サンフランシスコの「世界一の観光地」が有料化を検討中

あの、“世界一”と呼ばれる坂道に通行料が必要になるかもしれません。

「ロンバード・ストリート」は、急な勾配と曲がりくねった坂道がマニアックなサンフランシスコを代表する観光地。休暇シーズンにもなると、日に数千人の観光客が訪れています。

とはいえ、周囲は市民が生活する住宅街。交通渋滞をはじめ深夜、早朝の通行人の増加など、住民の生活にネガティブな影響を与えていることが問題視されています。

そこで、サンフランシスコ市議会は車で通る場合に通行料を課すことを検討中。インターネットで事前予約制、平日5ドル、休日10ドルを徴収する案が浮上しているそうです。

実際に有料化されるのは2020年以降。眺めもよければ、約180メートル間に8つもカーブがあって……という物珍しさが魅力的ではありますが、お金を払ってまで行くかどうかは意見が分かれそうですね。階段を歩いて上れば十分な気が……なんて思ったりもします。

Top image: © Maks Ershov/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
物価の高いサンフランシスコで、駆け出しのフリーランサーには垂涎のコワーキングスペースが誕生しました。その名も「WePark」。
サンフランシスコの観光スポットでオススメしたい「Musée Mécanique」。年代モノのアンティークゲームマシンが200機以上も並ぶミュージアム。コイ...
Tacroは、サンフランシスコのベイエリア「Ferry Building Marketplace」にあるカフェ「Vive la Tarte」で販売。これ、...
タイは、外国人観光客に対し「観光保険」加入の義務化を検討中。実施が決まれば、30日間の滞在で20バーツ(約0.65ドル)を空港で徴収する方針だ。
アラブ首長国連邦(UAE)の新たな観光スポット「Qasr Al Watan」。大統領官邸でもあるこの場所は、3月から観光客に開放されています。ツアーも組ま...
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...
奇妙な形に刈り込まれた植木の数々。
8月20日からアメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港で、ペットボトルに入った飲料水の販売が禁止された。販売禁止に先駆けて、空港内には約100...
サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地AT&Tパークで食べるべきグルメです。
衣装や武器などが飾られるだけでなく、最先端テクノロジーを使用したインタラクティブな体験もできるとのこと。
2018年7月までにサンフランシスコが薬物注射施設をオープンすると、「San Francisco Chronicle」が報道しました。そこには、ハーム・リ...
11月30日、秋葉原に寿司ブリトー専門店「beeat sushi burrito Tokyo」がオープンしました。
サンフランシスコでは、今年5月に可決された、実店舗やレストランで完全キャッシュレス支払い禁止を要求する条例が、小売店などで有効になっている。違反をした場合...
サンフランシスコ市議会は、市内で電子タバコの販売を禁止する条例を可決。市長も署名する意向を示しており、成立すればアメリカの主要都市では初めての試みとなる。
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
サンフランシスコ ダンジョン」という、地元の暗黒歴史をテーマにしたホラー観光名所で、あの刑務所を再現した宿泊施設が限定オープンするのだ。看守や囚人による余...
先日、イタリア北西部のチンクエ・テッレではサンダルを履いてハイキングをすることが禁止となりました。
旅行は楽しみですが、空港での待ち時間って長くてストレスがたまりますよね。とくに年末年始は混み合っていて、それだけでも疲れてしまいます。でも、米・サンフラン...
先日、ローマ市が市内観光に関わる新しい発表を行いました。市民の健康的な生活や観光客の安全、記念碑、建築遺産などを守るためのもので、様々な行為に対する制約と...
サンフランシスコ市は、市内にある全ての飲食店で「プラスチック製ストロー」の提供を禁じる。プラごみの海洋流出をはじめとした環境問題対策として、すでに7月1日...