最恐のイギリス。フツ〜の観光では満足できない人へ。

ストーンヘンジ、コッツウォルズ、アビーロード、ロンドン市内だけでなく他にもイギリスへ行くなら絶対に外せない場所はたくさんある。が、これらの観光名所へ行くだけじゃ面白くないと感じる人にだけオススメしたい、“本当のイギリス”を知れるツアーがある。

各地で行われる「恐怖のツアー」

今イギリスでは、城、宿泊所、村など、あまり人気にはならないスポットをまわるツアーがある。オーガナイザーは「Haunted Happenings」。彼らは、マンスフィールドやウォリックなど、イギリス国内の各地で、恐怖のイベントを繰り広げている集団。

中でも、最近注目されている刑務所ツアーをご紹介。

囚人は罪人から社会不適合者まで
17世紀に建てられた刑務所

「Shepton Mallet Prison」は、サマセット州にある刑務所。約4世紀前に建てられ、2013年に閉ざされるまではイギリス国内で稼働していた刑務所の中で、一番古い歴史があった場所。

その昔、泥棒などの罪人はもちろん、社会不適合者までもが長いあいだ収容されていた時期がある。もちろん、死刑執行もこの場所で。

ここでのツアーはどのようなものなのだろう。詳細を覗いてみると、ゴーストハントを行うための道具なるものが配られ、今は亡き“ゲスト”のために夜通しツアーが行われるということ。

ツアー実施時間は、夜の9時開始で夜中の3時まで。刑務所に漂う不穏な空気が、夜の闇でよりいっそう不気味さを増すだろう。

他にも、刑務所内の廊下や囚人が過ごしていた独房をまわるというもの。これ以上は野暮になるから書けないけれど、本当の恐怖を味わいたいのなら、実際に足を運んで確かめてみるのが一番だろう。

入ったは良いけれど出てこられなくなった、ということにはならないように…。

Licensed material used with permission by Haunted Happenings

関連する記事

海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
今はまだ行けないけれど、また海外旅行へ気軽に行けるようになったら、いつかは泊まりたい「世界の憧れホテル」をまとめてみました。ホテルを軸に、旅する国や旅行プ...
新しい形の無人店舗が、コロナ禍であらためて注目されている。東京の「無人店舗」をピックアップ!
今春、海外旅行向けヘアケアブランド「GLOBAL TRAVEL」が新たに誕生。「世界のどこでも、美しい髪へ」をテーマに、旅行中の髪の悩みに寄り添った商品を...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
アラブ首長国連邦(UAE)の新たな観光スポット「Qasr Al Watan」。大統領官邸でもあるこの場所は、3月から観光客に開放されています。ツアーも組ま...
実はすぐそこまで来ている、宇宙旅行に行ける未来。現状、いつから行けるのか、いくらで行けるかについて解説していきます。
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。一つ目は、日本のふりかけの元祖と言われている、熊本の「御飯の友」。ラクチン...
スリランカといえば動物の「象」というのは、海外でも広く有名。現地では多くの象が、観光客を魅了していますが、動物の象だけが観光客を迎えているわけではありませ...
2020年3月、オーストラリアのグループ旅行専門の旅行会社「Intrepid Travel」から「Z世代向けのファミリーサイクリングツアー」がリリースされ...
Googleマップが「翻訳機能」を11月中に実装することを発表。地名や住所が翻訳されるだけでなく、現地の言葉でテキストを読み上げてくれる機能も。海外旅行が...
先日、ローマ市が市内観光に関わる新しい発表を行いました。市民の健康的な生活や観光客の安全、記念碑、建築遺産などを守るためのもので、様々な行為に対する制約と...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
期間内なら、申し込み金が約100円。そんなキャンペーンを行なっているのは、オーストラリアの旅行代理店「Intrepid Travel」。出発予定日が12月...
裕福なイギリスの家族が、自分たちの専用フォトグラファーを募集中。仕事内容は、旅行に付き添いひたすら彼らの「思い出写真」を撮るというもの!旅費はすべて負担さ...
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
イギリス人のOliver Curtisさんは、これまで世界中の観光地を訪れては、カメラを構える観光客を尻目に、名所旧跡にあえて背を向けシャッターを切り続け...
「ニュージーランド政府観光局」がキャンペーン動画を通して「インスタ映えの旅はもう止めよう」とメッセージを発信中。
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
2019年夏、全世界の旅行業界に向けて“挑戦状”をたたきつけようとしているアメリカのツアー会社があります。なんでも、参加者にツアーを楽しみながらゼロ・ウェ...
今月、「シンガポール政府観光局」は家庭でシンガポールを楽しめる「オンラインキャンペーン」をスタート。第1弾は「食」、第2弾は「アート」、第3弾は「ショッピ...
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...