それぞれの国の「名産品」で、世界地図をつくってみた

旅と食べ物をこよなく愛するふたり組のアーティスト、Caitlin LevinとHenry Hargraves。彼らが作り上げた世界地図は、その国の特産品や有名な食べ物でいっぱい!

おなじみのものから、ちょっと意外なものまで、色とりどりの「おいしい世界地図」を召し上がれ。

01.
アメリカ
→コーン

7dacdab805a13b56899e0c280590d764059615bc

トウモロコシの栽培は、北米大陸からはじまりました。アメリカの乾燥した気候によく合った穀物で、紀元前5,000年から主要な農作物として大規模に作られていたと言われています。

今でも、世界中のトウモロコシのおよそ4割はアメリカで作られているそうです。

02.
南米
→柑橘類

77efb90e773ea77583fc6c3cb3755008d6d1b9bd

温暖な気候で生育するレモンやオレンジ、ライムなどの柑橘類。原産はインドですが、ブラジルやアルゼンチンなど、南米で多く栽培されています。

03.
アフリカ大陸
→バナナ

C94ac208a13b015adf07a3b7e43208c7b1f3b765

古くから熱帯地方で栽培されてきた、バナナ。原産は東南アジアと言われていますが、他の作物が育ちにくいアフリカでは、豊富に含まれる食物繊維と糖質から主食として消費されてきました。今でもバナナを主食にしている国がいくつもあります。

04.
オーストラリア
→エビ

C8c9d106e2a9f4f773a2b60f22aef3bafc28a121

オーストラリア近海は、世界でも有数のエビの漁獲地となっています。エビの他にも、ロブスター漁やマグロ漁なども盛んです。茹でたエビのディップは国民食と言ってもいいほど。

05.
ニュージーランド
→キウイ

92a10e73d6e8f8680293d64e5360c35fd28b24f6

キウイフルーツは、ニュージーランドに生息する飛べない小さな鳥「キウイ」にそっくりであることから名付けられました。20世紀半ばから頻繁に食べられるようになった、比較的歴史の浅い果物のひとつです。

06.
イギリス
→クッキー

64d8b5cb02fb8fa44f6c2eadc48311d75a59a2fe

イギリスといえば、紅茶の国。世界で最も摂取量が多いと言われています。同時に、お茶菓子も発展していきました。かつては「家でおいしいクッキーを焼くのが、淑女のたしなみ」とされた時代もありました。

07.
イタリア
→トマト

57f0766aad1646430b57f621c52ca2f4f7144858

イタリア料理に欠かせない食材、トマト。南米アンデス山脈地方から持ち込まれたときは毒だと信じられていて、もっぱら観賞用とされていました。それから長い時間をかけて、イタリアでトマトを取り入れた料理が開発されていったのです。

08.
フランス
→パンとチーズ

06efa1c033357351e9e4ce123f5fec949627002b

フランスは文化の中心地というイメージがあるかもしれませんが、ヨーロッパいちの農業大国でもあります。国土の多くを占める平地を生かし、小麦の栽培や酪農が盛んです。フランスのパンとチーズは、世界でもトップクラスのブランド力。

09.
インド
→スパイス

E62f5317fca21b6408c0357be8d679c630448eb8

インド料理のおいしさの秘訣は、その豊富なスパイス。紀元前3,000頃にはすでに料理に使われており、大航海時代には、このスパイスを求めてヨーロッパ各国がインドを目指しました。現在でも、世界の生産量のおよそ半分はインドで作られています。

10.
中国
→ヌードル

697a1926a6a2f4d4e84cf612e312341c4d389dc0

今ではすっかり日本食のイメージになっているラーメンも、もともとは麺料理の本場、中国の料理。日本のソバやうどんなどとはひと味ちがう多種多様な麺類が、さまざまな調理方法で食されています。

11.
日本
→海藻(のり)

Bb273310afd8b44272e8b82a277b44c6e96da216

気になる日本は…なんと海藻!昆布やワカメなど、日本料理ではおなじみの海藻ですが、これほど食べている国はあまりありません。ちなみに海苔を消化する能力を持っているのは日本人だけ、なんていう説も?

Licensed material used with permission by Henry Hargreaves
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
始まりは1944年。セーレン・ポールセンさんは20年間海外で生活をしたあと、故郷デンマークに帰ってきました。クライトロプ湖付近にある実家は酪農を営んでいる...
歴史が覆るかもしれない「古代地図」の存在とは!?ここでは「Collective-Evolution」に紹介された記事を紹介します。記事内で取り上げられてい...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
オフィスに本格的な卓球台が設置されて、あらためてわかりました。卓球ってめちゃくちゃ手軽なスポーツだな、と。
Hellmann'sのマヨネーズがフレーバーになったアイスクリームが登場しました。
夜のオフィス街で輝く明かりを見つけると、きれいだなと思うと同時に、「こんな時間まで頑張ってる人がいるんだ…」と、そこで働く人のことをあれこれ想像してしまい...
SNSを介して知人と近況をシェアすることが当たり前のこの時代。またしても、注目度大のアプリが登場しました。この「WHERE」があれば、ちょっとしたお出かけ...
このまままっすぐ地面を掘ったら、地球の裏側までたどり着けるんじゃないか?子供時代には、そんな純粋な疑問があったはず。WEBサイト「Antipodes」は緯...
50人分の手描きの「TOKYO」の地図が収められている『TOKYO 35°N』。「Romantic Geographic Archive」シリーズ第一弾書...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...
2020年東京五輪を控え、インバウンドに力を入れる日本のキャッチフレーズは「Endless Discovery」。尽きることのない感動に出会える国であるこ...
数年前にスロベニアを訪れたときのこと。持参したガイドブックに「四国とほぼ同面積」という記載を見つけ、非常に驚いた記憶がある。要因は、私たちが見慣れた「世界...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
イタリアにはたくさんのピザ専門店「ピッツェリア」があります。この記事で紹介する地図「Best Pizzas in Italy」には、イタリア版ミシュラン「...
世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
ロゴがデカデカとプリントされたショップTは、デイリーユースに少し抵抗があるアイテム。だけど、ぜんぜんイヤじゃない。
世界中にペンパルが欲しいーー。そんな考えを実現してしまったのが、イギリスのToby Littleくん。書いた手紙は890通、そのうち返信は378通(201...
アイスランド、アメリカ、ペルーなど、これまで24ヶ国の絶景を撮り続けたTerrenceは、世界を旅するフォトグラファー。どこへ行くにも彼女であるVicto...
「今の住空間にダルマは合うか?」そんな発想で誕生したのが、「アクティ大門屋」のはりこーシカという民芸品。そこには、高崎だるまを140年間作ってきた「アクテ...
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
北海道から沖縄まで47都道府県を写真で繋ぐ日本地図。全国津々浦々にある風景や情緒を海外の人に感じてもらい、よく知ってもらおう。経産省によって公開されたwe...