なんで最近、瓶でなく「缶入り」のクラフトビールが増えているんだろう

最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビール大国アメリカでも、売り場にはビンより缶がズラリと並ぶ状況だとか。

誤解を恐れずに言えば、なんとなくなくビン入りのほうが、小規模でローカルで、コミュニティに紐付いている感じを与えなくもない(流通を度外視すれば)。ですが、缶が選ばれている理由は他にちゃんとある。

この記事は、ミネソタ州でウイスキー醸造所を経営しながら、ブログを綴るEmily Vikre(fiveandspice)氏が、友人のクラフトビールメーカーに取材したリアルな声です。

クラフトビールは缶に詰める
わずか2年でシェアが5倍に

Photo by Emily Vikre

私の自宅近くの酒屋には、「ビール・セラー」があります。これはクラフトビールのセレクションを貯蔵するための冷蔵ルーム。

ここ数年のうちに、ビールをめぐる保管、陳列方法に大きな変化が起こっています。こはく色のビンの壁や棚が、カラフルなアルミニウムの缶に置き換えられているのですから。もしかしたら、あなたもそれに気づいているのでは。

実際、缶入りクラフトビールの数は、2012年から約二倍に増加しました。加えて、米ブルーワーズ・アソシエーション(以下BA)によると、缶に入ったクラフトビールの割合は、2011年の時点で約2%、それが2014年には10%以上にまで跳ね上がっているのです。

数にしたらわずかかもしれない。ビンだって今なお9割近いシェアがある訳ですから。それでも、なぜ缶へのシフトが起きているのか。私は、ミネソタでクラフトビール会社「Bent Paddle」を経営する友人たちが、3年前の創業以来、缶で販売していることに着目。彼らに直接、聞いてみることに。

 

ビンより缶が選ばれる理由4つ

答えはじつにシンプル。Bent Paddleも、前述のBAも、そして缶を最初にクラフトビールに使用したOskar Blueすらも、すべて同じ結論に至っていた(もちろん共謀なんてありません)。結局のところクラフトビール会社は、自分たちのすぐれた製品を提供するのに、ビンよりも缶の特質に魅了されているからです。

では、その特質を見ていきましょう。

ビールの品質を左右する
光と空気をバッチリ遮断

ビールの品質は光や空気との接触などを含む、いくつかの条件から影響を受けるもの。ビンに比べ、缶はより機密性が高く、すべての光を遮断してくれます。

大半のクラフトビールは低温殺菌がされていないため、この点は特に重要。劣化のリスクを減らし、ビールの状態を安定させるには、缶に詰めることに一日の長があるということ。

リサイクル(ほぼ)100%
60日以内に売り場に戻ることも

もちろんガラスもリサイクルされますが、現在アメリカにおいてアルミ缶の再利用性はよりいっそう高いものに。じつのところ、ほぼ100%がリサイクル可能なのです。

製造業に携わる人々の多くが、環境への負担を考慮するのが21世紀型の二次産業。再利用性の高い保存容器は当然ながら世のニーズと言えるもの。そして、一説によるとリサイクル処理されたビール缶はまた、60日以内にできたてのビールを詰めて、売場へと戻ってくるのだとか

さらに、ビンよりも軽量で、効率的に運搬できることも思うと、環境にも醸造所の収益にもいい影響を及ぼすことが挙げられます。

クラフトブームに合わせ
アルミ缶の製造技術も進歩

昨今のクラフトビール業界では、缶そのものの製造技術でイノベーションが起こっています。これが小規模のビール会社であっても、缶入りの採用を可能にしている要因。

現在主流のアルミ缶には、わずかな味でもビールに付着するのを防ぐ、ライニング(被膜加工)が施されています。この加工コストが数年前より格段に抑えられるようになったため、中小規模のビール会社でも採用がしやすくなった、というのが本音のようです。

アウトドアでビールを楽しむ
ポータブルな選択肢

Bent Paddleの私の友人たちは、ハイキングやカヌー、ゴルフ、ビーチ、とみな遊びの天才。自分たちの「遊びの場」にお気に入りのビールを持っていきたい。それが、開発の想いのなかにはあるようです。

そうなると、どうしてもビンは理想的な相棒とは言えません。アウトドア・アクティビティにビールを持参したいと思えば、“缶に詰める”はよりポータブルな選択肢ということでしょう。

「クラフトはビンより缶」
を植え付けた大衆ビール

ところで、私の主観ですが昨今の缶ビール人気についてこうも思うのです。2008年前後に突如としてブームとなったPBR (パブスト・ブルー・リボン)が流れを変えた、と。

それは BudweiserやCoorsのような大手メーカーではなく、主流から外れた大衆的でレトロなビールでした。これが缶で販売されていたのです。唇に感じる、クールでメタリックな感触は、大学時代や1980年代を、私だけでなく多くの人に彷彿させました。

2002年から缶入りで販売しているOskar Bluesは、クラフトビールのテイストと、PBR風の外見とを融合させた見事なコンビネーション。ですが、このブランドが急成長し始めたのですら2009年頃からなんですから。

Licensed material used with permission by Food52
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
忠孝新生駅(台北市内)近くの『Plain Stationery Homeware & Cafe』。生粋の文具マニアであるタイガー・シェンの有名文具店ではク...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
日本でもすっかり定着したクラフトビール。ブルワリーレストランがオープンしたら足を運んだりするだけでなく、酒屋やコンビニで珍しい銘柄が顔を見せると思わず手に...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
職人さんが丁寧に造った、贅沢なクラフトビール。本来の旨味を引き出してくれる、美味しいおつまみと一緒に味わうとさらに最高です。絶対に行きたい!都内の美味しい...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
1日の仕事が終わって、待ちに待った家での晩酌。家で飲むビールって最高の息抜きです。とはいえ、缶からグラスへとただただ注いでいませんか?そう、缶ビールのおい...