レンチン、食洗機はもちろんオーブン調理もOK!「次世代のエコラップ」

繰り返し洗って使え、環境にも家計にもやさしい食品用のエコラップ

広く知られるところでは、ミツロウラップやシリコンラップがあるが、コイツはまさに未来のラップと言う他ない。

「The Wrap」日本上陸。

©Makuake
©Makuake

たしかにミツロウラップは、繰り返し使える。シリコンラップのなかには、レンチンや食洗機対応のモデルもある。が、これらは覆う包む持ち運ぶ、そうした“保存”に焦点があてられたもの。(ラップなのだから当然といえば当然だけど……)

かたや「The Wrap」は、食品ラップにありながら、保存だけに留まらず、「調理」のためのツールとしても活躍してくれる。

電子レンジはもちろん、湯せん蒸し料理、さらにはオーブン調理の補助具としても使えるというんだから。(もちろん、食洗機もOK)

耐久性耐熱性にすぐれた高品質シリコン製の「The Wrap」。従来のエコラップでは実現できなかった−40℃〜235℃という驚異的なレンジでの使用が可能。だから、オーブンの熱にも十分対応が効くというわけ。もちろん、冷凍保存だっておまかせ。

これを未来のラップと言わずしてなんと呼ぶ?

応援購入サービス「Makuake」でのプロジェクトは、すでに目標額600%アチーブ。一般販売予定価格2280円のところ、早割なら20%、25%で購入可能だ。

©Makuake
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
兵庫県西播磨の伝統工芸「藍染、草木染め」を施したジャパンメイドのエコラップが登場。
ミツロウラップのデビューにおすすめしたい「APIARY MADE」。まずは1年。主張しすぎないデザインもGOODです。
これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!
IKEAの「ÖVERMÄTT オーヴェルメット」はシリコン製のフードカバー。洗って繰り返し使える。
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
コンパクトさと3秒でサッと開く&たためるスマートさが特徴のオランダ発カード型スマートエコバッグ「EVERLESS」に注目が集まっている。
「Firsthand」は「チームラボ」がデザインした、お米の流通過程で使用される米袋をアップサイクルしたエコバッグ「teamLab Folding Ric...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
料理をする人にとっては、毎日欠かせない食品用ラップ。でも一回使ってポイってするのはちょっともったいない…そう思う人も少なくないのでは?オーストラリアでは、...
エコバッグって畳んで仕舞うの面倒くさい!そんな問題を解決してくれる画期的なエコバッグを紹介。
環境先進国として知られるニュージーランドで生まれたエコバッグ「Zerobag2.0」が日本上陸。ペットボトルを100%素材に用いており、購入代金の一部を海...
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
ポルトガル・リスボンにある4ツ星ホテル「Inspira Santa Marta Hotel」。ここはサステイナブルな観光をする上で世界的に有名。2018年...
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
今年3月28日から日本で公開予定となっている映画『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』は、環境に優しいと表記された食品生産の真実に迫る“ダークツーリズム”作品。
ロサンゼルス発「エッグスラット」は、ポテトと生卵を使った、今年セレブが最も注目した朝食。パンケーキ、エッグベネディクトに次ぐ、“第三の朝めし”として日本で...
6月16日から駅ビル・エキナカの一部店舗で、店舗ごとに設定された一定金額以上の購入者を対象にエコバッグを配布すると「JR東日本」が発表。その数50万個。「...
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
シリーズ累計販売数4万枚を記録した「0.」の最新エコバッグ「Foldyroll bag」が日本上陸。応援購入サービス「Makuake」にて先行販売中だ。