100年後の未来に必要とされる(であろう)職業

自動化やロボット化の浸透が著しく、次にどんな仕事が人間の手を離れるかを予測するニュースを目にします。確かに、私たちの生活をより便利に、効率的にしてくれたのはありがたい。ですがその反面…。

英メディア「SilverDoor」のブログライターJames Brockbankが、100年もしない未来(2100年)に必要とされてるであろう、新しい職業をまとめています。これ、本当にあるかも。

2100年、
彼らが必要となる未来

ロボットが私たちの仕事を乗っ取る。よく映画などで見かけるSFのディストピアが徐々に始まっていると聞きます。アメリカでは2021年までに、現在ある仕事の6%が自動化になるとか。

特に、事務的で管理的な仕事がなくなるというのは言われてきていますが、技術発展のおかげで新たな仕事に進化し、働き口ができると思ったことはありませんか?

考えてみてください。20年前まで、誰が「アプリ開発者」や「ブロガー」や「ライフコーチ」という職業を思い描いていたでしょう。

未来がどのようなものになるのか、正確なところは分かりません。でも、現在は存在しないけど、2100年までに存在しそうな職業を紹介します。

01.
生産性向上専門家

今後、多くの会社が効率的な生産性を求めていきます。そのため、社員それぞれに合った仕事や方法を分析し、提案してくれるような専門家が必要となるでしょう。

02.
ノスタルジスト

私たちは、ノスタルジーを感じることを好みます。そのノスタルジーを呼び覚ましてくれるのに特化したインテリアデザイナーが出てくるでしょう。あなた好みの年代のイメージに相談も乗ってくれるので、デザイナーとして優秀なだけではなく、コミュニケーション能力に長けていなければできないかもしれません。

03.
自動運転の専門家

今は自動運転車やドローン、ハイパーループのような交通システムが話題になっています。従来の交通システムとどのように適合させるか、専門家の分析と研究が必要となります。

04.
簡易化専門家

余計なものが多いこの世の中では、簡易化してくれる専門家が必要になってくるでしょう。例えば、無意味なミーティングを減らすことで、仕事しやすくするなど。

05.
自動運転車の整備士

今の自動運転車は、飛躍的な発展を遂げています。そのため、タクシーの運転手などの働き手がなくなってしまうという悪いニュースもありますが、同時に新しい働き手も必要に。自動運転車の整備士は、今までにはなかった必要となる職業。整備士としてのスキルのみならず、ITでのノウハウも必要となるからです。

06.
終活セラピスト

みんな、最期をどのように迎えれば良いか、なんてことはあまり考えたくないもの。でも、寿命が伸びていくと、多くの人が高い治療なんかより、最期をどのように楽しむかという方向にフォーカスして行くでしょう。その時に終活セラピストに相談してみるといいでしょう。

07.
技術系カウンセラー

テクノロジーは私たちの生活において、さらに必要不可欠となっていきます。そのため、技術音痴だったり、機械に馴染みのないお年寄りの人たちの助けとなり、もっと使いやすく説明や教育してくれる人が必要になります。

08.
メディア・リミクサー

初めはDJ、次にVJ、そして“メディア・リミクサー”。この人たちはオーディオとビデオを掛け合わせるだけではなく、画像やARなどの他のメディアも活用し、キャンペーンやインスタレーションなどで、新たな体験を提供するでしょう。

09.
ドローン・マネージャー

今やみんなドローンを持っているかもしれないけれど、まだ物珍しさでしか持っていないかもしれません。でもこれからの数年、ドローンはビジネスで多く利用されます。そのため、ちゃんと監視、管理、そして操縦できるような専門家も必要になります。

10.
リモート外科医

リモート外科医は、ロボットアームで手術を行えるような施術者です。とても高度で緻密な感覚システムを兼ね備えているロボットアームが開発されれば、現場から遠くにいても施術のできるようになるでしょう。

Licensed material used with permission by SilverDoor
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
アメリカのシンクタンクの意識調査によると、約7割以上の人たちが進む「自動化」によって働き口が減ると危惧しているようですが、実際自分の職種・職業・業界に影響...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
日進月歩で技術が進歩している自動運転。デザインコンサルティングファームの「IDEO」は、自動運転車が普及することによって都市に暮らす人々の生活がどのように...
時代が進むに連れて、必要とされなくなっていく職業がある。世界の歴史を紐解くと「こんな仕事が昔はあったんだ!」と驚くものがたくさんあった。ここでは、世界から...
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
10年後、僕たちの働き方はどう変わっていると思いますか?
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
「Ridy」は、表情筋の動きや瞬きの回数、目線の方向、首の傾き、リアクションスピードなどの要素から、居眠り運転を防止するためのアラートを出してくれる。
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
生活や仕事に欠かせなくなってきた「機械」と、その「自動化」。私たちの過酷な労働力を少しでも軽減させ、効率の良い仕事ができるようにと、様々な機械が発明され、...
「Loomo」は、人工知能やモーションセンサー、自律走行などを搭載しています。クラウドファンディングでは、約6,000万円を集める人気ぶりです。
世の中には多くの職業が存在するが、中でも危険とされるものを「The Infographics Show」が紹介している。以外な職業の名が上がっている。また...
未来の車はきっとこうなるはず!そんなイメージをそのまま具現化した車両の開発が進められています。これまでにも、いくつか飛行できる車のニュースはありましたが、...
自動運転の実用化がそう遠くない未来に訪れようとしています。ここで紹介する次世代マシンも、スマホを使って操作する完全オートマチックな自走式。ただし、こちらは...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
AIの進化によって、数多くの職業が失われるという説があります。今でもすでに、機械化によって職を追われる人々が出てきている状況です。しかし「Inc.com」...
安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる...