「少女が、大好きな彼を自殺に追いやる物語」。古典文学にイマドキな見出しをつけてみた

ニュースフィードに流れてきた記事タイトルが面白そうで、思わずクリック…という経験は、誰にだってあるはず。そこである本屋さんは、思い付きました。もしもそれを、「古典文学」でやってみたらどうだろう?

ロミジュリは
彼氏を自殺に追いやる
ラブストーリー!?

史上初めて全身移植手術を行った、ドイツ人の医者。

『フランケンシュタイン』
メアリー・シェリー

とあるバックパッカーにとって、人生最悪の旅。それは、島の部族が糞で攻撃をしてきた時だった。

『ガリヴァー旅行記』
ジョナサン・スウィフト

まさか、そんなエピソードがあったなんて…。

14歳の女の子が、大好きな彼氏を自殺に追い詰めてしまう物語。
『ロミオとジュリエット』
ウィリアム・シェイクスピア

新種のドラッグが、ロンドナー達を邪悪に豹変させていく。

『ジキル博士とハイド氏』
ロバート・ルイス・スティーヴンソン

これだけ読むと、何だか『バイオハザード』のよう。

セルフィーがうまく撮れなくて、死に追いやられてしまった男性。

『ドリアン・グレイの肖像』
オスカー・ワイルド

セルフィーと呼ばれているのは、主人公のドリアンが友人の画家に描いてもらった肖像画のことでしょう。確かに当時のセルフィーかも?

少年は小さい頃、一匹のクマを助けた。まさか数年後、運命の再会を果たすとは知らずに。

『ジャングル・ブック』
ラドヤード・キップリング

巨大トルネードに家を破壊された少女に起こることを、あなたは予測できるだろうか?

『オズの魔法使い』
ライマン・フランク・ボーム

シングルマザーのセックスが激しく非難された、あの時代。

『緋文字(スカーレット・レター)』
ナサニエル・ホーソーン

帰らぬ夫以外の男性との間に子どもをもうけた女性が、責められながらも尊厳を守ろうとするお話。

トランプ大統領=聖人?イタリア人政治家の見解。

『君主論』
マキャヴェリ

ニンニクに関する衝撃の事実を知ってしまった、ルーマニアの男性。あなたはその悪夢を目の当たりにするだろう。

『ドラキュラ』
ブラム・ストーカー

ネット世代が
古典文学に触れるきっかけを

数々の名作にイマドキな見出しをつけて紹介するという、このキャンペーン。アメリカ・ダラスにある本屋さん「The Wild Detectives」が、「National Read a Book Day(本を読もうの日)」に際して行ったものでした。

すでに著作権が切れたタイトルをセレクトしていて、記事の中身は「名作」そのものを転載しています。つまり見出しにつられてクリックすると、実際に本の内容に触れることができるのです。

アメリカではクリックしたくなるようなバナーやタイトルを「Clickbait(クリックの餌)」と呼ぶのですが、それをもじって「Litbaits(文学の餌)」と名付けられたこのキャンペーン。

You fell for the bait, now fall for the book.
(餌につられたら、本に出会えます)

たしかに、こんなに「くだけた」キャッチコピーがついていたら、とっつきにくいと思っていた古典文学や学術書も、ついつい読みたくなっちゃうかもしれませんね。

Licensed material used with permission by The Wild Detectives
その奇跡は、サウスカロライナ州のとある病院で起こりました。3月19日の午後2時6分、MorganとEdwin夫妻に待望の男の子が誕生、かねてから用意してい...
その佇まいは、大切な人から届いた手紙のようです。手紙というのは、書いた人の気持ちが込められたものであり、人を喜ばせる魔法の力を持っています。あの名作文学を...
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.46
ひとつで複数の機能をもつ「マルチツール」は、乱雑になりがちなデスク周りをシンプル&クリーンに保ってくれるオフィスワーカーの強い味方。今回は「レザーマン」か...
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
気温が高い地域ってわりとノンビリとしたイメージがあるので、これは意外です。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
10月にカナダ・トロントで行われたアート展。とある道路の通行を規制し、約10,000冊の本で埋め尽くしたのは、スペインのLuzinterruptusという...
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
9月10日は「世界自殺予防デー」です。日本の自殺率は世界でも高いなか、私たちには何ができるのでしょうか。アメリカの自殺予防団体が挙げる自殺のサイン。これを...
「あなたの人生で、映画みたいな出来事があったら教えてください」。実名で投稿する海外のQ&Aサイト「Quora」で投げかけられた、ひとつの質問。これに対して...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
プロ顔負けの速弾きで世界中の視聴者を唸らせているのは、キュートな10歳の女の子。実は彼女、インターネットではよく知られた名ギタリストなんです。ここで紹介す...
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
成功の定義は人それぞれあるかもしれません。だけど、「成功した人」は何がそうさせたのでしょうか。ここでは、成功と失敗に対する考え方を変えることで、自殺率が下...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
かわいい洋服を身にまとった、素敵なおうちでの生活。きっと、誰もが幼い頃に一度は憧れたであろう世界を、ぜひ一度のぞいてみてください。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
ここに登場する絵は、すべてイラストレーター高田美穂子さんによって描かれた「挿絵」です。小説の主役は、言うまでもなく「物語」そのもの。けれど、こうして文芸誌...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...