裸族必見!「ヌーディスト」のための世界地図

突然だが......すべてを脱ぎ去って解放されたいヌーディストに朗報だ(笑)

イギリスのスイムウエアブランド「Pour Moi」がこのたび公開したのは、なんと世界の“ヌーディービーチ事情”をまとめたワールドマップ

世界各国でのヌーディービーチに対する捉え方を、法律文化をもとに3色でわかりやすく表したスグレモノ。

水着のブランドなのに、水着を脱ぐことを促すなんてかなりユニークに感じるが、それだけイギリスではビーチとヌードは切り離せない存在のようだ。

© Mimi Barbour/Twitter

一見してわかるのは、やはり欧米圏の人々にはかなり親しまれているということ。一方で、厳格な宗教の多い東へ行くほど“赤”が多くなっているのも納得......と、ここで気になるのは、日本が“緑”表記であるということ

「日本でヌーディービーチ?」と頭にハテナが浮かぶのも当然。

ここでヌーディービーチという扱いになっているのは、なんと各地の“温泉”。いやいやいや......(笑)。

このようにかなりの変わり種もあるものの、日光浴や裸の開放感を求めて旅先を決めるために、簡単に適切な情報がわかるこのマップはおもしろいし便利

間違って裸になって、ビーチで警察のお世話に......なんてことがないように、脱ぎたい気持ちの強い人は、旅行に行く前にかならずチェックしよう。

国内旅行以外はね(笑)。

Top image: © nito/Shutterstock.com
TABI LABO この世界は、もっと広いはずだ。