NYの街を300人が自転車でおつかい!その「ほっこり」な目的とは?

11月19日の午後2時。「GO!」の合図と共に、米ニューヨークのハドソン・ヤードからサイクリストたちが一斉に走り出しました。向かう先はスーパーマーケット。

参加者たちはそこで少額の食品を買うと、また次の店へと走り去っていきます。これは、「Thanksgiving」ならぬ「Cranksgiving」という自転車レースなのです。

参加することが寄付になる
「自転車レース」

0554d61ba69b87e8fc544f2206e6e4a670415da1

自転車の「Crank」と感謝祭の「Thanksgiving」から名付けられた「Cranksgiving」。このレースは、毎年感謝祭前の週末にニューヨークで行われているもので、今年は300人が参加したそうです。

ポイントラリー型のお買い物レースで、スーパーマーケットがチェックポイント。食品を1点購入したら、次の店へ。参加者はリストアップされている店を5つ選び、自分でルート設定をします。先に回り終わってゴールした人が優勝です。

「Cranksgiving」には参加費は要りません。10~15ドルほどの買い物の費用が、参加費の代わりです。参加者たちは、レースで購入した食品を、フードバンクやシェルターなどの慈善団体へ運びます。そして食品はすべて感謝祭の食事として、ホームレスなど、食事に困っている人々へ配布。今年は1.3トンもの食品の寄付が集まったそう。

つまり「Cranksgiving」は、レース形式のボランティア活動なのです。

「少しでも感謝祭の気分を
味わって欲しい」

31664fb0b10952fb52413149cfb2bb69b39fb727

そもそも感謝祭は、家族や仲間で集まって、毎日のしあわせについて感謝する日。

「Cranksgiving」は、メッセンジャーが、ホームレスなどの人々にまともな食事をとってもらうことで、少しでも感謝祭の気分を感じてほしいと始めた活動。1998年からニューヨークで始まったこのレースも、今では全米各地で開催されています。今年は海をまたいでイギリスでも開催されたということです。

参加することが、見知らぬ誰かにちょっとした感謝のおすそ分けになる。そんな、感謝祭の精神にふさわしいステキな自転車レースのお話でした。

Licensed material used with permission by Nirma Hasty
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...
ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまの...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
自転車は身近な乗り物であり、生活に欠かせない人も多いでしょう。そんな自転車が夢の中に出てきたら…それは自分にとって大きな意味があります。自転車の状態や状況...
ブラジル生まれのド派手な自転車が「オモシロイ!」と評判を呼んでいます。街行く人々の目を止める、楽しい仕掛けを搭載して、夜の街へ繰り出していく。そう、この自...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
10年前の2006年、アメリカのデンバーに誕生した「SAME cafe」。当時、市としては初のNPO(非営利)レストランでした。そんな、募金やボランティア...
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
ここに紹介する自転車は、どれも斬新なフォルムが目を引くものばかり。街乗り、フィールド仕様のコンセプトモデルかと思いきや、よく見ればどこかヘン。サドルがフレ...
はじめて見たときに、ゆる〜い雰囲気に癒されて、今ではすっかり大好きになってしまいました。私の住む街にも、こんな自転車や車が走っていたら、日常の楽しみのひと...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
僕が通勤するルートには坂道が多いんです。だから、電動アシスト自転車に買い換えたいなと思うけど、値段を考えるとハードルが高い。でも、「Rubbee X」を知...