アメリカ大陸横断には、巨大な「スクールバス」が最高!

車両の規制が多い日本ではなかなかブームにまで至りませんが、海外ではキャンピングカーの概念をさらに家に近づけた、移動式の「タイニーハウス」で生活を体現する人が増えてきています。

ドイツ人のフェリックス&セリマは、ベルリンでの都市生活に疲れ、アメリカを旅しようと決心。でも「スーツケースを持ち歩くなんてナンセンス」「寝る場所はいつも同じがいい」「愛犬と一緒に暮らしたい」という条件を満たすため、移動式のタイニーハウスで旅することに決めました。しかも、スクールバスをベースに、DIYで仕上げちゃったのです。

02ae4662d2b98c13d10f9dccd8e67c5d07379dcc

でかい、長い!これなら快適に「暮らせる」のも納得です。家×クルマ×オフィス、を実現。

280802092a4338639b8c327eff7206b51e373f87

大切にしていたのは
旅とクリエイティブの両立

こういったライフスタイルを実現する人は、多くが潤沢な資産を持っていたり、お金に余裕がある場合が多いもの。でも決してお金持ちとは言えない彼らがまず最初に考えたのは、この旅をしながら仕事もこなせること、でした。

C7a519dcf98867524953a6d04ae042d40710273a

フェリックスが映像作家で、セリマがミュージシャンだったことも幸いしています。彼らは、バスの生活をしながらでもクリエイティブなアウトプットができるよう、オフィス兼ホームとしてのスクールバスをつくったのです。

40c21916b2587f73a22d383feff323fab169dca9

彼らのホーム。広々としたスペースにはリビング、ワーキングデスク、キッチン、ベッドルームと、生活に必要なスペースがひと通り揃う。愛犬のルディも満足の仕上がりだとか。

32838645af8dd0525dd8a9b9b45c905fd53a95e2

昔からこうしたライフスタイルはありました。そう、60年代のヒッピー達は、ウッドストックに向かってワーゲンバスで旅をしていました。2人はビザを手配しながら、ゆっくりとアメリカ大陸の縦断を続けているそうです。

5127654f2e31fa88b49d1db56daa2648708f3de5

行く先々で、セルフィーを撮る2人。きっとこのライフスタイルに変えて、関係も深まったはず。

975b83308d21243414f88f0914c38b9bb7277567

熊に出会ったことも1度や2度じゃないそう。

03b25ce53465060c48733170eddbdb587fa4cec7

フェリックス&セリマのバスツアーは、現在もFacebookInstagramでレポートされながら続いています。すてきなバスライフを、共有してみたい人はぜひ!

Licensed material used with permission by Expedition Happiness
2017年8月21日(日本時間22日)、アメリカで大規模な皆既日食が起こります。アメリカ大陸を横断するのは、実に99年ぶり。この世紀の天体ショーを間近に控...
'60年代から'70年代初期にかけて、様々な建築家によってフューチャーレトロ調のタイニーハウスがつくられていた。特筆すべきは、その佇まい。今から50年も前...
現地時間の21日、北アメリカ大陸を「皆既日食」が99年ぶりに横断しました。帯状の地域で、約2分間観測できたとのこと。地上にいたみなさんは、99年ぶりの皆既...
宿を選ぶときに、これだけは絶対にチェックしておくべき!というポイントをまとめました。カウチサーフィンも、Airbnbも大好きだけど、一緒に説明するとややこ...
事故を軽減しようと、最新のテクノロジーを駆使して、これまでにない横断歩道を開発しているのはUmbrellium。まだ試作品ということだが、歩行者に合わせて...
交通事故を減らすために、リトアニアの第二の都市カウナスが地元のストリートアーティストとタッグを組みました。それは、横断歩道を渡る前に自然と周りに注意を向け...
今から3年前。ギョームとジェナは退屈に感じていたそれまでの仕事にピリオドを打ち、旅に出ることにしました。当時は借金があり、所有していたのはたくさんの家具だ...
男なら、一度は憧れる秘密基地。自分だけの空間は、ドキドキワクワクしますよね。そんな男の夢が叶う小さなおうち「タイニーハウス」の人気がアメリカでますます高ま...
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
今、アメリカで巨大な睾丸を模したボールを転がしアメリカを歩いて旅を続ける男性がいるようだ。海外メディアA+の記事「Man Raises Testicula...
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
世界中、どこに行っても横断歩道は基本的に“無機質”なゼブラ模様ですが、スペインのマドリード郊外には、こんなカラフルな横断歩道が出現しています。渡っている画...
ワーゲンバス。正式には「フォルクスワーゲン タイプ2」と呼ばれる車で、ワーゲンが作ったバンor ワゴンのこと。キャンパー仕様やデリバリー仕様、トラック仕様...
『On the Road』に出会い、アメリカへ向かった日本人写真家、小林昭。1969年から1974年までの6年間、カリフォルニアのヴェニスビーチを拠点にし...
語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
「Eagle Prime」は、約2.8億円がかけられて制作された巨大ロボット。子どもの頃に、思い描いていた巨大ロボット対戦が、ついに現実になる日がきたようです。
ヴィクトリアとテレンスは、モデルと写真家のカップル。2人は、ヨーロッパ9ヶ国とアメリカ国内の5州を旅しながら、まるで「おとぎ話」のような写真を撮影してまわ...
異国情緒を感じながらその土地にどれだけ浸透するか。バックパッカーやひとり旅の楽しみ方といえばこれ。だけど、風の向くまま気の向くまま、とはいかない期限付きの...
思わず「この発想はなかった!」と言ってしまいそうな「横断歩道」のデザインをご紹介。これならどれだけ人が多いところでも、対面の人とぶつかりそうになることなく...