世界各国の「比喩表現」をイラストにしてみた

世界のさまざまな言語には、日本語と同じように「比喩」が存在しています。それぞれの国で独自の表現をするため、よその国の人が聞くと「ナニソレ?」となるのは当然のこと。では、各国の比喩を英語に置き換えてみたら…。

こんなトライをイラストレーターPaul Blowがユーモラスな絵を添えて紹介しています。たとえば…私たちのよく知る、あの比喩からスタートしていきましょう。

01.
ほっぺたが落ちそう!

言わずもがなですが…
美味しいものを食べたときのたとえ)

02.
キュウリみたいに冷たい

イギリス
落ち着いてリラックスすることのたとえ)

03.
ニワトリに歯

フランス
そんなの絶対アリエナイ!ことのたとえ)

04.
ラクダを飲み込む

ノルウェー
我を折る。人の意見に従うことのたとえ)

05.
誰かにクマを背負わせる

ドイツ
誰かを困惑・混乱させることのたとえ)

06.
ラマダン明けは玉ねぎから

アラブ諸国
断食明けは、思っているよりも食べられないことのたとえ)

07.
歯に髪の毛がついてる

オランダ
出しゃばりな人のたとえ)

08.
波乗りは
小エビのサンドイッチで

スウェーデン
お気楽人生を送っていることのたとえ)

09.
すべてのドーナツに
穴が空いているワケじゃない

イタリア
物ごとはいつも思い通りに行くとは限らないことのたとえ)

10.
ホットドッグの最後にレーズン

アイスランド
結末に大どんでん返しのたとえ)

11.
ランチの後のマスタード

ポーランド
後の祭り。コトが起こった後でなんだかんだ言っても遅すぎることのたとえ)

各国の表現を一旦英語におこし、それをさらに日本語へと変換するものだから、ややこしさが倍増してしまったかも?ちなみに、お気に入りは「ラクダを飲み込む」かな。我を折るってことの苦々しさが、ビジュアルからも伝わってくるようで。

Licensed material used with permission by Paul Blow
一見、単純に見える世界も、人の心も、可能性も、別の何処かへと続く奥行きみたいなものがあって、一筋縄ではいきません。イタリア人アーティストAndrea Uc...
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
世界で使用されている言語は、およそ7,000。しかし、いま数少ない人が限られた地域で用いている「小さなことば」が、次々に消えてしまっています。本書は、世界...
世界には、愛を現す言葉がたくさんあります。ここでは、イヌイット語からアラビア語まで、各地域で使われている恋愛にまつわる独特の言葉をご紹介。他の言語ではなか...
「たった数名にプレゼントする」とWindowsの公式Twitterアカウントが発表し、昨年末にデザインされたセーターの紹介です。
みなさんはバスケットボールは好きですか?ロンドンの私が育った地域では、バスケはまったく人気がありませんでした。イギリスではサッカーやラグビー、陸上やボクシ...
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
世界で使用されている言語は、およそ7,000。しかし、いま数少ない人が限られた地域で用いている「小さなことば」が、次々に消えてしまっています。本書は、世界...
「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
メートルやフィート、グラムやポンド。世界にはさまざまな「単位」がありますが、なかには聞いただけではイメージできない、呪文のようなものもあるのです。ここでは...
アーティストのフェデリコ・バビーナさんが公開した「Archiatric」という新しいプロジェクト。これは、心配性やうつ症状などの心の病気を、それぞれ異なっ...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
自由気ままな猫の行動って、ワンちゃんとはまた違った癒やしパワーを感じるものです。Little ThingsのPhil Mutz氏は、そんな猫の行動に現れて...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
数年前にスロベニアを訪れたときのこと。持参したガイドブックに「四国とほぼ同面積」という記載を見つけ、非常に驚いた記憶がある。要因は、私たちが見慣れた「世界...
「トレサレーヌ」「アラウトゥン」「ハナゲ」…測れそうもないことを推し量ろうとする事で、科学も文化も発達してきた。本書では、近代化とともに使われなくなった、...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
メールが来なかったり、遠距離で気持ちが分からなかったり。彼氏からの愛情表現が足りないと思う機会が増えた、と悩んでいる女子も多いのでは。大好きな彼氏からの愛...
サザンクイーンズランド大学の准教授Warren Midgley氏が、オーストラリアの子供達が学ぶべき言語を話者数、ビジネス、旅行、貿易などの面から考察。実...