世界各国の観光スローガン。もっとも多用されているワードは○○だった。

2020年東京五輪を控え、インバウンドに力を入れる日本のキャッチフレーズは「Endless Discovery」。尽きることのない感動に出会える国であることを世界へアピールしています。

でも、そういえば他の国はどうなんでしょう?そんな疑問に答えるコンテンツがこちら。世界地図にそれぞれの国の観光スローガンがぎっしり。

あなたのお気に入りを
探してみては?

さすがにこれでは何を書いているかわかりません。

そこで、まずは東アジア・東南アジアへズームイン!

【東アジア・東南アジア】

そもそも日本の「Endless discovery」を知っている人がどれだけいたでしょうか。

おとなり韓国は「Imagine your Korea」、中国は「China Like Never Before」だそう。インドは「India」の頭文字を「!」にする遊び心も。

【ヨーロッパ】

「Travel in Slovakia - Good idea」。個人的にはスロバキアのこの潔さが好きです。あとは、スロベニアの「I feel sLOVEnia」もかわいいですね。

【南米】

アルゼンチンの「Beats to your rhythm」は、なんとなくテンションが高まりそう。

それでは、北米やアフリカ、その他あなたが気になる国をチェックしたいなら、こちらからどうぞ。ちなみに、もっとも多用されているワードは「Beautiful」で6ヵ国だとか!

Licensed material used with permission by Family Break Finder
他の記事を見る
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
「STRATX」が紹介している有名企業のブランドロゴとスローガンを見てみよう。スローガンはブランドの原点を表しているとも言える。これまで抱いていたイメージ...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
「Surftrip Map」には、世界1000ヵ所以上のサーフスポットが記されていて、波の質や水温、ピーク時期、サメの有無など各スポットの特長が一目でわか...
エッフェル塔や自由の女神、マチュピチュなどの世界的に有名な観光地は、よくInstagramに投稿されています。だけど、「それって同じものばかりじゃない?」...
ニュージーランド政府観光局は、全ての世界地図にニュージーランドを掲載することを推進するキャンペーン「#getNZonthemap」の第2弾となる動画を公開...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
先日、ローマ市が市内観光に関わる新しい発表を行いました。市民の健康的な生活や観光客の安全、記念碑、建築遺産などを守るためのもので、様々な行為に対する制約と...
先日、イタリア北西部のチンクエ・テッレではサンダルを履いてハイキングをすることが禁止となりました。
ポルトガル・リスボンにある4ツ星ホテル「Inspira Santa Marta Hotel」。ここはサステイナブルな観光をする上で世界的に有名。2018年...
旅と食べ物をこよなく愛するふたり組のアーティスト、Caitlin LevinとHenry Hargraves。彼らが作り上げた世界地図は、その国の特産品や...
メートルやフィート、グラムやポンド。世界にはさまざまな「単位」がありますが、なかには聞いただけではイメージできない、呪文のようなものもあるのです。ここでは...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
イギリス人のOliver Curtisさんは、これまで世界中の観光地を訪れては、カメラを構える観光客を尻目に、名所旧跡にあえて背を向けシャッターを切り続け...
丹後鉄道が運行する観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」は、丹後の風土を感じることのできる車両、丹後の歴史や特産を目と舌で味わえる...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...