レンチンでOK!十条「Beer++」のポテサラは匂いがたまらん!

巷にどんどん増える小さなビール醸造所。ウマいビールを造る場に飲み屋を併設した「ブルーパブ」もあって、きっと“つまみ”だってウマい!

そんな安易な発想で、自宅でも誰にだって真似できそうな“ブルーパブごはん”を作ってみた。

試してみたのは十条「Beer++(ビアプラスプラス) 」【ブルーチーズポテサラ】

これで作れちゃう!

©2019 NEW STANDARD

手順はこんなもんでいい!

じゃがいもの皮をむいてカット。水にさらしておく。

 

② 水をきって、ラップしてレンジへ。一度600wで6分チンしたら、いったんかき混ぜて、もう1度600wで6分チン!

 

③ 熱いうちに軽く塩・コショウして、ゴムベラで少しだけつぶす。

 

④ 冷めてきたところでブルーチーズマヨを足して混ぜる(ここでブイヨンとか若干あると、より旨味がだせる)。

 

⑤ で、砕いたくるみを混ぜたりするとGood!

混ぜるだけで料理のステージがあがる!

©2019 NEW STANDARD

最後に追加したくるみがポイント。もっさりするだけになりそうなポテサラも、口に入れたときの食感が生まれてスナック感も。砕くっていうより刻んだくらいだけど、サイズはバラバラで適当でもいいくらい。そのほうがアクセントになる。
くるみの有無で、この料理のステージがワンランク違ってくるなら使っておきたい材料でしょ。変にしょっぱくないアーモンドとかピーナツでも代用できる。クラッカーとかと食べるのも“食感まし”のテクニックです。

ビール好きの“つまみ”が簡単でウマい!
ビール醸造所とパブがあわさった「ブルーパブ」のごはんは、きっとビールと相性抜群なはず!そんな“ブルーパブごはん”を自分で再現。今回は「鶏のロースト マーマ...
ビール醸造所とパブがあわさった「ブルーパブ」のごはんは、きっとビールと相性抜群なはず!その料理を自宅で再現してみました。今回は「キャロットタルタル」。
昨今増えてるビール醸造所とパブがあわさった「ブルーパブ」。きっと、ビールを造るほど愛がある飲み屋だから、ビールと相性抜群な食い物を提供しているはず!そんな...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
創業は1837年。世界約50ヵ国で愛されているノルウェー発の北欧シェアNo.1ブランド「Jordan」の人気商品 「GREEN CLEAN」が日本に初上陸。
ビール醸造所とパブがあわさった「ブルーパブ」のごはんは、きっとビールと相性抜群なはず!そんな“ブルーパブごはん”を自分で再現。今回は「燻製スパムのゴーヤチ...
クラフトビールの定期配送サービス「ふたりのみ」は、新型コロナウイルスショックにより苦境に立たされているブルワリーを応援・支援するキャンペーンを実施。
ホテルやホステルを、ただ泊まるためだけの場所としてではなく、人を繋ぐコミュニティの中心として考えること自体は、決して新しくはない。そういった新しいコミュニ...
アメリカ・カリフォルニア州アナハイムのディズニーランドの敷地内に、新しくブルワリーがオープンするようです。
北海道・札幌の北18条駅付近で朝ごはんを済ませようとカフェ「CITY OASIS」に入ったら、コーヒーとお粥のセットが目に入った。いまや和食にコーヒーを合...
暑くても、ウイルスや感染症の予防にマスクが欠かせない今、さわやかな着け心地と蒸れや不快感を感じない冷感マスクが登場。洗濯も可能で何度も使用できる。
ヨーグルトドレッシングがかかった赤玉ねぎとビーツは、太陽の光が当たると宝石のようにキラキラ光るから、公園でのピクニックにぴったり。
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す、「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。東京を出てから7日目で、静岡市に到着した。ここでも...
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
その名も「Mosoco Mos killer lamp」。蚊が集まる周波数を発するLEDの紫外線ランプだ。
ロサンゼルス発「エッグスラット」は、ポテトと生卵を使った、今年セレブが最も注目した朝食。パンケーキ、エッグベネディクトに次ぐ、“第三の朝めし”として日本で...
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅(前回の記事はこちら)。スタート地点となる「日本橋」は...
街の本屋さんが次々と灯りを消していくなかで、個性を出しながら本好きの心を奪う店が増えてきている。北海道・札幌の北18条にある古本屋「BOOK LAB.」も...
新型コロナウイルスと戦う医療従事者たちへの支援として、ロンドンの大手ブルワリー「CAMDENTOWN BREWERY」がオリジナルビールを「ヒーローのため...
今回はブルックリン・ブルワリーの世界初のフラッグシップ店「B」。2月1日にオープンした話題のオシャレスポット「K5」の地下でクラフトビールを飲んできたで!...