支払いは募金箱、お金がなくてもお手伝いで一食タダ。10年以上も「NPOカフェ」が愛され続けるワケ

10年前の2006年、アメリカのデンバーに誕生した「SAME cafe」。当時、市としては初のNPO(非営利)レストランでした。そんな、募金やボランティアによって10年間も愛され続けきたSAME cafeの魅力とは?

料金は決まっていない

「SAME cafe」では、メニューの料金は決まっていません。レジの代わりに募金箱へ行き、余裕がある時は少し多めに支払います。お金がなければ、1時間ほど皿洗いや食事の準備、テーブルの片づけなどのボランティアをします。お金が払えないことは大きな問題ではないのです。

地元の食材を使った
オーガニックフード

いくつもの農家やスローフード団体、ボランティアコミュニティの協力があり、提供される料理はすべて地元のオーガニックフード。「健康的な食事」という観点も大事にしています。

WEBサイトに公開されていた、とある1日のメニューがコチラ。

・コーンビーフシチュー
・コルカノン(ケール入りマッシュポテト)
・コールスロー
・ピスタチオとクランベリーのサラダ
・ペストピザ
・ポテトピザ

12万5,000人以上が
カフェを利用

この10年でSAME cafeを利用したお客さんは、のべ12万5,000人を超えるそうです。「従業員は3人しかいないけど、みんながボランティアで手伝ってくれるから運営できている」とか。また、レストランのコンセプトも10年間ブレることなく一貫しています。

誰もが、経済的ステイタスに関係なく、尊厳を持って扱われながら、健康的な食事ができるチャンスを。

2016年7月31日には、10周年を祝うパーティーも開かれるとのこと。当初「続けるのは不可能では?」とも言われていたというSAME cafeですが、今ではデンバー市民にとって「なくてはならないレストラン」のようですね。

Photo by Hanna Quevedo
Licensed material used with permission by SAME Cafe
フェイスブックジャパンは、5月17日から19日の期間限定で「Facebook Café」を原宿にオープン。このカフェ、スイーツもドリンクも全部タダなんです。
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
マレーシアのクアラルンプールにあるレストラン「Charlie's Cafe」では、食事をする人が5リンギット寄付すると、食事の引換券となり、恵まれない人た...
「おやつ」をテーマにしたイベント「ほぼ日のおやつ展。」が、渋谷PARCO8Fのギャラリースペース「ほぼ日曜日」で、1月16日〜31日まで開催。出店するのは...
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
スウェーデン発のスニーカーショップ「Sneakersnstuff 」が、先週末11月14日(土)から、カフェレストラン「SNS CAFE TOKYO」をオ...
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
ちょっと一服。愛煙家ではありませんが、お茶を飲んでひと休みする時は、昔からこの表現が一番しっくりくる気がします。栃木県小山市の駅前で、この、ちょっと一服を...
100年前の銀座でもっともコーヒーがおいしかったと言われている名店。カフェ・ユーロップのバウムクーヘンです。こだわり抜いたバターやバニラビーンズをたっぷり...
創業100年を超え、米国発の自動車メーカーとして一時は世界最大の規模として名を馳せた「ゼネラル・モーターズ(GM)」が、約57年ぶりに会社ロゴを新しくする...
国内に人気雲海スポット、長野県の竜王に、新しいカフェが誕生。その名も「SORA terrace cafe」は、まるで雲の上にいるような感覚を味わいながら、...
カフェであり、雑貨屋さんでもあり、撮影スタジオでもあり——。そんな空間を沖縄で見つけました。外国人住宅をリノベしている「わわcafE」は、立ち寄るだけでも...
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。
2020年11月28日(土)から来月27日(日)までの期間限定カフェ「FENDI CAFFE by ANNIVERSAIRE」が東京・表参道にオープン。
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
見た目はいたって普通のフィナンシェとバゲット......しかし食用のコオロギパウダーをふんだんに使用している期待の“未来食”なのだ!
17歳起業家が作ったアプリ「ATi-COTi(アチコチ)」は、「動画版食べログ」とも言える全く新しいサービス。アプリ内では、全国のさまざまなご当地グルメを...
マイクロブタとふれあえるカフェ「mipig cafe」の2号店が、2019年11月、原宿にオープンする。目黒の1号店はオープン半年で来店者数は3万人を突破...
ドバイに世界一高いビルとしてそびえ立つ「ブルジュ・ハリファ」が“世界一高い募金箱”に。募金をおこなうことでブルジュ・ハリファの外見を照らす120万個のLE...
昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
カフェってPC作業に集中できるけど、あまり良く感じない人もいるみたい。たしかにコーヒーを楽しむ空間でカタカタと隣で仕事をされると…。あなたはどう思う?
アメリカンサイズの特大スイーツ! NYで60年以上も愛され続ける至福のレストランカフェが日本上陸Serendipity3〒150-0001 東京都渋谷区神...
「BOTANIST」は、環境に配慮したサステイナブルな社会を目指す取り組みの第一歩として、また、多様なライフスタイルに合った商品を提供をしたいという想いか...