家が、海の中へ!?フランスの工具店が作ったCMがおもしろい

人生は、まるで旅のよう。

「ホームプロジェクト」という冒険を応援したいという気持ちを込めて、フランスの工具店チェーン「Leroy Merlin」が「Life's adventure(人生の冒険)」と題したCMを公開。

海を見下ろす崖に建つ、古びた家を購入した若いカップル。DIYで理想の家を築いていくふたりは、まさに旅をしながら人生を築いていっているのです。

古い家を買って
理想の家をつくろう

崖の上にそびえ立つ、古い一軒家へ向かうカップル。

家の中はどこもかしこもボロボロ。でもふたりは、自分たちがこれから作ろうとしている家について語り合い、夢いっぱいです。

「家」という船で
人生の海を渡ろう

DIYで家を改装することにしたふたり。男性が壁に穴を開け始めると…

家はそのまま崖を滑り落ち、大海原へ!

こうして、ふたりの旅が始まるのです

話し合いながら、DIYを進めていくふたり。

航海を続けながらも、徐々に出来上がっていく家。

ときには外へ出て、海を眺めながら家の壁も塗り直したり。

仲の良いときも、
ケンカをするときも。

楽しくてたまらないときもあれば…

激しくぶつかり合った日もありました。いいときも悪いときも、いつも見守ってくれたのは「家」。

そして人生の旅は
小休止へ

ついにふたりは、子どもを授かります。大海原の旅は、一旦お休みです。

崖の戻ったふたりの後ろには、完成した理想の家が!

「Build your Life(人生を築こう)」というメッセージ通り、理想の家を作るということは、人生を築くということなのかもしれません。

なんだか、CMの思惑通り、家づくりにチャレンジしてみたくなっちゃいました。

1分50秒のほどの動画も、どうぞ。

Licensed material used with permission by BETC
他の記事を見る
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
カナダ・バンクーバーアイランドから10分ほど船に揺られると、「Freedom Cove」と名付けられた、おもちゃのようにカラフルな家を見つけることが出来ま...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
クリスマスシーズンを迎えるこの時期、海外のCMから目が離せない。この記事で紹介するのは、英国の老舗百貨店「ディペンハムズ」。まるで、映画を思い起こさせるス...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
毎年、クリスマスシーズンになると巷で話題となるのが、イギリスの百貨店「ジョン・ルイス」のTVCM。商品広告は一切なく、心があったかくなるショート・スト−リ...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
フランスの航空会社「エールフランス」が、キャンセルをしたフライトのチケットを売りさばけるWEBサイトを創設しました。
フランスに暮らすAdrien Locatelliが、聖書とコーランのテキストの一部を自分の体内に取り入れました。
フランス人なら、誰もが一度は口にしたことがあるシューケット。シュー生地にパールシュガーが散りばめられた小さな焼き菓子は、大人から子どもまで大人気。フランス...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.38
フランス革命期の1796年に起きた「ヴァンデの反乱」で焼かれてしまったお城「Ebaupinay Castle」の共同オーナー権を売ることで、その復元・保存...