世界の人気作品でつくる「ワールド文学マップ」

文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の「鏡」のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な手がかり。

各国で愛されている文学作品を世界地図にあてはめたアートワークを紹介します。みなさんは、どの国のどの作品が気になりますか?

1aaf60958fab7506dba873a10d190e37641ab992

日本は
夏目漱石『こころ』

386b6249906fb957f427a255bc4fcddd3fc283b0

本の表紙を反映した世界地図。日本を拡大してみてみると、夏目漱石著『こころ』が選ばれていることに気づきます。高校の国語の教科書でも第三章の「先生の手紙」が掲載されているものが多く、この作品に触れたことのある人は多いはず。

では、他国で愛されている文学作品は、どのようなものがあるのか見ていきましょう。

 

ロシア

8dd258297efc771191803f5652dbd0dfa489538a

ロシアとナポレオンの戦争を描いた、ご存知トルストイの『戦争と平和』。

登場人物が559人も出てくる超大作で、複雑に入り組んだストーリーが特徴。戦争という激動の中で、若者たちが自らの人生を見つめる成長譚でもあります。

ヨーロッパ

C9520a9a651ee00b73c61f150de239059e6ba594

複雑に入り組むヨーロッパからは、代表的なものをいくつかご紹介。

フランス
『巌窟王(モンテ・クリスト伯)』
アレクサンドル・デュマ・ペール著
無罪の罪で長い監獄生活を送った主人公エドモン・ダンテスが、脱獄した後にモンテ・クリスト伯と名乗ってから、自らに罪を着せた者たちに復讐を遂げる物語。

スペイン
『ドン・キホーテ』
ミゲル・デ・セルバンデス著
自らを伝説の騎士ドン・キホーテだと思い込んだアロンソ・キハーノは遍歴の旅へ出発。

イタリア
『神曲』
ダンテ・アリギレーリ著
地獄篇、煉獄篇、天国篇の3部から成る長編叙事詩であり、ダンテ自身がこれらの3つの場所を巡っていくストーリー。

北米

440ff2c559867e582b8b270f17d046923adc04f0

カナダ
『赤毛のアン』
ルーシー・モード・モンゴメリ著
プリンスエドワード島の「グリーンゲイブルズ」に住むマシューとマリラの老兄妹は、孤児院から男の子を引き取るはずが手違いでやせっぽちの赤毛の少女、アンを育てることに。

アメリカ
『アラバマ物語』
ハーパー・リー著
アラバマ州で起きた黒人による白人女性への暴行容疑の裁判で、主人公であるジーン・ルイーズ・フィンチ(スカウト)の視点で白人陪審員の偏見と人種差別を描く。

アジア

C37235cee56f885ff2e15fd9f6f9212162327e90

中国
『紅楼夢』
曹雪芹著
「中国五大小説」の一つに数えられる作品。ひとつの石を巡る因縁から、主人公賈宝玉(かほうぎょく)の成長を描く物語へと発展。

 

ごく一部だけを紹介しましたが、まだまだ世界には数々の名作があります。気になる本を手にとって、読書の秋を謳歌するなんていかがでしょう。

Licensed material used with permission by Backforward24
旅と食べ物をこよなく愛するふたり組のアーティスト、Caitlin LevinとHenry Hargraves。彼らが作り上げた世界地図は、その国の特産品や...
銀が溶け出すようなアートは、イタリアを拠点とするAlessandro Pagliaさんによるもの。何本ものペンを使いこなして、現実とはかけ離れた作品を作り...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
旅先で出会った建築物をモレスキンのノートにペンですらすら描いていくAmer(@TendToTravel)。ハイクオリティな彼のラフスケッチは、数年前から海...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
さあこれから、2分半のショートトリップに出かけましょう。旅するのは、ローマやパリ、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨークなど世界の人気都市の数々。そう聞...
日常にあるものとないものを融合させたマジックリアリズムに影響を受け制作されたPaigeさんのアート。この記事では、彼女の作品の雰囲気をお楽しみください。
こに暮らしているからこそ見えづらくなる魅力や躍動感が、外から見ると浮き彫りになる。これはその好例だ。たった3週間で、東京、大阪、京都、広島などを撮影して周...
米・ラトガース大学で、東アジアの歴史を研究するニック・カプール教授が、Google検索する時に表示される「予測変換」を用いて、各国のステレオタイプを調査!...
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
ひたすらにチーズの絵ばかりを描きつづけた<cheese artist>は、世界にMike Genoたったひとりだ。ただチーズを描いて飾っているだけではなく...
日本にも「茶柱が立つ」「朝のクモ」のように、縁起がいいと言われる出来事がいくつかあります。世界でも同じく「幸せのしるし」と信じられているものがあり、ときに...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
10月にカナダ・トロントで行われたアート展。とある道路の通行を規制し、約10,000冊の本で埋め尽くしたのは、スペインのLuzinterruptusという...
夏になるとロシア人は、田園地帯の小さな別荘「ダーチャ」で家族や友人とともに週末を過ごす。18世紀に貴族の間で広まった田舎のセカンドハウスは、ロシアの建築と...
Googleマップをベースとして、モダンアートに変身させる「Modern Map Art Prints」。そのクオリティは、美術館にあるレベルなのだとか。...
数年前にスロベニアを訪れたときのこと。持参したガイドブックに「四国とほぼ同面積」という記載を見つけ、非常に驚いた記憶がある。要因は、私たちが見慣れた「世界...
年越しそばを食べたり、108回鐘を鳴らす文化が日本にあるように、世界各国には独特の新年の祝い方があります。なかでも、ヨーロッパ諸国のクセがすごい。中央ヨー...