フランスの田舎町を走る「移動式の本屋さん」には、大型店にない魅力がある

これは、フランス国内を走るあるトレーラーハウスのお話です。図書館や本屋へのアクセスが不便な地域へと赴いて、その土地に暮らす人々に本を届ける、移動式の本屋さん。主人公はオーナーのPauline、そして、彼女のトレーラーへと集まってくる本好きな人たちです。

詰め過ぎないことを意識した結果
人々が集まる本屋ができた

キャンピング用トレーラーを改装して、屋根まで届く書庫にびっしり並んだ約3,000冊の中古本。「La Maison Qui Chemine」には、出版されたばかりの新刊本はありません。それでも、Pauline選りすぐりの蔵書を求めて、人々がやってきます。

まだまだ書庫を設置するスペースはあるし、一冊でも多くの本を手にとって欲しい、普通に考えればこう思うんじゃないでしょうか。でも、彼女のアイデアはそうじゃなかった。

蔵書で埋め尽くすことよりも、くつろげるイスや机を用意して、訪れた人たちがくつろいで本を選び、空間を楽しんでもらえるようにと、イスや机を置くことを選んだそうです。

夕方、仕事が終わる時間になると、ひとり、また一人と本好きたちが小さなトレーラーに集まってくるようですよ。彼らの目的は「読書サロン」。知らない人同士がコーヒーを飲みながら、ここで見つけた本や自分の好きな作家について、肩を寄せあい、膝を突きあわせて語りあう様子が目に浮かびますね。

人と本をつなげて
コミュニティを生み出す

ところで、Paulineの本職は空間デザイナーなんだそう。人と人をつなげ、コミュニティの場所をつくるのはお手のもの、といったところでしょうね。それでも、移動することが大前提。だから彼女はそれぞれの土地でできたコミュニティが、自分が去った後も活動を続けてくれることを望んでいるんじゃないでしょうか。

ちなみにこの本屋さん、閉店後はPaulineとパートナーのRomanの生活スペースへと変わります。

本にも人にも出会える場所。今日もフランスのどこかの村で、本好きたちがトレーラーハウスのドアをノックしているはずです。

Licensed material used with permission by Tiny House - La Maison qui Chemine
他の記事を見る
フランスにある本屋さん「mollat」のインスタグラムアカウントが大人気になっています。その理由は…、店員さんたちのこんなお遊び!本のカバーにぴったり合わ...
ひとくちに「本屋さん」と言っても、いろいろあります。セレクトが魅力的な小さな書店に、品揃え豊富な大型店舗、なかにはお酒が飲めたり、泊まれたりする場所もあっ...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
トレーラーハウスやキャンピングカーは、永遠のオトコの憧れアイテム。中古でもいいからいつかは手に入れたいけれど、どうせなら人とは違った、こんな“和風”のもの...
シチリア島にある数十件の家が売りに出されています。しかも、たったの約1ユーロ。ただ、自ら家を改装する必要があるなど条件はあるようで。特にヨーロッパ圏内の外...
今回は、僕の故郷であるイギリスにおける比較的新しい風習を紹介したいと思います。例えば11月(November)には、口ヒゲを生やして募金活動を行い、男性の...
7月の初め、本屋From My Shelfのウェブサイトに「エッセイを書いて、本屋をもらおう」というコンテストが発表されました。優勝したら本屋の営業権をK...
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
「学校も研究所もあるのに、本屋がないなんて」。ニューヨークの最北に位置するブロンクス。140万人が暮らすこの街には今、本屋がほとんどないそう。次々と大型書...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
2019年になって早々、話題になったある男の話。彼女にプロポーズしたにも関わらず、指輪を返して欲しい、婚約を破棄したいなどとネットでぼやいたことで炎上した...
最近、新しいスタイルの本屋さんが続々とオープンしています。ビールを飲みながら店内をぶらぶらできる下北沢の「本屋B&B」は、そんな先がけのひとつ。その経営者...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
予定価格は350万円(税抜き)から。「自然指向のライフスタイル」を提案するアウトドアブランドのSnow Peak(スノーピーク)が、住まいとしての機能をも...
街の本屋さんが次々と灯りを消していくなかで、個性を出しながら本好きの心を奪う店が増えてきている。北海道・札幌の北18条にある古本屋「BOOK LAB.」も...
真冬のモントリオールで、極寒の中開催される音楽フェス「igloofest」。今年は1月17日〜2月2日の間、毎週木・金・土の開催。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
この未来的なデザインは、サンフランシスコの建築事務所「テリー&テリー アーキテクチャ」が設計したもの。まるで海の上に浮かんでいるかのようなこのお家、ただの...
川原や公園に行く時、自然と周りの景色に溶け込んでデザインもシンプルで可愛い、そんな自転車トレーラーをカナダにある「Studio North」が作った。地域...
ニュースフィードに流れてきた記事タイトルが面白そうで、思わずクリック…という経験は、誰にだってあるはず。そこである本屋さんは、思い付きました。もしもそれを...