世界各国の観光スローガン。もっとも多用されているワードは○○だった。

2020年東京五輪を控え、インバウンドに力を入れる日本のキャッチフレーズは「Endless Discovery」。尽きることのない感動に出会える国であることを世界へアピールしています。

でも、そういえば他の国はどうなんでしょう?そんな疑問に答えるコンテンツがこちら。世界地図にそれぞれの国の観光スローガンがぎっしり。

あなたのお気に入りを
探してみては?

7365eb3e1e403f16793444054235d67dba1577f4

さすがにこれでは何を書いているかわかりません。

そこで、まずは東アジア・東南アジアへズームイン!

【東アジア・東南アジア】

Bd0c4e53f7e5749ad4bda52a6573e99aac571cae

そもそも日本の「Endless discovery」を知っている人がどれだけいたでしょうか。

おとなり韓国は「Imagine your Korea」、中国は「China Like Never Before」だそう。インドは「India」の頭文字を「!」にする遊び心も。

【ヨーロッパ】

Cd6f42e011a2288cf7a4a07a3193cab78c127837

「Travel in Slovakia - Good idea」。個人的にはスロバキアのこの潔さが好きです。あとは、スロベニアの「I feel sLOVEnia」もかわいいですね。

【南米】

1d41c42fb77b2a0644f6eb4e2b754280b394a67b

アルゼンチンの「Beats to your rhythm」は、なんとなくテンションが高まりそう。

それでは、北米やアフリカ、その他あなたが気になる国をチェックしたいなら、こちらからどうぞ。ちなみに、もっとも多用されているワードは「Beautiful」で6ヵ国だとか!

Licensed material used with permission by Family Break Finder
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
「STRATX」が紹介している有名企業のブランドロゴとスローガンを見てみよう。スローガンはブランドの原点を表しているとも言える。これまで抱いていたイメージ...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
エッフェル塔や自由の女神、マチュピチュなどの世界的に有名な観光地は、よくInstagramに投稿されています。だけど、「それって同じものばかりじゃない?」...
旅と食べ物をこよなく愛するふたり組のアーティスト、Caitlin LevinとHenry Hargraves。彼らが作り上げた世界地図は、その国の特産品や...
イギリス人のOliver Curtisさんは、これまで世界中の観光地を訪れては、カメラを構える観光客を尻目に、名所旧跡にあえて背を向けシャッターを切り続け...
メートルやフィート、グラムやポンド。世界にはさまざまな「単位」がありますが、なかには聞いただけではイメージできない、呪文のようなものもあるのです。ここでは...
丹後鉄道が運行する観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」は、丹後の風土を感じることのできる車両、丹後の歴史や特産を目と舌で味わえる...
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
数年前にスロベニアを訪れたときのこと。持参したガイドブックに「四国とほぼ同面積」という記載を見つけ、非常に驚いた記憶がある。要因は、私たちが見慣れた「世界...
世界のさまざまな言語には、日本語と同じように「比喩」が存在しています。それぞれの国で独自の表現をするため、よその国の人が聞くと「ナニソレ?」となるのは当然...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
2015年9月1日、広島県が「世界初」の手法で地域PRを始めました。何が初めてって、その“視点”。にゃんと、ヒトではなく、ネコの目線で街の魅力が紹介されて...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
「トレサレーヌ」「アラウトゥン」「ハナゲ」…測れそうもないことを推し量ろうとする事で、科学も文化も発達してきた。本書では、近代化とともに使われなくなった、...
国が違えば文化も違う。世界を旅してみると、文化の違いで「なぜ?」と思うような不思議な出来事がたくさん起こる。そんな各国の「なぜ?」が集約された『僕が旅で見...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
夜のオフィス街で輝く明かりを見つけると、きれいだなと思うと同時に、「こんな時間まで頑張ってる人がいるんだ…」と、そこで働く人のことをあれこれ想像してしまい...
これは、ビッグデータを使用した芸術表現を得意とするErick Fischer氏が製作した、「世界主要都市の観光マップ」だ。氏は、Twitter投稿された画...