若きクリエイターが集まる、IKEAの「イノベーション・ラボ」って?

IKEAがコペンハーゲンに作ったイノベーション・ラボ「SPACE10」が、いま注目を集めています。世界中の若きクリエイターたちが集まるこのラボでは、未来の都市生活へ向けた実験的なコンセプトデザインが、日々誕生しているようですよ。

IKEAが手がける
イノベーション・ラボ

Space-10-(c)-Alastair-Philip-Wiper-317

ストアのディスプレイをそのまま再現したような、おしゃれ空間ですが、ここはIKEAのコンセプトストアではありません。「Space10」は、将来的に持続可能なライフスタイルを実現するため、世界中から若手クリエイターやデザイナー、技術者、学生たちが集まり、未来の生活空間をデザインしていくためのラボ。つまり、新しいインテリアデザインを創造していくための実験室といったところ。

彼らに課された使命は、都市生活の未来像をクリエイションしていくこと。互いにアイデアを持ち寄り、意見交換を交わしながらアウトプットまでのプロセスを描いていくことにあります。
さらには、研究室の講演、ワークショップ、展示会なども開催される、いわゆるサロンとしての機能も。

おなじみの家具に囲まれた
おしゃれ空間

スクリーンショット 2015-11-27 17.03.51

もともとこの建物は、ロブスター加工食品の倉庫として使用されていたんだそう。1,000平米の広大な空間は、室内を隔てる壁もく、IKEAおなじみの家具がパーテーション代わり。
では、内部をちょっとご紹介していきましょう。

スクリーンショット 2015-11-27 17.20.55

Space-10-(c)-Alastair-Philip-Wiper-351

人が集まるミーティングスペースには、明るい日差しを取り入れられる大きな窓が。グリーンもそこかしこにいっぱい。

Space-10-(c)-Alastair-Philip-Wiper-447

スクリーンショット 2015-11-27 17.03.38

こんなところでお昼寝もできちゃう?

Space-10-(c)-Alastair-Philip-Wiper-239

アイデアに煮詰まったときは、ソファベッドへとダイブ。これ、実はラボの研究生たちのデザイン。

革新的なアイデアをカタチに

スクリーンショット 2015-11-27 17.04.14

「このラボにやってくる、若きクリエイターたちとともに企画を練り、研究を重ねて課題を解決していく。そのプロセスの中で生み出されたデザインを、実際に素早くテストすることもできるのが魅力ですね」

運営を担うデザインスタジオ「Rebel Agency」の Carla Cammilla Hjort氏は、デザイン誌「Dezeen」にこのラボ最大の機能についてコメント。
すでに、コペンハーゲンのインタラクティブデザイン研究所校の学生らがラボを利用し、次々とプロトタイプ品を生み出しています。

たとえば、家庭のエネルギー使用量がひと目でわかるカラーディスプレイを使用し、エコ訴求を促すウォールフレームや、熱を電気に変換してスマホの充電にあてるデスクなど、未来へ向けた革新的なデザインが次々に誕生しているようですよ。

スクリーンショット 2015-11-27 17.04.51

大人数が顔を付き合わせて座れるロングベンチ。奥のキッチンからできたての料理が届く。"みんなでゴハン”も、カルチャー共有に重要な要素なんでしょうね。

 Reference:Dezzen
Licensed material used with permission by SPACE10 / Alastair Philip  Wiper

移動が多い人には必須のモバイルバッテリー。〈IKEA〉の「FINDLA」ならサイズ感、コスパに優れています。LEDのライトがレトロな雰囲気を醸し出すのもポ...
ここで紹介するのは、あの人気家具店がシンガポールで打ち出したイラスト広告。「愛はフクザツ。IKEAはシンプル」というコピーとともに、左右を対比したアイデア...
記憶力大会の優勝経験者であるYanjaa Wintersoulさんは328ページもあるIKEAのカタログを記憶しているそうなんです。商品だけでなく、カタロ...
これは、いくつものシステムキッチンを店舗に集約して、時間貸ししてしまおうというIKEAのアイデア。実際にロシアで行なわれたこの取り組みは、ネットでキッチン...
先日閉幕した「ミラノ国際博覧会」で、チームラボが展示制作を担当した「HARMONY, Japan Pavilion, Expo Milano 2015」。...
一日に12時間から16時間眠るとされる猫。眠っている様子を眺めるのが好きなにゃんこラバーたちが現在注目しているのが、IKEAの人形用ベッド「DUKTIG」...
質問:「あなたは毎日どこで食事をしていますか?」この質問から始める理由は、あなたの答えがこのイケアの食器の必要性を左右するから。すでにロングセラーだった「...
いまや、日本だけでなく世界のデジタルアートシーンで確かな存在感を誇示しているチームラボ。2015年5月10日に終了した「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ...
プログラマやエンジニア、建築家など、さまざまなスペシャリストで構成されたウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」。アート・サイエンス・テクノロジーの境界線...
現在お台場で開催中の「DMM.プラネッツ Art by teamLab」が好調のチームラボ。その勢いは、衰えるどころかむしろ加速するばかり。今回は、これま...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
チームラボが進める教育プロジェクト「チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地」。そのメインプログラムである「お絵かき水族館」が、香港で開催されたデザインコ...
佐賀県武雄市の御船山楽園で、「かみさまがすまう森のアート展」が開催。チームラボと資生堂がコラボしており、プロジェクションマッピングを用いて、「生命の連続」...
今夏、京都・下鴨神社に展示され大きな反響を呼んだチームラボの作品が、このたび東京に上陸。「見たかったけれど行けなかった」という関東在住の人には朗報と言えそ...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...
コペンハーゲンを拠点とする建築事務所・EFFEKTが、高さ600mにもなる遊歩道のコンセプトデザインを発表しました。樹木で作られた螺旋階段を登れば、雄大な...
いよいよやってくる夏休み。家族やカップルで出かけよう!と意気込んでいる人も多いはず。でも、いざ外出したら、暑さに負けて意気消沈。涼を求めて、用もないのにと...
ウルトラテクノロジスト集団チームラボが、世界で初めてロクシタンの店舗を色鮮やかに演出。とはいえ彼らの取り組みの中では、やや毛色が違うこのプロジェクト。示し...