外国人観光客がお土産にしたくなる「エコラップ」

「くり返し洗って使える」という枕詞から連想するのは、いまの時代マスクかもしれない。でも、サステナビリティという観点で考えれば……そうそう、エコラップです。

布にミツロウや植物性のオイル、天然樹脂を染み込ませた環境にやさしい食品保存用ラップ。代表例がミツロウラップだ。

さてこのミツロウラップ。多くは海外製品なのだけど、ここに紹介するのはジャパンメイドの一品。それも、日本伝統の藍染草木染めを施したモノ。

©Makuake

兵庫県西播磨で古くからおこなわれてきた藍染を未来にのこしたいと、「播州山崎藍染織 工房まさき」が藍染や草木染めのエコラップづくりをスタートさせた。

藍染、草木染めともすべてケミカルフリーの自然材料を用い、ミツロウ、ホホバオイル、松やにを染み込ませた染め生地は、コットンに麻生地を加えることで、染色の乗りをよくしている。

表情のある「絞り」の加減がいいですよね。

海外モノが悪いわけじゃない。でも、柄や色味がどこかトゥーマッチにも感じていた。きっと同じ思いを抱いている人もすくなくないはず。

サイズはSMLの3展開。藍染・草木染、それぞれセット内容も変わるので、気になる人は以下のURLよりどうぞ。地球のため、環境のため、と肩肘張らなくても、まずは自分のできるところから。

 

©Makuake
©Makuake

藍染・草木染めエコラップ

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/fukutsubo-ecowrap/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

耐久性・耐熱性にすぐれた高品質シリコン製の「The Wrap」。従来のエコラップでは実現できなかった−40℃〜235℃という驚異的なレンジでの使用が可能。
環境先進国として知られるニュージーランドで生まれたエコバッグ「Zerobag2.0」が日本上陸。ペットボトルを100%素材に用いており、購入代金の一部を海...
ポルトガル・リスボンにある4ツ星ホテル「Inspira Santa Marta Hotel」。ここはサステイナブルな観光をする上で世界的に有名。2018年...
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
「本当に使いやすい保冷バッグとは?」を考えて開発された「U-seful(ユセフル)」。驚きの保冷性能、使い勝手をよくしてくれる工夫などの魅力が満載。現在「...
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
エコバッグって畳んで仕舞うの面倒くさい!そんな問題を解決してくれる画期的なエコバッグを紹介。
「Firsthand」は「チームラボ」がデザインした、お米の流通過程で使用される米袋をアップサイクルしたエコバッグ「teamLab Folding Ric...
「東急ハンズ」から雨傘の端材を活用した「東急ハンズオリジナル エコバッグ」が登場。全国の東急ハンズ、ネットストアで販売中だ。
「ローソン」は、デザインオフィス「nendo」が手掛けるコンビニで便利なエコバッグを、関東・甲信越地区の「ローソン」と「ナチュラルローソン」にて販売中。
ポーランドの木製アクセサリー製品ブランド「Oakywood」より、木製のよさをとことん活かしたスタイリッシュなApple製品充電ガジェット「3 in 1 ...
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
ミツロウラップのデビューにおすすめしたい「APIARY MADE」。まずは1年。主張しすぎないデザインもGOODです。
スリランカといえば動物の「象」というのは、海外でも広く有名。現地では多くの象が、観光客を魅了していますが、動物の象だけが観光客を迎えているわけではありませ...
オーストラリアでもっとも古い大学である、シドニー大学。ここに今、中国人観光客が殺到しています。
6月16日から駅ビル・エキナカの一部店舗で、店舗ごとに設定された一定金額以上の購入者を対象にエコバッグを配布すると「JR東日本」が発表。その数50万個。「...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
JETMINMINの「MARKET-L」は、「スーパーで買い物」がラクになるエコバッグ。
シリーズ累計販売数4万枚を記録した「0.」の最新エコバッグ「Foldyroll bag」が日本上陸。応援購入サービス「Makuake」にて先行販売中だ。
IKEAの「ÖVERMÄTT オーヴェルメット」はシリコン製のフードカバー。洗って繰り返し使える。
「レジ袋の代わりに使えるバッグ・使いたくなるバッグ」をエコバッグと定義して、18種類紹介!
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
台湾のデザイナーMikey WuさんとFang Shihさんが、タピオカ専用エコカップ「Float」を製作しました。
セブンプレミアム ライフスタイルの「シュパット コンパクトバッグ」。コンビニレジ袋の代わりとして、これ以上のものはない。
「MOTTERU」のマルシェバッグは、“スーパー使い”のエコバッグの決定版です。
応援購入の売り上げの一部が、ウミガメ保護活動団体に寄付されるエコバッグ「TURTLE」。手のひらサイズのベイビーウミガメが、アッと言う間に40cmx40c...
「Timberland(ティンバーランド)」から、ブランド初となるサステイナブルなエコスニーカー「マドバリー」が新登場。
「富士山」と「お茶」をガッチャンコして『FUJICHAN』。このネーミングに、思わず頬がゆるんでしまいました。一方、デザインはといえば、よくある冠雪を表現...
ライフスタイルブランド「COLONY 2139」が、覆面アーティスト「BANKSY」のアートフォトを手掛ける英国「Full Color Black」社によ...