「絶景よりも体験」な旅人にオススメしたい目的地

どうせお金と時間をかけて旅に行くなら、風景写真を撮って終わりました、なんていうのはちょっと寂しい。時間が限られている中でも、何かを習得したいと思っている人は少なくないはず。

そこで、旅をもっと意義深いものにしたいあなたへ、「Elite Daily」の記事を紹介。ライターAlexandra Stricklerさんによると、「Visit.org」は、地域のコミュニティーに関われるツアーを提供しているとのこと。その中でも、彼女がこの夏オススメする6つの目的地がこちら。

01.
フランスで、藻からコスメを作る
ワークショップに参加

19fbb5fc2468a34f5e39bccf31fa34eb0275ba48

フランス・ブルターニュにある美しいビーチは過去数年で、有毒な藻の被害をうけました。沿岸部は、今も普及が必要な状態にあります。そんな地域を掃除して守るための活動に取り組んでいる非営利団体の「Vit’Algues」は、藻からナチュラルコスメを作る方法を学べる、ビューティーワークショップを開催しているんです。

「藻」なんて聞こえが良くないのはわかっていますが、あなたのセルフケアの質を高めてくれますよ。ワークショップの収益はすべて、沿岸整備に使われ、さらに同じように支援が必要な場所へ送られます。

02.
「移民の料理教室」で
NYの異文化をサポート

D7010974881b2cd33863e6a549c811d70ab78409

ニューヨークでは、あなたもまだ知らない料理のことを「The League of Kitchens」が教えてくれます。この団体を通して、自国の伝統料理を作ってくれる移民と出会うことができるのです。家に招待してくれて、美味しい料理を振る舞ってくれます。そして、そこでする会話はもっと楽しいはず。お互いに違う文化を学べて、もちろんお腹は満たされる。

料理教室で得たお金はすべて、さらなる異文化体験に向けて投資され、他にも料理を教えたいと願う移民をサポートするための費用にもなります。

03.
ギリシャでは自然と繋がれる
トレッキングに行こう

13005b9b1ecd96306317008864007025ebd1f8aa

環境危機は世界的な問題です。そして特に、ギリシャのカラモス島やカストス島に大きな影響が出ています。近年このエリアのエコシステムは、企業が自然を破壊するため、とてつもない困難に直面しています。

カラモス島やカストス島があるイオニア諸島を探検するツアーでは、古い森や牧場を歩いてたり、目がくらむほど美しい海を見たりすることができます。ツアーは、2つの島の持続可能な発達を目指して行われるもので、生態系の多様性を蘇らせるためにサポートする意味でも行われているのです。

04.
メキシコ文化を知るなら
チョコレートツアーに参戦

52c5e809f5f6a5b9483d3450fe4c5df0c6f30c9c

まず、チョコレートツアーと聞いて、行きたくないという人はいないでしょう。

このツアーでは職人がつくるチョコを味わうことができます。実際に作ったり、サンプルを食べるんです。 メキシコのチアパス州の文化にある、チョコの重要性について学ぶことができます。

05.
モロッコの料理教室は
女性の自立のためのもの

3e01aa28ad4dc29006fa3eb90013742c8373cb53

モロッコでは、舌なめずりするほど美味しいデザートを作って食べると、現地の女性が経済的に自立するためのサポートにつなげられるのです。

「Association Feminine El Khir」は、女性に料理の作りかたや、カフェをオープンさせたい人たちのために、企業プロジェクトへの取り組み方を教えています。参加すると、海が一望できる屋上テラスで絶品料理を味わえますよ。

06.
エディンバラでは
変わったガイドが待っている

69dddda79fbce6028cccd4e3e3d54fa251870552

貧困を乗り越えたスコットランドの女性たちの話を聞きながら、街を散策するツアーに参加してみてください。「Invisible Edinburgh」は、実際のホームレスの人たちがガイドとして案内してくれるようコーディネートしてくれて、言うまでもなく普通とは違う目線で街を知ることができます。もちろん、団体の収益は、ホームレスのガイドさんのサポート資金となるのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
2018年5月22日からノルウェー・エアシャトルのウェブサイトでは、気温を条件に目的地が選べるようになりました。
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
ヨーロッパの人々にとってモロッコは極めてメジャーな存在だ。スペインからジブラルタル海峡を挟んで僅か14kmの所に位置するこの国は、「手軽に異国情緒を味わえ...
栃木県小山市民を中心に老若男女に愛され、2005年に惜しまれつつ閉園した「小山ゆうえんち」。遊園地が開園中に活躍していた2層式アンティークのメリーゴーラン...
「Dinner In The Sky」は話題になっていく中で他のサービスも展開し、今ではフェスに参加でき、サッカー観戦までできるようになっているんです。
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
「Social Bite Village」と名付けられたこの村は、ホームレスの人たちが経験しているネガティブサイクルを断ち切るのを目的にしている。
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
 その遺跡は突如として現れる。イスラエルの隣国、ヨルダンにあるペトラ遺跡。ペトラとは、ギリシャ語で崖を意味する。この遺跡は、映画『インディ・ジョーンズ ...
本場モロッコでは「そんなに?」と思う高さから注がれるミントティ。角砂糖をたっぷり入れて飲む不思議な味に、旅行者は戸惑いつつも、モロッコを離れる頃には名残り...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
秋田県北東部、青森・岩手の県境に接する鹿角市(かづのし)。かつては鉱山によって栄えた過去を持ち、現在はきりたんぽ発祥の地とされている。「“たんぽ”は、家で...
モロッコの都市マラケシュのメディナ(旧市街)の西側にあるのが、ジャマ エル フナことフナ広場。モロッコ旅のトップ・エクスペリエンスだ。夜は巨大なディナー会...
どこを旅行するにも、ガイドブックではなかなか触れられないローカルの視点があると嬉しいもの。過大評価されているレストランも、じつは評判ほどのものではないのか...
これから向かおうとしている観光地の混雑状況、気になりますよね?場合によっては、目的地を変更したほうが満足度が高まることだってあるでしょう。でも、それって一...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
もしかしたら、これは史上最高の“絶叫”レストラン誕生の予感。いまだかつて、ここまでスリリングな飲食店があったでしょうか?もちろん、絶景付きなことは言うまで...
「麦茶」と「ベーコン」という、意外な組み合わせに驚くでしょうが、その味も驚きです。
世界一青い街と呼ばれ、旅人たちを魅了するシャウエンこと、シェフシャウエンの街。その一番の見所は、時間の経過に伴い、“青”の色みが変わること。特に必見は夜。...
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
日本各地を走る豪華列車は、ここ数年で急激に増加。列車が単なる移動手段ではなく、旅の目的そのものになりつつあることが分かります。こうした豪華な列車旅、その本...
本は「学び」と「気づき」を得るために読むもの。いまいちその効果が感じられないという人は、読書の「設計図」が描けていないのです。ここでは、自著『読んだら忘れ...
フォトグラファーのThomas Biziourasさんが撮影した石橋のほとんどは、グレヴェナ県にあるものだそう。同県にはこのような橋が18本以上も存在して...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...