クリエイターがつくる「ポテサラ」

ポテサラと聞いてイメージする色は、白ですよね。茹でたじゃがいもにキュウリやニンジン、ハム、タマゴなんかの色味が混ざっても、基本はやっぱり白。

では、クリエイターのつくるポテサラはどんな色?

アーティストやミュージシャン、作家など、日々クリエイティブな生活を送っている人たちの住まいを訪れて、彼らにとっておきのサラダを作ってもらおうという企画「SALAD for President」。

レシピだけでなく、彼らの生活ぶりにも着目してみてください。どんな空間で、どんなものを大切に暮らしているのかを。

4826016715374592

Maya Nayak(造園家)
George Langford(音楽家)

りんご園に暮らす造園家のMayaと、バンドマンのGeorgeが主人公。

Georgeのバンド「Javelin」は、キッチンにぴったりの音楽です。料理中に気軽に聴けて、うるさくないけど元気が出る。彼らの音楽は、遊び心に満ち、それでいてスマートなんです。

友人の猫からインスピレーションを得た曲をつくってみたり、ワールドミュージックをサンプリングしたり、リサイクルショップで見つけた楽器を使ったり、カセットテープを蘇らせてみたり……。

昔は「What Cheer? Brigade」というパンクロックの行進バンドに入っていました。そういえば、料理熱が高まり、みんなに手料理を振る舞いはじめたのもちょうどこの頃だったかも。

この頃からGeorgeは地下で音楽をつくり、Mayaは造園家として働きだしました。そうしているうちにMayaの植物に対する愛は膨らみ、後にウェスタンマサチューセッツにあるりんご園へと越すことになったのです。

ヨーグルトソースが決め手
マヨに頼らない「ポテサラ」

6463128728502272

MayaとGeorgeが作ってくれたのは、ビーツとポテトのサラダ

ヨーグルトドレッシングがかかった赤玉ねぎとビーツは、太陽の光が当たると宝石のようにキラキラ光るから、公園でのピクニックにぴったり。Javelinの音楽を用意すれば、気分はさらにアガります。

クリーミーなヨーグルトと根菜ほど、お似合いなコンビはありません。だからこのドレッシングをつくるときは、無脂肪のヨーグルトに置き換えたらダメ。深みのない薄味ドレッシングになってしまいますからね。

ピクルスはクオリティの高いものを選んで、横に添えましょう。加えて、バーボンにブライン(塩水)のチェイサーを合わせた「ピクルスバック」を作れば、ブラインをエコに使えるし、バーボンの新しい飲み方が楽しめますよ。

5844920396939264597019157384396866143380182138885510145144520704463340125657497646721809189437445614883290742784493368241867980865279149547192326336657108238336

RECIPE

【1】
オーブンを200度に温めておく。その際、縁のついたクッキングシートも一緒に入れて温める。


【2】
ビーツとジャガイモを2.5cmくらいのさいの目に切る。ニンニクは4等分に切る。切った野菜には大さじ1の油を絡めて、小さじ1/2の塩と小さじ1/8のコショウで味付けする。あらかじめ温めておいたクッキングシートに野菜を重ならないように並べて、オーブンで20分焼く。10分経過したところで一度オーブンを開けて、野菜を並べ直す。


【3】
野菜を焼いている間に、玉ねぎを半月型に薄くスライスしておく。玉ねぎを小さいボウルに移し替え、お酢と小さじ1/8の塩を入れ、マリネにする。


【4】
オーブンから野菜を取り出して、数分冷ます。残りの大さじ1の油、ヨーグルト、ディル、玉ねぎのボウルに余ったお酢をお皿に入れて混ぜ合わせる。


【5】
アツアツの野菜が「温かい」くらいまで冷めたところで、ヨーグルトのドレッシングをかける。


【6】
ピクルスと赤玉ねぎを上から散らし、ディルを飾り付けて出来上がり。

〈ピクルスバックのレシピ〉

ひとりにつき、ショットグラスは2つ。ひとつにバーボンを入れ、もう片方にピクルスのブライン(塩水)を入れる。ゲストには、最初にバーボンを飲んでもらい、ブラインをチェーサーとして使ってもらいましょう。これが想像以上に美味しい!

Licensed material used with permission by Julia Sherman
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
アーティストやミュージシャン、作家など、クリエイティブな生活を送る人たちのもとを訪れて、サラダのレシピを紹介。
「水を知る旅に出よ」。そんな使命を受けて集った、東京で活躍するクリエイター5人。向かうは東京からはるか遠く離れた、九州・熊本だ。熊本・阿蘇に広がる世界有数...
サラダって、いざ作ろうと思うと意外に面倒ですよね。色どりのことも考えたら、何種類もの野菜を洗っては切り、洗っては切り…。そんな悩みを一発で解決し、たったの...
スパイスや乾燥食材をミルなどで粉砕して、サラダなどにかけて使う粉末タイプの「粉ドレッシング」を紹介します。好きなものを入れられるという自家製ならではのメリ...
夜遅くから始める家飲みパーティー。コンビニでできあいのおつまみを見つけるのも楽しみのひとつですが、コンビニ食材だけでちゃっちゃとつくる、こんなサラダはいか...
チリ人クリエイター、Sebastian Errazuriz氏が生み出した本棚「Bilbao」。コレがなんと、彼が道で拾った枝木で作られているというのだから...
『イージーライダー』『モーターサイクル・ダイアリーズ』『テルマ&ルイーズ』……。ロードムービーが描く、美しい風景と美しいストーリー、その世界観が好きな人も...
IKEAがコペンハーゲンに作ったイノベーション・ラボ「SPACE10」が、いま注目を集めています。世界中の若きクリエイターたちが集まるこのラボでは、未来の...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
夏にぴったりな爽やかなサラダがタイにあります。柑橘系のサラダの「ヤムソムオー」。「ソムオー」というタイでは大人気のボーリング玉ぐらいの大きさもある果物を使...
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
イタリア、スペイン、南仏、地中海沿岸部で親しまれているアリオリソースは、オリーブオイルでつくったマヨネーズにニンニクの風味をつけたもの。これを覚えておけば...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
ドレッシングがボウルの下に溜まったり、葉ものが元気なかったり、あの原因すべて解決しちゃいます。
 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
まるで結婚式の花束のような「ブーケサラダ」。その可愛すぎる見た目から、パーティやお祝いごとにもぴったりと、SNSでも評判なんです。しかもむずかしそうに見え...
なすを使った料理といえば、どんな食べ方が思いつくでしょう。焼きなす、揚げなす、煮物にしたり、漬物にしたり、調理法はさまざま。でも、きっとこのスタイルは意外...
クスクスをサラダでいただくフランス生まれの「タブレ」。もともとはアラブ諸国のサラダがルーツです。クスクスを使ったものがこれまでは一般的でしたが、ヘルシー志...
ビジュアルは、どこからどう見てもデコレーションケーキ。でも、その実態は…これは、見て楽しい、食べて楽しい、笑顔があふれる新しいかたちのサラダ「ベジデコサラ...