ペプシ × コーヒー!?「ペプシカフェ」が米国で来年4月に発売

ペプシコーラを販売する米国の会社「ペプシコ」が、来年4月より同国で「ペプシカフェ」を販売すると発表した。

「ペプシカフェ」は、コーヒーとコーラをブレンドした缶飲料。カフェインの量は、通常のペプシの2倍も含まれているという。味はオリジナルとバニラの2種類が用意されており、新たな「気付けの一杯」となることを狙って開発したという。

同社は「ゲータレード」や「ダイエットペプシ」など幅広い飲料を販売しているが、砂糖の多く入った飲料の売上は現在低迷中。ライバル会社「コカ・コーラ」の開発した「コカ・コーラ プラスコーヒー」のヒットを受けて、新たな道を模索しているようだ。

Top image: © PepsiCo
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事