米「コカ・コーラ」、来年1月に「コーヒーコーラ」3種を発売

「コカ・コーラ」が、来年1月からコーヒーとコーラがミックスされた新商品「Coke with Coffee」の販売開始を発表した。

味は「ダークブレンド」「ヴァニラ」「キャラメル」の3種類。カフェインの含有量は12ozの通常のコカコーラが34mgなのに比べて、約2倍の69mgであるという。

同社は2006年にも「Coca Cola Blak」の名でコーラとコーヒーをかけ合わせた商品を販売しているが、思うように売り上げが伸びず発売2年で廃盤に。

最高技術責任者であるNancy Quanは「時代が新しい味に追いついていなかった」と語っていた。

時は流れ、昨今は紅茶と炭酸飲料を混ぜ合わせた「ティーソーダ」が流行るなど、カテゴリーをまたいだ味が米国でも受け入れられてきたと感じているとか。

同社が飲み物の新しいスタンダードを作り出すことができるのか、注目である。

Top image: © The Coca-Cola Company
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事