「ゴミ収集車」が自動運転になると、清掃員のシゴトはどう変わる?

実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテスト走行が行われています。

だけど、自家用や公共交通よりも、むしろニーズはこっちのほうが上かもしれない。だってゴミ収集車って、作業中でも運転手がひとりは乗ってなきゃいけない、そんなイメージがあったから。

作業員ひとりと収集車1両
都市環境にやさしいゴミ回収

ゴミ収集車への自動運転技術の応用は、すでにスウェーデンで始まっています。これは自動車メーカーVolvo(ボルボ)と、ゴミ回収業者Renovaによる共同プロジェクトを映像で紹介したもの。

あらかじめ順路をプログラム化しておくことで、障害物を避けながら各戸から出されるゴミを回収していく様子がうかがえます。

作業スタッフが車体後方にゴミ箱をセットすると、アームが持ち上げてゴミだけを回収。ここまでは欧米によく見られるスタイル。

でも、ここからです。

車体側面に設置された2つのボタンをポチると、スタッフは運転席へと向かうのではなく、そのまま車を置いて歩き出してしまいました。

ここが自動運転技術の真骨頂。車体四隅に取り付けられたセンサーが、しっかり障害物を避けながら、ゆっくり歩く速度でスタッフの後を追尾していきます。

交通量の多い幹線道路だったらこうはいかないでしょうけど、比較的車の少ない住宅エリアを回るゴミ収集車ならば、自動運転が生きそう。

ドキッとする場面でも
すばやくキケンを察知

閑静な住宅街だからこそのキケンだって……、ご覧のとおり。

思えば、安全運転支援システムのさきがけとなる、自動ブレーキシステム「シティ・セーフティ」を日本に持ち込んだのもボルボの車種。自動運転の実現に向けても、独自のロードマップを描いてきた同社が、自家用車だけでなく、都市環境をサポートするこうした業務量車両でも実用化を目指していることって、話題性としては小さくても意味は大きいんじゃないでしょうか。

試験走行は年内を通して行われ、徐々に公道に定着させていくプランだとか。現時点では、運行管理者が帯同する必要があるようですが、やがてはゴミ回収も全自動が最終ゴールなんだそうですよ。

Licensed material used with permission by Volvo Car Corporation
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第5回 TOKYO MX1 20:00-20:30 2017年3月28日 放送 出演者:...
「Ridy」は、表情筋の動きや瞬きの回数、目線の方向、首の傾き、リアクションスピードなどの要素から、居眠り運転を防止するためのアラートを出してくれる。
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
日進月歩で技術が進歩している自動運転。デザインコンサルティングファームの「IDEO」は、自動運転車が普及することによって都市に暮らす人々の生活がどのように...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
ベンツが、自動運転のできるトラックを開発した。ベンツが描いた、2025年の車の未来は自動運転トラックだった。「ハイウェイパイロット」というレーダーセンサー...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
未来の車はきっとこうなるはず!そんなイメージをそのまま具現化した車両の開発が進められています。これまでにも、いくつか飛行できる車のニュースはありましたが、...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
洋画に出てくる大富豪やギャングになりきってみたい……。そんな願望があるあなたにおすすめしたいのが『Make It Rain Money Gun』!
「Loomo」は、人工知能やモーションセンサー、自律走行などを搭載しています。クラウドファンディングでは、約6,000万円を集める人気ぶりです。
最近よく問題視されているのが、自動化やAIにより、失われて行く職業だが、逆に、新たにできる職業はどういうものなのだろうと考えたことありませんか?今はないけ...
運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
民間航空機メーカー・Airbusがデザインする空飛ぶ車「Vahana」のコンセプト動画が公開されました。「空を飛ぶ」と言われると長距離移動を想像しがちです...
自動運転の実用化がそう遠くない未来に訪れようとしています。ここで紹介する次世代マシンも、スマホを使って操作する完全オートマチックな自走式。ただし、こちらは...
これは、イリノイ州に暮らす3歳の女の子ブルックリンちゃんと、ゴミ収集作業員(ドプソンさん)とのハートウォーミングなストーリー。この小さな恋のものがたりは、...
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...