NYの街を300人が自転車でおつかい!その「ほっこり」な目的とは?

11月19日の午後2時。「GO!」の合図と共に、米ニューヨークのハドソン・ヤードからサイクリストたちが一斉に走り出しました。向かう先はスーパーマーケット。

参加者たちはそこで少額の食品を買うと、また次の店へと走り去っていきます。これは、「Thanksgiving」ならぬ「Cranksgiving」という自転車レースなのです。

参加することが寄付になる
「自転車レース」

自転車の「Crank」と感謝祭の「Thanksgiving」から名付けられた「Cranksgiving」。このレースは、毎年感謝祭前の週末にニューヨークで行われているもので、今年は300人が参加したそうです。

ポイントラリー型のお買い物レースで、スーパーマーケットがチェックポイント。食品を1点購入したら、次の店へ。参加者はリストアップされている店を5つ選び、自分でルート設定をします。先に回り終わってゴールした人が優勝です。

「Cranksgiving」には参加費は要りません。10~15ドルほどの買い物の費用が、参加費の代わりです。参加者たちは、レースで購入した食品を、フードバンクやシェルターなどの慈善団体へ運びます。そして食品はすべて感謝祭の食事として、ホームレスなど、食事に困っている人々へ配布。今年は1.3トンもの食品の寄付が集まったそう。

つまり「Cranksgiving」は、レース形式のボランティア活動なのです。

「少しでも感謝祭の気分を
味わって欲しい」

そもそも感謝祭は、家族や仲間で集まって、毎日のしあわせについて感謝する日。

「Cranksgiving」は、メッセンジャーが、ホームレスなどの人々にまともな食事をとってもらうことで、少しでも感謝祭の気分を感じてほしいと始めた活動。1998年からニューヨークで始まったこのレースも、今では全米各地で開催されています。今年は海をまたいでイギリスでも開催されたということです。

参加することが、見知らぬ誰かにちょっとした感謝のおすそ分けになる。そんな、感謝祭の精神にふさわしいステキな自転車レースのお話でした。

Licensed material used with permission by Nirma Hasty
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
NYCから来日したメッセンジャー界のレジェンド、カート・ブーン氏に、メッセンジャーのリアルな日常や氏が生み出すアート、そしてメッセンジャーカルチャーとファ...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
全米最大のベスパディーラー元経営者が電動アシスト自転車にシフト。完成したのは、ベスパ愛が詰まったeバイクでした。
ヒジャブとは、イスラム教徒(ムスリム)女性が「髪の毛を覆い隠す」ためのスカーフ。なぜ着ける必要があるのか? どのような想いで着けているのか? ムスリムのラ...
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
アウトドアブランド「パタゴニア」の食品事業を担う「パタゴニア プロビジョンズ」から3月26日にスペインの伝統的な漁法で捕獲されたサバを使用した缶詰「サント...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
ディスクグラインダーを使った自転車盗難の対策として開発された、史上最強クラスのU字ロック。
ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまの...
4月19日「CHROME TOKYO HUB」にメッセンジャー界のレジェンド「カート・バーン」降臨! 4月20日からは人気ブランドのメッセンジャーバッグが...
農作物の新たな価値を届ける企業「Link to Farmland」は、先月10日より、北海道・美瑛町で生産された規格外の野菜を再利用するプロジェクトをクラ...
300年以上の歴史をもつ老舗「中川政七商店」が、2020年秋、初となる複合商業施設を奈良市元林院町、通称「ならまちエリア」に開業する。
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。