クリエイターがつくる「ポテサラ」

ポテサラと聞いてイメージする色は、白ですよね。茹でたじゃがいもにキュウリやニンジン、ハム、タマゴなんかの色味が混ざっても、基本はやっぱり白。

では、クリエイターのつくるポテサラはどんな色?

アーティストやミュージシャン、作家など、日々クリエイティブな生活を送っている人たちの住まいを訪れて、彼らにとっておきのサラダを作ってもらおうという企画「SALAD for President」。

レシピだけでなく、彼らの生活ぶりにも着目してみてください。どんな空間で、どんなものを大切に暮らしているのかを。

Maya Nayak(造園家)
George Langford(音楽家)

りんご園に暮らす造園家のMayaと、バンドマンのGeorgeが主人公。

Georgeのバンド「Javelin」は、キッチンにぴったりの音楽です。料理中に気軽に聴けて、うるさくないけど元気が出る。彼らの音楽は、遊び心に満ち、それでいてスマートなんです。

友人の猫からインスピレーションを得た曲をつくってみたり、ワールドミュージックをサンプリングしたり、リサイクルショップで見つけた楽器を使ったり、カセットテープを蘇らせてみたり……。

昔は「What Cheer? Brigade」というパンクロックの行進バンドに入っていました。そういえば、料理熱が高まり、みんなに手料理を振る舞いはじめたのもちょうどこの頃だったかも。

この頃からGeorgeは地下で音楽をつくり、Mayaは造園家として働きだしました。そうしているうちにMayaの植物に対する愛は膨らみ、後にウェスタンマサチューセッツにあるりんご園へと越すことになったのです。

ヨーグルトソースが決め手
マヨに頼らない「ポテサラ」

MayaとGeorgeが作ってくれたのは、ビーツとポテトのサラダ

ヨーグルトドレッシングがかかった赤玉ねぎとビーツは、太陽の光が当たると宝石のようにキラキラ光るから、公園でのピクニックにぴったり。Javelinの音楽を用意すれば、気分はさらにアガります。

クリーミーなヨーグルトと根菜ほど、お似合いなコンビはありません。だからこのドレッシングをつくるときは、無脂肪のヨーグルトに置き換えたらダメ。深みのない薄味ドレッシングになってしまいますからね。

ピクルスはクオリティの高いものを選んで、横に添えましょう。加えて、バーボンにブライン(塩水)のチェイサーを合わせた「ピクルスバック」を作れば、ブラインをエコに使えるし、バーボンの新しい飲み方が楽しめますよ。

RECIPE

【1】
オーブンを200度に温めておく。その際、縁のついたクッキングシートも一緒に入れて温める。


【2】
ビーツとジャガイモを2.5cmくらいのさいの目に切る。ニンニクは4等分に切る。切った野菜には大さじ1の油を絡めて、小さじ1/2の塩と小さじ1/8のコショウで味付けする。あらかじめ温めておいたクッキングシートに野菜を重ならないように並べて、オーブンで20分焼く。10分経過したところで一度オーブンを開けて、野菜を並べ直す。


【3】
野菜を焼いている間に、玉ねぎを半月型に薄くスライスしておく。玉ねぎを小さいボウルに移し替え、お酢と小さじ1/8の塩を入れ、マリネにする。


【4】
オーブンから野菜を取り出して、数分冷ます。残りの大さじ1の油、ヨーグルト、ディル、玉ねぎのボウルに余ったお酢をお皿に入れて混ぜ合わせる。


【5】
アツアツの野菜が「温かい」くらいまで冷めたところで、ヨーグルトのドレッシングをかける。


【6】
ピクルスと赤玉ねぎを上から散らし、ディルを飾り付けて出来上がり。

〈ピクルスバックのレシピ〉

ひとりにつき、ショットグラスは2つ。ひとつにバーボンを入れ、もう片方にピクルスのブライン(塩水)を入れる。ゲストには、最初にバーボンを飲んでもらい、ブラインをチェーサーとして使ってもらいましょう。これが想像以上に美味しい!

Licensed material used with permission by Julia Sherman
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
アーティストやミュージシャン、作家など、クリエイティブな生活を送る人たちのもとを訪れて、サラダのレシピを紹介。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
ポテトサラダの具を何にしようかは考えるでしょうが、「何を隠すか?」と考えたことはないはず。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
「水を知る旅に出よ」。そんな使命を受けて集った、東京で活躍するクリエイター5人。向かうは東京からはるか遠く離れた、九州・熊本だ。熊本・阿蘇に広がる世界有数...
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
ミントとパルメザンチーズをたっぷりトッピングした、グリンピースのサラダ。春っていいなぁ……としみじみ思える一品です!
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?