世界有数の「観光名所」なのに、違った角度から撮影したとたん・・・ここどこ?

イギリス人のOliver Curtisさんは、これまで世界中の観光地を訪れては、カメラを構える観光客を尻目に、名所旧跡にあえて背を向けシャッターを切り続けてきた、異色のカメラマン。こんなことを2012年から実に4年もかけて取り組む彼のプロジェクト「Volt-face」、意訳すれば“方向転換”といったことろか。

どこか的外れなシロウトっぽい(あえてこう書きますが)写真の本当の狙いはどこに?

あの観光地のリアルな表情
どこだか分かる?

観光地で撮影されていたとしても、これらは観光写真か?もちろん答えはNO。言うなれば彼の作品は「観察写真」。4年前、ギザのピラミッドを訪れたOliverさんは、三角錐のランドマークに向かってカメラを構える人々を避けようとピラミッドを背にした瞬間、なぜだかこれまで目に入ってこなかった観光名所の“隠れた側面”に目が止まったそう。

世界中の誰もが知るあの有名な景色を前に、多くの人が見落としている裏側の世界に光を当てたプロジェクト、ということらしい。もしかしたらこれらは、人々を魅了する観光地の素の表情……なんて言いうには、ちょっと大げさすぎる?

何はともあれ、Oliverさんの世界観をせっかくなのでクイズ形式で紹介していこう。きっと一度は訪れた(ないしは目にした)ことがある、あの観光地のはずなのに、いったいここは何処?写真に写りこむ情報を元に推理を楽しんで。後半はもはや、想像するほかない。

01.

E5807006003e08fbc6cb01a1468adecf764e100c
Photo by Oliver Curtis

02.

E58bb74bceb164deb1fde6512fde089bbb87d452
Photo by Oliver Curtis

03.

5fac8d6d94370f90cd4bc26ba727f2d22efbe280
Photo by Oliver Curtis

04.

48dee68de26293ceedc2190fc76ad06551c54600
Photo by Oliver Curtis

05.

489dc377de266b8f80ccea1cfc86820ccfc75708
Photo by Oliver Curtis

06.

34371f7efd5239032ba2809aae86d0b872f9160c
Photo by Oliver Curtis

07.

Bd90386393c29671b840657200294f5df85c459b
Photo by Oliver Curtis

08.

61826a43ff5f39709bab549cabb981ac063b80d1
Photo by Oliver Curtis

09.

Af856c7ebab27ab1ab06be431360769af4ce9d04
Photo by Oliver Curtis

10.

12917bf38ea1a19c01deec3622336a9986959e68
Photo by Oliver Curtis

11.

243e48afb9e1e9adb0eeab4ed241a4f94d7c25d7
Photo by Oliver Curtis

12.

4c7ee0c5f5a1a8dcfd729c80ee04aac540b266a4
Photo by Oliver Curtis

13.

165719d89096a50d129bfa4d19748abf086b8bdc
Photo by Oliver Curtis

14.

783b162f30e1044355936a503df5a9d8ff09a8e5
Photo by Oliver Curtis

15.

550975aa2ad06e2cda3ce653e5f44823fd766d8a
Photo by Oliver Curtis

16.

B14c1d941dfb66c95ad910bc2e23769e64c01bcd
Photo by Oliver Curtis

17.

9fe5a03184a5ceca42c19e62246e8dc2a29587c8
Photo by Oliver Curtis

では、答え合わせといきましょう!

【01】

Ff69601de56b58998657ee8b414925d689baee7e

コルコバードのキリスト像(リオデジャネイロ)

【02】

96f81401dc76ea569a0818dc5973efc94f594489

バッキンガム宮殿(ロンドン)

【03】

F30f49b21c3b8cee28797533bbd9f9421b99975e

毛主席記念堂(北京)

【04】

9bec1ec122de9e64d339eb66f41e6488323dcb00
Photo by Kiev.Victor / Shutterstock.com

「モナ・リザ」と同じ部屋に展示された「カナの婚礼」ルーヴル美術館(パリ)

【05】

18381251508dd8e775fc26c166e82940ab87fbdd

自由の女神像(ニューヨーク)

【06】

9ac6fd1f051851af35a5d4247f039c1b64cca695

タージ・マハル(アーグラ)

【07】

E0ae06d2ddfdf53be66e9698e60a574df4829432

レーニン廟(モスクワ)

【08】

197229dba843325c74f7e469facaa89b83712886

サン・ピエトロ大聖堂(バチカン)

【09】

F9efec34c6902f63dc3bbaf1544409ef4ed75ef7

コロッセオ(ローマ)

【10】

09999322db9b03f1bbcd24db9a9f1ddd92e87494

嘆きの壁(エルサレム)

【11】

21878b5b1fcb0fbdacd5f43c3ab0e238085e3b19

.国会議事堂(ベルリン)

【12】

F9d193119ae50af5fb6efb874c4a061a553105a9

万里の長城(慕田峪長城)

【13】

2be7e89a5edb4d4cf768cdcfc4b2aff240cd5e77

リンカーン記念堂(ワシントンD.C)

【14】

0554b9a93d5d703aa06d5e3bdb046bf167e8a897

アウシュヴィッツ=ヴィルケナウ強制収容所(オシフィエンチム)

【15】

4d10616c241d07003210151f599eeff3a7a0f88a

ストーンヘンジ(ソールズベリー)

【16】

91d9d201a18d36c7d1408ae18c9b8b7991401770

ホワイトハウス(ワシントンD.C)

【17】

Cb12a74e1578dd2fb6d40e28191d8d6038da059f

太陽のピラミッド(テオティワカン)

ちなみに、プロジェクト「Volt-face」は、2016年9月19日よりロンドン王立地理学会での展示が決定している。

Top Photo by Oliver Curtis
Licensed material used with permission by Oliver Curtis
ラクガキと合わさることで、よく知られるあのモニュメントが二次元へ早変わり。世界中のあらゆる観光名所がマンガの一部になったみたいです。デフォルメされたその姿...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
湖南省の張家界武陵源。その代表的な観光名所「天門山」に、入り口から続く999段(およそ300m)の階段があります。まさしく、心臓破りの坂ならぬ「階段」。こ...
ここに紹介する観光マップは、ある視点をもって集めた都市ガイド。旅の目的は人それぞれだけど、どこか既視感を抱いてしまう名所旧跡に足を運ぶよりも、僕にはこっち...
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、グエル公園…。思わず見上げてしまう観光名所ひしめくバルセロナで、あえて目線を足元に落としてみたら、そこにしかない特別なア...
誰もが足を運ぶ観光名所が数多ひしめくパリ。ガイドブックに載っているお馴染みの風景に出会えることは、間違いなくこの街を訪れる醍醐味だ。でも実は、どこを歩いた...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
「次のバケーションには、どこに行こうかな…」なんて考えている、旅行好きのみなさん。次は「フレンドリーさ」で選んでみるのはいかがでしょうか?もちろん観光名所...
これは、ビッグデータを使用した芸術表現を得意とするErick Fischer氏が製作した、「世界主要都市の観光マップ」だ。氏は、Twitter投稿された画...
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...
丹後鉄道が運行する観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」は、丹後の風土を感じることのできる車両、丹後の歴史や特産を目と舌で味わえる...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
ロシアの写真好きが集まって結成された非営利団体「AirPano」は、ヘリコプターや飛行機、時には気球などに乗り、空中から高画質写真を撮影しています。世界中...
オアフ島の「あの名所」がついに取り壊し、撤去されました。ガイドブックにも載らない場所なのに、なぜか観光客があとを絶たない理由。それは、超スリリングな立ち入...
アジアとヨーロッパ、ふたつの大陸にまたがる都市・イスタンブール。かつて、ローマ帝国、ビザンチン帝国、オスマン帝国と三代続いた大帝国の首都として、数多くの遺...
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
今までに20ヵ国を旅したイラストレーターのJaquelineの旅行の仕方は、まず目で見て感じて思いっきり満喫すること。それから、ノートに“感じた色”をのせ...
毎年、お盆のシーズンの定番になりつつある「ペルセウス座流星群」。世界各地でも美しい流れ星に魅了される人々は多いようです。 オランダの写真家Albert D...