もしも世界地図が、 国や都市名入りの「楽曲タイトル」で書かれていたら。

アメリカなら、Bruce Springsteen『Born in the U.S.A.』。
ニューヨークなら、Frank Sinatra『New York, New York』。
イギリスなら、Sex Pistols『Anarchy in the U.K.』。

ロンドンなら、The Clash『London Calling』

と言った具合に、地名入りの楽曲名が当てはめられているというワケ。

1950年代の世界地図をもとにして実現されたもので、プリントして飾ってもいい感じ。

Ee2335da4978690cbeb495b7c5cca4a6233f820c

どんな曲が載っているのかワクワクしてきませんか?拡大できる画像にはコチラからアクセスできます。さっそく日本から探してみました。

…ムムム。

254f05160665a711dbe86c79ebb10ab821ac39ca

The Vapors
『TURNING JAPANESE』

日本=『TURNING JAPANESE』。

中国っぽいフレーズから始まるノリノリの曲。1978〜82年まで活動したイギリスのバンド・The Vaporsの作品です。イカしてる!

なんと彼ら、2016年に復活を果たしており、ダブリンで行われた復活ライブは大盛況。2017年4月の公演もすでにチケットがソールドアウトしています。

Bryan Ferry
『TOKYO JOE』

東京=『TOKYO JOE』。

00分18秒から始まる中国っぽいイントロを聞けば、97年に放送されていた日本のドラマ『ギフト』が忘却の彼方から蘇ってくる(かも)。

Alphaville
『BIG IN JAPAN』

北海道=『BIG IN JAPAN』。

ドイツのバンドで、彼らの作品のなかでも、1984年にリリースされた最大のヒット作。楽曲の最後がジャーンと銅鑼を叩いて中国っぽく終わります。

ちなみに、ほかにはこんな曲が。

ブルックリン

The Beastie Boys『No Sleep Till Brooklyn』。

フランス

KRAFTWERK『Tour de France』。

中国

Daivid Bowie『China Girl』。

香港

Siouxsie And The Banshees『Hong Kong Garden』。

メキシコ

The Coasters『Down in Mexico』。
※クエンティン・タランティーノ監督の映画『Death Proof』に使用された楽曲。

ほか、チリはJimi Hendrixの『Voodoo Chile』だったりも。どこにどんな曲が隠れているのか探し始めたら、時間があっという間に過ぎていく…。

ここで紹介した、英・デザイナーDOROTHYの世界地図『World Song Map - Classic Edition』は、webサイトで高画質な地図を購入することも可能。

詳しい情報については上記のテキストリンクを、拡大画像が見たい人は下記の画像リンクをタップしてね。

82316065457724c06a6119da7c345a31cd18bcb3
Licensed material used with permission by DOROTHY
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
旅と食べ物をこよなく愛するふたり組のアーティスト、Caitlin LevinとHenry Hargraves。彼らが作り上げた世界地図は、その国の特産品や...
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
むつかしい本も、読めるようになった今だから。
一般的にロックスターは、若くして亡くなってしまう。しかし、彼らは音楽と共にいつまでもファンの胸の中で生き続ける。曲を聞けばステージでノリまくっている姿が目...
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...
世界中にペンパルが欲しいーー。そんな考えを実現してしまったのが、イギリスのToby Littleくん。書いた手紙は890通、そのうち返信は378通(201...
SNSを介して知人と近況をシェアすることが当たり前のこの時代。またしても、注目度大のアプリが登場しました。この「WHERE」があれば、ちょっとしたお出かけ...
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...
すべての音楽をジャンルに当てはめることは難しいでしょう。けれど、少なくとも1371個は存在しているようです。このwebサイトをちょっと見てみて!ジャンル名...
SQUEEZE MUSICは、再生中の音楽が放つムードをリアルタイムに分析して、曲の構成や展開によって味がブレンドされるといったユニークなプロダクト。曲の...
日本は、言わずと知れたストレスで溢れる国。Zipjetが公表したストレスの低い都市ランキングでは大阪が66位で東京は72位だった。気になるTOP20は?こ...
2020年東京五輪を控え、インバウンドに力を入れる日本のキャッチフレーズは「Endless Discovery」。尽きることのない感動に出会える国であるこ...
テイラー・スウィフト、ケイティ・ペリー、ジャスティン・ビーバー、バックストリート・ボーイズ、ボン・ジョヴィ…。誰もが一度はその楽曲を聞いたことのある有名ア...
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
シティマップ「Urban Prints」は、無駄な情報を一切省き道路だけで表現したシティマップです。主張しすぎないデザインだからこそ、部屋の用途を限定せず...
ゴールドやシルバーのリングやネックレス。パッと見は何の変哲もないアクセサリーですが、実はこれらは世界の都市をモチーフにしたもの。たとえば、パリのリング。で...
薬より効くのでしょうか?ぜひ試してみたいところ。プロデュースしたのは、頭痛薬の製造で知られるブラジルの会社「Dorflex」。鎮痛効果があると言われている...
夜のオフィス街で輝く明かりを見つけると、きれいだなと思うと同時に、「こんな時間まで頑張ってる人がいるんだ…」と、そこで働く人のことをあれこれ想像してしまい...
シリア・スーダン・ソマリア・リビア・イエメン・イラン出身の6人のミュージシャンたちによる楽曲が、7月6日にSpotifyにて配信。彼らが歌ったのは、曲を作...
ザ・ビートルズといえば、世代を越えた伝説的バンド。そんな彼らがこれまでに生み出してきた楽曲から、71曲を抜粋してたった5分間にまとめて演奏してしまったドラ...