アナタもきっと欲しくなる「外国人に必ず喜ばれる日本のお土産」①

外国の知人や友人へのお土産を「なんとなく、日本っぽいかも」なんて基準で選んではいませんか? 心から友情や愛情の深さを伝えたいなら、まずはあなた自身が「欲しい」と思うものを──。

全国のモノづくりの産地を巡り、日本ならでのセンスとクオリティと“想い”に溢れたオリジナルアイテムを生み出すギフトショップ「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐裕太さんに「外国の方に必ず喜んでもらえて、さらに自分でも欲しくなる日本のお土産」をリコメンドしてもらいます。

使いやすくて用途も広い
蕎麦猪口「NANAROKU」

© 2019 KIRI JAPAN DESIGN STORE

日本では昔から“手に収まりのいいサイズ”として親しまれてきた直径・二寸五分の器。

二寸五分とは、現代の寸法にすると約76mmとなり、ここで紹介する蕎麦猪口(そばちょこ)シリーズ「NANAROKU」のネーミングの由来にもなっています。

「古くから湯呑みや徳利(とっくり)の胴径に好んで用いられてきたサイズなのですが、現在でもビール瓶やワインボトルも76mm径で作られているものが多く、二寸五分というサイズは、人間工学的な見地からみても、誰もが使いやすいと感じるサイズといえるのではないでしょうか。このシリーズは、1mm単位の精度で加工が可能な日本の高い技術力を用いて、漆器や磁器、陶器といった日本の豊かな伝統素材を使って仕上げた商品になっています」

© 2019 KIRI JAPAN DESIGN STORE

蕎麦猪口「NANAROKU」は、手にしたときのフィット感と使い勝手のよさだけでなく、用途の広さもおすすめのポイント。

「日本の独自の食文化や生活様式、美意識などから誕生した蕎麦猪口ですが、買っていかれた海外のお客様は、コーヒーやお茶を飲むときに使ったり、スープ用のカップとして使用していることもあるようです」

©2019 KIRI JAPAN DESIGN STORE

日本各地の様々な素材と技法で作られる「NANAROKU」シリーズは、同じ形だからこそ、それぞれの素材がもつ特徴や素晴らしさを再確認することができます。

「北海道から九州まで、名だたる産地へ出向いて交渉を重ね、現在は5カ所の工房で製作していただいています。厳選した6素材、18種類のアイテムは、見た目はもちろん、価格もバラバラです。贈られる人のニーズや贈る人の好みに合わせて選んでもらえればと思います」

日本で受け継がれている工芸の技と物語が詰まった「NANAROKU」。

会うたびにひとつずつプレゼントして全種類をコンプリート……なんて贈り方もシャレていると思いませんか?

片桐裕太/「KIRI JAPAN DESIGN STORE」ディレクター

1983年、北海道生まれ。大学卒業後に上京し、セレクトショップ「TOMORROWLAND(トゥモローランド)」に勤務。2010年、羽田空港の国際線の運航開始と同時に『Design Japan Culture』をオープンさせ、2016年、『KIRI JAPAN DESIGN STORE』としてリニューアル後はディレクターとして企画とバイイングを担当。1カ月の半分は日本全国の職人のもとを訪れて買い付けをおこない、店頭では職人から直接聞いた製品への想いやこだわりをお客様に伝えている。
https://kiri-japan.com/

Top image: © 2019 KIRI JAPAN DESIGN STORE
外国人に喜ばれ、贈るアナタも欲しくなる「日本のお土産」を羽田空港に店舗を構える「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐氏が厳...
外国人に喜ばれ、贈るアナタも欲しくなる「日本のお土産」を羽田空港に店舗を構える「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐氏が厳...
外国人に喜ばれ、贈るアナタも欲しくなる「日本のお土産」を羽田空港に店舗を構える「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐氏が厳...
外国人に喜ばれ、贈るアナタも欲しくなる「日本のお土産」を羽田空港に店舗を構える「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐氏が厳...
「SUTENAI(ステナイ)シリコンストロー」は、BPAフリー、ノンプラスティックのシリコーン製ストロー。
「富士山」と「お茶」をガッチャンコして『FUJICHAN』。このネーミングに、思わず頬がゆるんでしまいました。一方、デザインはといえば、よくある冠雪を表現...
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
銀座の老舗漬物店がつくる茹でたまごのお漬物。
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
日本未進出だった世界第4位のスマホブランド「Xiaomi」が開発した、A3サイズまで折りたためるコンパクトなeバイク「Himo H1」について。
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
ヘルシンキで「日本でも流行るリコリス」を見つけました。
日本でも名高い伝統工芸の「絞り染め」が、海外でファッションやインテリアに取り入れられているんだとか。オーストラリア、シドニーの絞り染め専門店はDIYキット...
光るライトセーバーがあしらわれたコーラが登場。シンガポールのみの限定発売で、8000本というこの貴重なボトルを購入できるのは、公式InstagramとFa...
「ニュージーランド航空」は、乗客がフライト中に実践できる「エクササイズ」を考案。12月1日より、国際線の機内エンターテインメント画面にて、ストレス緩和につ...
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
アメリカで住みたい街No.1に選ばれて以来、多くの人を魅了してきたポートランド。DIYにスローライフなど彼ら独自のライフスタイルの中から生まれた文化は数多...
中国・広州に劇場を建設予定とのことで、ロンドンに本拠を置くSteven Chilton Architects(SCA)が「Puzzle Ball Thea...