サンフランシスコの「世界一の観光地」が有料化を検討中

あの、“世界一”と呼ばれる坂道に通行料が必要になるかもしれません。

「ロンバード・ストリート」は、急な勾配と曲がりくねった坂道がマニアックなサンフランシスコを代表する観光地。休暇シーズンにもなると、日に数千人の観光客が訪れています。

とはいえ、周囲は市民が生活する住宅街。交通渋滞をはじめ深夜、早朝の通行人の増加など、住民の生活にネガティブな影響を与えていることが問題視されています。

そこで、サンフランシスコ市議会は車で通る場合に通行料を課すことを検討中。インターネットで事前予約制、平日5ドル、休日10ドルを徴収する案が浮上しているそうです。

実際に有料化されるのは2020年以降。眺めもよければ、約180メートル間に8つもカーブがあって……という物珍しさが魅力的ではありますが、お金を払ってまで行くかどうかは意見が分かれそうですね。階段を歩いて上れば十分な気が……なんて思ったりもします。

Top image: © Maks Ershov/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

物価の高いサンフランシスコで、駆け出しのフリーランサーには垂涎のコワーキングスペースが誕生しました。その名も「WePark」。
サンフランシスコの観光スポットでオススメしたい「Musée Mécanique」。年代モノのアンティークゲームマシンが200機以上も並ぶミュージアム。コイ...
Tacroは、サンフランシスコのベイエリア「Ferry Building Marketplace」にあるカフェ「Vive la Tarte」で販売。これ、...
持続可能な観光業について取り上げるカンファレンス「Global Green Destinations Days(GGDD)」が10月6日〜8日に開催。今年...
バイクギアメーカー「KUSHITANI」とサステイナブルブランド「SEAL」がコラボした廃タイヤチューブをアップサイクルしたバッグギア2製品が発売。
「ニュージーランド政府観光局」がキャンペーン動画を通して「インスタ映えの旅はもう止めよう」とメッセージを発信中。
アラブ首長国連邦(UAE)の新たな観光スポット「Qasr Al Watan」。大統領官邸でもあるこの場所は、3月から観光客に開放されています。ツアーも組ま...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...