世界有数の「観光名所」なのに、違った角度から撮影したとたん・・・ここどこ?

イギリス人のOliver Curtisさんは、これまで世界中の観光地を訪れては、カメラを構える観光客を尻目に、名所旧跡にあえて背を向けシャッターを切り続けてきた、異色のカメラマン。こんなことを2012年から実に4年もかけて取り組む彼のプロジェクト「Volt-face」、意訳すれば“方向転換”といったことろか。

どこか的外れなシロウトっぽい(あえてこう書きますが)写真の本当の狙いはどこに?

あの観光地のリアルな表情
どこだか分かる?

観光地で撮影されていたとしても、これらは観光写真か?もちろん答えはNO。言うなれば彼の作品は「観察写真」。4年前、ギザのピラミッドを訪れたOliverさんは、三角錐のランドマークに向かってカメラを構える人々を避けようとピラミッドを背にした瞬間、なぜだかこれまで目に入ってこなかった観光名所の“隠れた側面”に目が止まったそう。

世界中の誰もが知るあの有名な景色を前に、多くの人が見落としている裏側の世界に光を当てたプロジェクト、ということらしい。もしかしたらこれらは、人々を魅了する観光地の素の表情……なんて言いうには、ちょっと大げさすぎる?

何はともあれ、Oliverさんの世界観をせっかくなのでクイズ形式で紹介していこう。きっと一度は訪れた(ないしは目にした)ことがある、あの観光地のはずなのに、いったいここは何処?写真に写りこむ情報を元に推理を楽しんで。後半はもはや、想像するほかない。

01.

Photo by Oliver Curtis

02.

Photo by Oliver Curtis

03.

Photo by Oliver Curtis

04.

Photo by Oliver Curtis

05.

Photo by Oliver Curtis

06.

Photo by Oliver Curtis

07.

Photo by Oliver Curtis

08.

Photo by Oliver Curtis

09.

Photo by Oliver Curtis

10.

Photo by Oliver Curtis

11.

Photo by Oliver Curtis

12.

Photo by Oliver Curtis

13.

Photo by Oliver Curtis

14.

Photo by Oliver Curtis

15.

Photo by Oliver Curtis

16.

Photo by Oliver Curtis

17.

Photo by Oliver Curtis

では、答え合わせといきましょう!

【01】

コルコバードのキリスト像(リオデジャネイロ)

【02】

バッキンガム宮殿(ロンドン)

【03】

毛主席記念堂(北京)

【04】

Photo by Kiev.Victor / Shutterstock.com

「モナ・リザ」と同じ部屋に展示された「カナの婚礼」ルーヴル美術館(パリ)

【05】

自由の女神像(ニューヨーク)

【06】

タージ・マハル(アーグラ)

【07】

レーニン廟(モスクワ)

【08】

サン・ピエトロ大聖堂(バチカン)

【09】

コロッセオ(ローマ)

【10】

嘆きの壁(エルサレム)

【11】

.国会議事堂(ベルリン)

【12】

万里の長城(慕田峪長城)

【13】

リンカーン記念堂(ワシントンD.C)

【14】

アウシュヴィッツ=ヴィルケナウ強制収容所(オシフィエンチム)

【15】

ストーンヘンジ(ソールズベリー)

【16】

ホワイトハウス(ワシントンD.C)

【17】

太陽のピラミッド(テオティワカン)

ちなみに、プロジェクト「Volt-face」は、2016年9月19日よりロンドン王立地理学会での展示が決定している。

Top Photo by Oliver Curtis
Licensed material used with permission by Oliver Curtis
ラクガキと合わさることで、よく知られるあのモニュメントが二次元へ早変わり。世界中のあらゆる観光名所がマンガの一部になったみたいです。デフォルメされたその姿...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
湖南省の張家界武陵源。その代表的な観光名所「天門山」に、入り口から続く999段(およそ300m)の階段があります。まさしく、心臓破りの坂ならぬ「階段」。こ...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
旅先の「食」を中心にソウルのナイトライフを並べてみた。
ここに紹介する観光マップは、ある視点をもって集めた都市ガイド。旅の目的は人それぞれだけど、どこか既視感を抱いてしまう名所旧跡に足を運ぶよりも、僕にはこっち...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
先日、ローマ市が市内観光に関わる新しい発表を行いました。市民の健康的な生活や観光客の安全、記念碑、建築遺産などを守るためのもので、様々な行為に対する制約と...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
エッフェル塔や自由の女神、マチュピチュなどの世界的に有名な観光地は、よくInstagramに投稿されています。だけど、「それって同じものばかりじゃない?」...
愛知県犬山市は、そびえ立つ古城が名所の中心である一方、近年はその周りにおしゃれなお店など多様な価値観が出現した。すると面白いことに、歴史コンテンツがまた改...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、グエル公園…。思わず見上げてしまう観光名所ひしめくバルセロナで、あえて目線を足元に落としてみたら、そこにしかない特別なア...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
「次のバケーションには、どこに行こうかな…」なんて考えている、旅行好きのみなさん。次は「フレンドリーさ」で選んでみるのはいかがでしょうか?もちろん観光名所...
誰もが足を運ぶ観光名所が数多ひしめくパリ。ガイドブックに載っているお馴染みの風景に出会えることは、間違いなくこの街を訪れる醍醐味だ。でも実は、どこを歩いた...
ロシアの写真好きが集まって結成された非営利団体「AirPano」は、ヘリコプターや飛行機、時には気球などに乗り、空中から高画質写真を撮影しています。世界中...
丹後鉄道が運行する観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」は、丹後の風土を感じることのできる車両、丹後の歴史や特産を目と舌で味わえる...
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...