秩父に行ったら「メープル」を味わおう!川下りはそのあとだ。

世界のメープルシロップの約80%を生産しているカナダ。スーパーには、2Lくらいのボトルで普通に売られていたりする。パンケーキはもちろんのこと、彼らはステーキにも、サラダにも、まるで万能調味料のように使っているのだ。初めは目を疑ってしまったけれど、食べてみるとこれが本当に美味しい。

でも。

帰国してから日本での使用頻度が気になって、周りに「家にメープルある?」と聞いてみても、「あ〜、多分あるかな…」という曖昧な答えが多数。なるほど、結構な影の薄さだ。

秩父は世界有数の
「楓」の宝庫

8c94492768fc279b2f580a990a86cca315be59d7

けれども、カナダメープルの輸出先世界第3位には、日本がランクインしている。こんなに輸入しているって、割と好きですよね。

じゃあ、国内生産ってどのくらいなんだろう?気になって調べてみると、ヒットしたキーワードが「秩父」。

全く予想していなかったけれど、約30種類ある楓のほとんどが自生している場所だったのだ。なんたる盲点。山の川沿いに育ちやすいという特徴や、気候がこの土地とマッチしているのだとか。

そんな地の利を生かして昨年オープンしたのが、「MAPLE BASE」だ。

7325b9639f2f6d84b72291fe20077ccabd622b8e

「秩父のメープルブランドの拠点」というコンセプトのもと、日本で初めてつくられたシュガーハウス(カナダでメープルシロップをつくる小屋のこと)。ディレクターである井原愛子さんは、現地で製造方法や原料について学んだあと、製造するための機械を日本に取り寄せてこの場所をつくったのだと言う。

F37ba6859e4f0fd56c74f389a8de31c69593d635

この蒸発機を使って樹液を煮詰めることで、天然の「秩父メープル」が出来るのだそう。

89520b8ab2bdc7c67b424a48d72b2b68ba50e6ae

地主さんやNPOと連携して、スギやヒノキの「伐(き)る林業」と、メープルをつくるの樹液の「伐らない林業」のバランスをとって、森の状態を保つことを目指している。

もともと地元を離れて他の仕事をしていた井原さんは、地元に帰ってきてから「秩父の自然を循環させるような施設をつくりたいという思いはあったものの、人材がいなくて実現できていなかった」ということを知り、仕事を辞めてまで、このシュガーハウスをつくることに決めたと語る。

一番近くにあった
「新しい味」をめしあがれ

5db0c911a3262df67dc9abb68194ec83975c3229E5d5de6700252ad177ea743c859a5f68eb54f5ed

カナダのものとは違って、秩父メープルは黒糖のような、濃厚だけれどすっきりとした甘さが特徴なのだそう。

製造所と併設しているカフェで、出来立ての味を堪能してしまったらもう、後戻りはできない。この夏は川下りや温泉旅行よりも、新たな出会いを体験しに秩父へ行こうじゃないか。

F35492c5a7c17f10a34a6a08c9acdf3c00ffabb8

1番人気の、オリジナルパンケーキ3枚 700円(税込)

Fab29d5812be3fa67c5227d98a7724310e934582

メープルサイダー 300円(税込) 

Licensed material used with permission by TAP&SAP
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。
オススメの雲海スポットがある。それが、埼玉県の秩父「美の山公園」の展望台だ。最寄り駅は、西武秩父駅。都内からなら、特急で1時間半。駅からは車で30分ほど。...
仁淀川は、四万十川、吉野川と並ぶ四国三大河川の一つ。なんと、全国1級河川の水質ランキングで、3年連続第1位を獲得中。
フィンランドの作家・トーベ・ヤンソンが描いた漫画、小説などのキャラクター、「ムーミン」。主人公のムーミン・トロールを中心に、ちびのミイやスナフキン、ニョロ...
埼玉県、飯能。東京都心からでも1時間ちょっとで行ける癒しのスポットに、新しいブルワリーができました。店の名前は「CARVAAN」。カールヴァーンと読むこの...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
神秘的な空間にそびえ立つ巨大な柱。まるで、ギリシャのパルテノン神殿を彷彿とさせます。「国土交通省 首都圏外郭放水路」は、世界最大級の地下放水路として知られ...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
海外で花火を見ながらカウントダウンをして新年を祝うのは、日本とは一味違った経験ができるはず。いつか見に行きたいという人も、一生見に行かないだろうという人も...
どうやら、週末に離島へ行けるツアーがあるようだ。東京近郊、離島、ツアーなどのいくつかの条件で調べてみた結果、僕がたどり着いたのは「プラネタリウムアイランド...
アメリカで人気を博しているボクササイズが日本にも上陸しました。ここで紹介するのは、そのトレーニングを自宅でできるようにしてくれるパンチングマシーン。見た目...
豊かな自然と温暖な気候が魅力の淡路島。ご存知の通り、甘くて柔らかい「玉ねぎ」が有名な、瀬戸内海最大の島です。実はいま、そんな特産品を使った「淡路島カレー」...
小林豊/Yutaka Kobayashi海外で大ブームとなっている日本食。現在その厨房に立ち、世界に挑んでいる料理人がいる。言葉が通じなくてもどんな人でも...
鹿児島県にある神話の里の敷地内にある「道の駅 霧島」を紹介します。ご当地グルメを味わう、お土産を買うといった「道の駅」の魅力はもちろん、標高690mの立地...
10月にカナダ・トロントで行われたアート展。とある道路の通行を規制し、約10,000冊の本で埋め尽くしたのは、スペインのLuzinterruptusという...
さりげないデザイン。惹かれるパッケージ。手にとりやすいコンパクトな瓶。詰められているのは、新潟県の離島「佐渡島」の特産品だ。東京23区の1.5倍という広大...
「暑いときこそ、熱いものとか辛いものを食べればいい」って言われても、正直そう簡単に覚悟できるものではないですよね。汗をかくことでスッキリするのは分かってい...
「死ぬまでに行きたい絶景」として名をはせている、ボリビアのウユニ塩湖。実際に行くのはなかなかに難易度が高いので、今週末は、日本のウユニ塩湖に行ってみません...
旅と食べ物をこよなく愛するふたり組のアーティスト、Caitlin LevinとHenry Hargraves。彼らが作り上げた世界地図は、その国の特産品や...
「富士山」と「お茶」をガッチャンコして『FUJICHAN』。このネーミングに、思わず頬がゆるんでしまいました。一方、デザインはといえば、よくある冠雪を表現...