低コストなのに超楽しい!海外旅行を計画するなら、まずはこの「10カ国」をチェック

ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿泊費も安く、低コストで異文化と触れることができる「マストチェックな10カ国」を、「Elite Daily」でClay Winowieckiさんがまとめてくれています。

今年の旅行先は、この10カ国から絞り出してみては?

01.
ボリビア

032ac2fa3cedc0340339a4b4fb52d7bfef1f0ca8

観光スポットがたくさんあって、すべてが低価格で楽しめちゃう南米のボリビア。宿泊費、食費、交通費、飲み代込みで20ドル以下(約2,300円)で満喫できる、ローコストな旅行にはぴったりな国です。

02.
タイ

8e49d218c664c1a3090576902f52116211cda474

ここ数年、旅行会社が力を入れている旅行先といえばタイ。そのため、手頃な価格でプランが立てられるのも嬉しいところ。

宿泊は、コストが抑えられるホステルに泊まってみては?「ドミトリーはちょっと…」という人は、シャワー付の個室に30ドル(約3,500円)ほどで宿泊できます。ただ、ホステルを選んだ場合、30ドルもあれば丸1日快適に過ごせちゃうので、悩ましいところ。

03.
ギリシャ

B96e5758a3eaa8d6f309617daaa235f48f18e98c

経済危機もあり、「少しでも国にお金を」と観光業に力を入れているギリシャ。街で見かけるありとあらゆるものが意外と低コストなのです。しかし、そんな経済状況を忘れてしまうほど美しい建築物や海岸があり、ギリシャが魅力的であるのは変わりません。

低コストでヨーロッパ旅行をしたいのであれば、まずギリシャを選びましょう。

04.
スペイン

596449025845b4149b7ed0aa533099e39808511d

経済面ではギリシャと同じ状況下にあるとも言える、スペイン。できるだけ観光業で稼ぎたい、というのが国の本音ではないでしょうか。でも観光客側から見たら、スペイン旅行は大人気。おいしい食べ物、深みのある歴史、立派な建築物、そしてピコス・デ・エウロパなどの大自然まで。

スペインは、旅行の醍醐味がすべて備わった魅力溢れる国なのです。

05.
コスタリカ

666cafb5832bdd64d4992a31918c7dcc6274e67b

アメリカから行くなら、とても安いコスタリカ。その価格はなんと、数百ドルから可能なのだそう。物価も安く、トロピカルな絶景も満喫できるため、アメリカ旅行のついでにでもいかが?

06.
ベトナム

4f4a2b95bde6796a44a09b75270ab19e0f1baf42

ベトナムで1日過ごすために必要な費用は、20ドル(約2,300円)くらい。ひょっとしたら、それでも多いくらいかもしれません。近年は観光客が増えていることもあり、物価が上がると思いきや、観光業が栄える前と変わらない安さをキープしています。しばらくはこの低価格が維持されると思っていいかもしれませんね。

07.
ルーマニア

3c6cf6f72921f12b960602a288df2e12ece719a9

東ヨーロッパも低価格で旅できるスポットのひとつ。ホステルであれば、1泊10ドル(約1,200円)以下のところがたくさんあります。食費は、ビールを飲んでもなんと数百円ほどから。そして、ストリートフードがおいしいのも特徴的です。

最近は物価が上がりつつあるルーマニアですが、探せばまだまだ手頃な価格で旅行が計画できますよ。

08.
スリランカ

62f0eca996ce08980e626bb79c8dfba840969958

インド洋の北に浮かぶ小さな国、スリランカ。とくにここ数年注目されている外せない観光名物といえば、植物園とお寺、そしてお茶。今回選んだ旅行先のなかでは比較的お金がかさむ国ですが、それでも1日60ドル(約7,000円)あれば足りるでしょう。

09.
ネパール

B70f0573314b4fc5be68146728bb9c703042351d

ネパールは、バックパッカーにとっては最高の国。おいしい料理に、魅力的な歴史。田舎の風景の中でゆったりとした時間を過ごせます。1日の予算は、20〜25ドル(2,300円〜3,000円)くらい用意しておけば安心です。

10.
アルゼンチン

A72c0c91b6cca8f374b2b51d13fadea7d52f1f59

のんびりと羽を伸ばすのも、ナイトライフを楽しむことも可能なアルゼンチン。とくに首都のブエノスアイレスは夜はもちろん、自然好きにはたまらないイグアスの滝へのハイキングも行けたりと、多方面で満喫できる街。

宿泊費、交通費、そして食費も低コストで抑えられるので、思いっきり遊べること間違いなし。

Licensed material used with permission by Elite Daily
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
旅行に行きたい、と言いながら早半年…。ずるずると予定を先延ばしにしたくないなら、旅行上手な友だちに頼ってしまいましょう。「Elite Daily」のKri...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
脳みそフル回転!あっちはどうだろう。待てよ、こっちもいいぞ。ちょっと予算が厳しいかも。ガチガチの予定を追いかけるのも息が詰まるな。大まかな場所だけ決めて現...
宿を選ぶときに、これだけは絶対にチェックしておくべき!というポイントをまとめました。カウチサーフィンも、Airbnbも大好きだけど、一緒に説明するとややこ...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
国際宇宙会議にて、SpaceX社は地球上の主要都市を、約30分で結ぶ計画を発表した。可能にするのは、ロケット型宇宙船「BFR」。火星移住計画様に開発された...
海外旅行に行くために航空券を検索→「安い!」と思ったら燃油サーチャージが含まれていないらしい→結局高いこのサイクル、旅行好きなら一度は経験したことあります...
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
子どもの頃なりたかった仕事や、見事な職人技を見て「やってみたい!」と思ったり、ある職業に就きたいと本気で思っているけれど、どうしたらいいかわからないーー。...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...