りが食欲をそそる、白いご飯にぴったりのおかず味...
画像に写っているのは、「Fly around the world」名義で活動するクリエイターの石神良英。まずは、Twitterで4600RT・5500FA...
南アルプスのふもとにある、大間ダムによってせき止められてできた人工の湖。ここでは、自然の景色とはひと味ちがった絶景が「夢の吊り橋」から楽しめます。
ロシアにある「バイカル湖」は、冬になると凍る絶景スポットとしてよく知られています。フォトグラファーのクリスティーナさんは、その上を歩きながらその風景を撮影...
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...