インスタライブに「募金機能」追加。社会貢献活動をサポート!

新型コロナウイルスの影響をバックアップすべく、「おうち時間」スタンプなどさまざまなアップデートを展開するInstagram

新たに4月28日よりローンチしたのは、Instagram Live上で募金による寄付を集められる機能。これは非営利団体向けの取り組みとなっており、集まったお金はすべてそれらの団体に寄進されるとのこと。なお、寄付する団体はユーザー自身で選ぶことができるのもこの機能の特徴だ。

支持する人の数や集まった金額がリアルタイムで確認できる機能や、すぐに感謝が伝えられる「ウェーブ送信」などの機能も用意されている。

また、ブラジルのイラストレーター@leonatsumeとのコラボにより「寄付しました」スタンプも併せてローンチ。「おうち時間」スタンプのように、ストーリーズバーでも優先的に表示されるので、自分のコミュニティのムーブメントなどもチェックできる。

エモくて映える写真のポストに疲れたら、優しさのシェアでSNSの今どきな活用を。

©2020 Instagram
©2020 Instagram
Top image: © iStock.com/VectorStory
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
米コスメブランドの「Lipslut」は、販売利益の100%をCOVID-19の救援活動に寄付すると発表。
岐阜県大垣市で枡の製造・販売を手掛ける「大橋量器」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、自宅で飲む「宅飲み」を促す「わたしたちはコロナに負けずおうち時間...
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
新型コロナウイルス感染症のワクチンの開発支援と、平等かつ迅速な供給を求めて。日本政府への支援金増額を求める署名プロジェクト「#SignforLife」始動。
和歌山県の電動バイクベンチャー「glafit」が開発した、立ち乗りタイプの電動スクーター「X-SCOOTER LOM」。発売開始から5日ですでに5000万...
オーストラリア のコメディアン、セレステ・バーバーさんはFacebook上でオーストラリアの森林火災への募金活動をおこない、その額はFacebookの資金...
3月19日、KEENが新型コロナウイルス(COVID-19)に立ち向かう人々のために、10万足のシューズを無償で提供すると発表した。
新型コロナウイルスと戦う医療従事者たちへの支援として、ロンドンの大手ブルワリー「CAMDENTOWN BREWERY」がオリジナルビールを「ヒーローのため...
「世界対がんデー」にちなんでおこなわれたユニークな募金方法。“前立腺がん”の患者をサポートしているカナダのNPO団体が、座るだけで同団体に寄付できる椅子を...
「ブルガリ」がフレグランスや化粧品の開発でパートナーシップを組む「ICR社」と共同開発した、消毒剤を用いた「ハンドクレンジングジェル」。イタリア市民保健局...
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
4月7日、「Nike」が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、「個人用防護具(PPE)用フェイスシールド」と「電動ファン付き呼吸用防護...
「ノースウェスタン大学」の研究者とシカゴの「Shirley Ryan AbilityLab」が共同で、新型コロナウイルスに関連する兆候と症状を捉えるウェア...
米「Apple」と「Google」は先日、スマートフォンを使って新型コロナウイルスの濃厚接触の可能性を検出・通知する技術を共同開発することを発表した。5月...
探知犬たちが新型コロナウイルスを探知することができるか英国では6000万円以上の研究費を費やした試験を実施中。“スーパー・シックス”と名付けられた6匹の犬...
その名も「Mosoco Mos killer lamp」。蚊が集まる周波数を発するLEDの紫外線ランプだ。
折りたたみイス「POTATTO350+」は、5秒で簡単に組み立てが可能で、座り心地も抜群。さらに、ゴミ箱や簡易トイレとしても使えるハイスペックな逸品だ。
イギリスのInstagramでムーブメントとなっている「Run 5 Donate 5 Nominate 5」の紹介。
「LUSH」が、新型コロナウイルスの蔓延に伴い“手洗いサービス”を開放中。誰でも自由に利用することができ、商品を購入する必要はないという。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
子どもたちの「人助けをしたい」という願いを叶え、さらには行動力や実践力を身につけさせる米アトランタの非営利団体「Kids Boost」が注目を集めている。
世界一の座を4度獲得したファインダイニングの代名詞的レストラン「noma」が、新型コロナウイルスによる臨時休業を経て5月21日、約2ヵ月ぶりに営業を再開。...
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、中国の「ケンタッキー」は、人との接触なく商品を受け渡しをする「コンタクトレスデリバリーサービス」を開始。