IKEAがデザインすると「自動運転車」はこうなる

今月中旬、IKEAが新しいコンセプトの自動運転車を発表しました。と言っても、そこはIKEA。自動運転技術うんぬんという話ではなく、自動運転を想定した家具デザインや空間づくりが中心です。

IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」によるこのプロジェクトでは、「オフィス」「カフェ」「ファーム」「ホテル」「ヘルスケア」「プレイ」「ショップ」と7タイプの自動運転車をデザイン。近い将来どのように人々の暮らしを充実したものに変えるか、主眼は“空間ごと移動する”という点に置かれました。

渋滞に巻き込まれても時間をロスすることなく会議や作業が行えたり、ドリップしたてのコーヒーを車内で楽しめたり、どこにいても採れたての野菜が買えたり、訪問医療を円滑化するなど、どれも現代社会のニーズと課題解決に向けたIKEAならではのアイデアがぎっしり。

現在、専用アプリ内では<Spaces on Wheels>の空間体験もできるようです。

Top image: © 2018 SPACE10
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「Google」の社内ベンチャーとしてスタートし、現在は独立して自動運転車の開発を続ける「Waymo」。米国フェニックスの一部地域で一般向けに自動運転タク...
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
サブスクリプションサービスが当たり前の存在になりつつある中で、IKEAも毎月決まった価格で家具を使えるサービスを展開するようです。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
8月6日、ブルックリン・ネイビー・ヤードで、スタートアップ企業「Optimus Ride(オプティマス・ライド)」の自動運転車の運行がスタートした。7:0...
「Ridy」は、表情筋の動きや瞬きの回数、目線の方向、首の傾き、リアクションスピードなどの要素から、居眠り運転を防止するためのアラートを出してくれる。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
究極の納豆ごはんを追い求め、全国にあるおいしい納豆の発掘をする納豆ご飯専門店「令和納豆」が、オンラインショップを開設。全国から取り寄せた国産納豆の人気商品...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...