4人のクリエイターが、死と向きあいながら撮り続けた「2万キロの自転車旅」

『イージーライダー』『モーターサイクル・ダイアリーズ』『テルマ&ルイーズ』……。ロードムービーが描く、美しい風景と美しいストーリー、その世界観が好きな人も多いはず。

でもここで紹介するのは、そういったフィクションの話ではありません。4人のクリエイター集団「ペダルサウス」が、実際に北米〜南米を縦断した14,000マイル(約2万2,500km)のドキュメンタリー。

作為的に作られた冒険ではなく、本当のアドベンチャーストーリーなのです。

750万円を集めた壮大な
クリエイティブプロジェクト

プロジェクトの中心になったのはライターのダイアー、27歳。彼が「テキサス4,000マイル」というイベントを、癌研究のチャリティで自転車で走りきり「自転車旅のロードムービーを作りたい!」と思ったことがきっかけでした。

ダイアーは同世代のトーマス[フォトグラファー]とリライ[映像作家]、そして9歳年上のリカルド[映像作家]と出会い、自分たちでアラスカからアルゼンチンまでアメリカ大陸を縦断する旅を計画しました。クラウドファンディングや寄付で集まった資金は、なんと75,000ドル(約750万円)。

4人は、2014年6月12日にアラスカ州アンカレッジを自転車で出発。1年9ヶ月をかけて14ヶ国を旅し、アルゼンチンのウシュアイアまで無事たどり着いたのでした。

つねに「死」と共存した
14,000マイル

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

スタートしたアラスカ州の6月は、一年でもっとも日照時間が長く、日没は1日のうち2時間しかありません。道路は砂利と泥。旅自転車として実績のある彼らの「Surly」も太刀打ちができないものでした。進める距離は1日平均50マイル(約80km)ほどのタフな旅。

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

ユーコンでは野生のクマと遭遇したり、ペルーではトーマスがダウンヒルで大クラッシュして入院することになったり。道中はつねに死の危険と共存。強盗に襲われてカメラ機材が奪われてしまった、なんてことも…。

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

映像作家のリカルドは言います。「毎日が強烈すぎる体験だった」と。

カラダを張って味わった
アメリカ大陸の魅力

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

もちろん彼らは、ただ美しい風景を切り取ってきただけではありません。

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

サンタバーバラの先進的な「都心型農業」に目をつけ、密着ドキュメンタリーに仕立て上げるといった着眼点は、さすがの一言。

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

ベニスビーチのポートレイトは、たとえば35年ここでローラースケートを続けてきたミスターダンディーを撮影していたり……

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

メキシコのウアトゥルコでは、ウミガメの赤ちゃんが海に帰る瞬間を捉え……

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

ただの「旅の軌跡」に終わらないのが、この「ペダルサウス」一番の魅力。

旅を、追体験しよう

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

 

彼らは、旅の記録を2冊の本や、映像作品という形で編集中。撮影データはなんと、1,500時間&60,000枚以上!2017年の夏には、集大成とも言える90分のドキュメンタリー『ペダルサウス』がアメリカで公開予定とのこと。

 

そこまで待てないという人は、彼らのWEBサイトやSNSに掲載されている写真を眺めるだけでも十分に楽しめるはず。

 

Licensed material used with permission by Pedal South
Mike Minnickは、旅に出ようと思った。それも、ただの旅じゃない。電動自転車での走行距離で、世界記録を樹立する旅だ。その距離、実に5,000マイル...
「広い世界を見てみたい」、という情熱だけで海外に飛び出していたころの自分は、少ない資金で毎日ギリギリの生活をしていた。バックパッキングにおいて原動力となる...
ニュースフィードに流れてきた記事タイトルが面白そうで、思わずクリック…という経験は、誰にだってあるはず。そこである本屋さんは、思い付きました。もしもそれを...
2016年2月16日、AppleのWEBサイトに、顧客に向けてこんなメッセージが投稿されました。「米国政府が、顧客の個人情報の安全性を脅かす、前代未聞の要...
カナダメープルの輸出先世界第3位には、日本がランクインしている。では、国内生産はどのくらいなんだろうと気になって調べてみると、ヒットしたキーワードが「秩父...
今や世界の多くの街に開通している地下鉄は、旅行者にとってメインとなる足。タクシーよりも安価で、バスよりも簡単。比較的安全で、正確に目的地に到着できるメトロ...
2016年の夏にコーカサス諸国を旅した家族の写真を紹介。1カ月ほど前にインターネットに公開された。仕事中に見たら、オフィスにいることも忘れてしまいそうな爽...
ペットの死後、剥製にする話を聞いたことがある。いつまでも一緒にいたいという気持ちは分かるけれど、何か痛々しい。世論でも、可哀想っていう声も多い。実際、やっ...
バックパックひとつの貧乏旅行が教えてくれるものは大きい。移動も寝食も楽ではない。けれど、だからこその気づきや学び、そして出会いがあるわけだ。ここに紹介する...
いくら会議しても話が進まない、取引先とのやり取りにも先が見えないーー。新しい閃きが欲しい!そんな時には、ネットや本ではなく「お菓子」を変えてみてはいかが?...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
ありそうでなかったバックパックの登場です。
小さな頃は、ずっと一緒にいたのに。
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
〈beruf baggage(ベルーフ バゲージ)〉の「STROLL TOTE BAG」は、バックパックのストラップがそのままトートのハンドルに。持ち替え...
「水を知る旅に出よ」。そんな使命を受けて集った、東京で活躍するクリエイター5人。向かうは東京からはるか遠く離れた、九州・熊本だ。熊本・阿蘇に広がる世界有数...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
いま、アーロン・プジーという男性が、自転車でイギリス縦断の旅をしています。彼は2016年5月8日にスコットランドの最北端、ランズエンド岬をスタートして、8...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...
「Go Travel Dress」は、リップやパスポートを入れられるポケットがある、多機能なトラベル用ドレス。スマホはもちろん、防犯性に優れたお金をしまっ...