【ほっこり】赤ちゃんヤギを「抱きしめて温める」ボランティア

人出が足りない小さな牧場が、産まれてくる「赤ちゃんヤギ」のお世話をしてくれるボランティアをネットで募集しました。4時間おきに赤ちゃんヤギを抱っこしながらミルクをあげる。善意をする側もされる側も、双方がうれしくなれるこのお手伝いに応募が殺到。ですよね〜!

人手不足の牧場の奇策
ボランティアをネットで公募

かわいいヤギの赤ちゃんを抱く女の子。これ、動物園での一幕ではありません。米バージニア州「Caromont Farm」では、ヤギの赤ちゃんを代わりばんこで抱いてくれるボランティアをネットで募集。これに応募が殺到し、わずか数日で3月中頃までの予定は、めでたく定員オーバーとなったそうです。

良質なヤギのミルクから作るシェーブルチーズが牧場の自慢。そのため、120頭を超えるヤギを飼育しているそうです。雌ヤギたちが出産を迎えるのが、毎年2月ごろ。今年も90頭近くの赤ちゃんヤギが産まれる予定だとか。

牧場スタッフだけでは人手不足。赤ちゃんヤギの世話をするため、猫の手も借りたい。それがボランティア募集の意図でした。

赤ちゃんヤギを
みんなで世話しよう!

ヤギの赤ちゃんたちは、4時間おきに抱っこしながらミルクを与え、清潔さを保つ必要があるそうです。なかでも大敵なのが、氷点下にまで達するこの時季の寒さ。カラダを冷やさないよう、セーターを着せることもあるようです。かわいい♡

こうした赤ちゃんヤギの身の回りのお世話をするのが、ボランティアの役目。4〜5人のユニットが午前午後と二交代制で世話する予定です。

あまりの人気ぶりにCaromont Farmは、Facebook上で感謝のコメントを寄せるとともに、追加でボランティア枠を拡大。それでも、「かわいい赤ちゃんヤギのため」とこちらもあっという間に満員御礼となったようです。

市民が牧場に通って、赤ちゃんヤギのためにひと肌脱ぐ。お手伝いする側もされる側もハッピーになれる、素敵なボランティアですね。

Licensed material used with permission by corlaffra
ぴったりサイズのセーターを着ている子ヤギたち…。かわいいのですがなぜ服を?じつは彼ら、アメリカのメイン州というとても寒い地域に住んでいて、さらに生まれたば...
世界中からホットな動画が集まる「Viral Hog」で話題となっているのは、ミズーリ州で撮影されたアライグマの親子たち。アメリカでは、林の中だけでなくとき...
事が起きたのは8月20日のブルックリン。
イギリスのデザイナーのトーマスさんは、人間であることに疲れ果て、ヤギになることを決意。特注の義足や芝生を消化する人工胃の開発にまで挑戦したそう。「トランス...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
日々の子育てのドタバタから非日常の世界へ旅立つことで心もリフレッシュ。ちょっとした工夫が旅をグッと楽しく、そして気軽なものにしてくれました。経験から伝えた...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
2013年から赤ちゃんのためのDJ教室を開いている「Baby DJ School」。ブルックリンを皮切りに、今ではニューヨークシティ、シカゴ、ロサンゼルス...
米・オハイオ州に住むオリヴィア・ケスラーさんは、出産を間近に控えてきました。ただ、このお話の主人公はオリヴィアさんの弟であり、赤ちゃんにとっては叔父にあた...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
Rebecca HayesさんとDavid Wardさんは、息子Claytonさんが生まれたとき、恒例の「赤ちゃんと家族の記念写真」を撮影をしなかったそう...
目的地に向かったり、きれいな景色を横目で見ながら走ったりするだけが「サイクリング」の楽しみ方ではありません。オーストラリアのパースを拠点とするサイクリング...
高速道路で出産した人のドキュメンタリーを見たことがある人はいると思う。では「動物園で赤ちゃんを産んだ人」はどうだろう?先月、アメリカのネブラスカ州の動物園...
カップル、親子、家族などの何気ない日常を「ほっこり」描いた人気イラストを集めてみました。キュンキュンするものから、思わず「わかるー!」と言いたくなるものま...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
北関東に甚大な被害をもたらした、先の「平成27年9月関東・東北豪雨」。発生から間もなく、救援活動に励むボランティアのなかに、横田基地所属の米兵たちの姿があった。
アメリカの一部企業には、生後6ヶ月までなら赤ちゃんと一緒に出勤してもいいというルールがあるんですって。「MarketWatch」で紹介されているカラ・クリ...
毎日飲む、コーヒー。私の生活になくてはならないものですが、一体誰がどうやって最初にコーヒーを見つけて飲むことになったのか、ご存知でしょうか。以前、コーヒー...
「ChatterBaby」は、アメリカのUCLAで研究しているブレーンたちの知識がいっぱい詰まった、赤ちゃんの泣き声を“翻訳”してくれるアプリだ。精度は約...
「ICU Grandpa」、ICUのおじいちゃんと呼ばれているDavidさんは、今年でICUに勤めて12年目のベテラン。家族と一緒にいられない赤ちゃんのケ...
子守唄は赤ちゃんだけのためではないかも?タイの動物保護施設「Save Elephant Foundation」にいるFaamaiは、飼育スタッフのLekさ...
そもそもの見分けがつかないって人にヒントです。毛がモコモコしているのが「羊」で、角があるのが「ヤギ」という認識で探してみてください。1匹、2匹、3匹…と、...
10年前の2006年、アメリカのデンバーに誕生した「SAME cafe」。当時、市としては初のNPO(非営利)レストランでした。そんな、募金やボランティア...