世界の人気作品でつくる「ワールド文学マップ」

文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の「鏡」のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な手がかり。

各国で愛されている文学作品を世界地図にあてはめたアートワークを紹介します。みなさんは、どの国のどの作品が気になりますか?

日本は
夏目漱石『こころ』

本の表紙を反映した世界地図。日本を拡大してみてみると、夏目漱石著『こころ』が選ばれていることに気づきます。高校の国語の教科書でも第三章の「先生の手紙」が掲載されているものが多く、この作品に触れたことのある人は多いはず。

では、他国で愛されている文学作品は、どのようなものがあるのか見ていきましょう。

 

ロシア

ロシアとナポレオンの戦争を描いた、ご存知トルストイの『戦争と平和』。

登場人物が559人も出てくる超大作で、複雑に入り組んだストーリーが特徴。戦争という激動の中で、若者たちが自らの人生を見つめる成長譚でもあります。

ヨーロッパ

複雑に入り組むヨーロッパからは、代表的なものをいくつかご紹介。

フランス
『巌窟王(モンテ・クリスト伯)』
アレクサンドル・デュマ・ペール著
無罪の罪で長い監獄生活を送った主人公エドモン・ダンテスが、脱獄した後にモンテ・クリスト伯と名乗ってから、自らに罪を着せた者たちに復讐を遂げる物語。

スペイン
『ドン・キホーテ』
ミゲル・デ・セルバンデス著
自らを伝説の騎士ドン・キホーテだと思い込んだアロンソ・キハーノは遍歴の旅へ出発。

イタリア
『神曲』
ダンテ・アリギレーリ著
地獄篇、煉獄篇、天国篇の3部から成る長編叙事詩であり、ダンテ自身がこれらの3つの場所を巡っていくストーリー。

北米

カナダ
『赤毛のアン』
ルーシー・モード・モンゴメリ著
プリンスエドワード島の「グリーンゲイブルズ」に住むマシューとマリラの老兄妹は、孤児院から男の子を引き取るはずが手違いでやせっぽちの赤毛の少女、アンを育てることに。

アメリカ
『アラバマ物語』
ハーパー・リー著
アラバマ州で起きた黒人による白人女性への暴行容疑の裁判で、主人公であるジーン・ルイーズ・フィンチ(スカウト)の視点で白人陪審員の偏見と人種差別を描く。

アジア

中国
『紅楼夢』
曹雪芹著
「中国五大小説」の一つに数えられる作品。ひとつの石を巡る因縁から、主人公賈宝玉(かほうぎょく)の成長を描く物語へと発展。

 

ごく一部だけを紹介しましたが、まだまだ世界には数々の名作があります。気になる本を手にとって、読書の秋を謳歌するなんていかがでしょう。

Licensed material used with permission by Backforward24
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
旅と食べ物をこよなく愛するふたり組のアーティスト、Caitlin LevinとHenry Hargraves。彼らが作り上げた世界地図は、その国の特産品や...
銀が溶け出すようなアートは、イタリアを拠点とするAlessandro Pagliaさんによるもの。何本ものペンを使いこなして、現実とはかけ離れた作品を作り...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
写真は、名作猫ムービーの主人公・チグラーシャ。かわいい!という話。だけじゃありません。新宿で開催中の上映イベント「ロシアン・カルト2018」は、ロシアの魅...
歯ブラシって、なぜか高機能そうでシャープなデザインばっかりでつまらない。アートな暮らしに憧れているなら、こんなところまで気を使いたい!
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
海で泳いでいるはずの生き物が雲海から飛び出したり、空にあるはずのものが地上にあったり。Justin Petersさんの作品には、想像を超える世界が広がって...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
BGMのトリビアを集めた書籍が刊行された。『エレベーター・ミュージック・イン・ジャパン 日本のBGMの歴史』(DU BOOKS/4月27日発売)は、おそら...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
オランダで9月16日まで開催されているアートイベント「Into Nature」。そこには、ただ見るだけではなく泊まって楽しめるインスタレーション「Esca...
アート・フォト・トラベルが開催した『ドローン・アワード・フォトコンテスト2018』の優勝作品が決定した。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
日常にあるものとないものを融合させたマジックリアリズムに影響を受け制作されたPaigeさんのアート。この記事では、彼女の作品の雰囲気をお楽しみください。
ひたすらにチーズの絵ばかりを描きつづけた<cheese artist>は、世界にMike Genoたったひとりだ。ただチーズを描いて飾っているだけではなく...
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
東西ヨーロッパの懸け橋となった、ポーランドの朝ごはんをどうぞ。
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。