米「コカ・コーラ」、来年1月に「コーヒーコーラ」3種を発売

「コカ・コーラ」が、来年1月からコーヒーとコーラがミックスされた新商品「Coke with Coffee」の販売開始を発表した。

味は「ダークブレンド」「ヴァニラ」「キャラメル」の3種類。カフェインの含有量は12ozの通常のコカコーラが34mgなのに比べて、約2倍の69mgであるという。

同社は2006年にも「Coca Cola Blak」の名でコーラとコーヒーをかけ合わせた商品を販売しているが、思うように売り上げが伸びず発売2年で廃盤に。

最高技術責任者であるNancy Quanは「時代が新しい味に追いついていなかった」と語っていた。

時は流れ、昨今は紅茶と炭酸飲料を混ぜ合わせた「ティーソーダ」が流行るなど、カテゴリーをまたいだ味が米国でも受け入れられてきたと感じているとか。

同社が飲み物の新しいスタンダードを作り出すことができるのか、注目である。

Top image: © The Coca-Cola Company
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
同社が販売をする「コカ・コーラ」やスポーツドリンク「パワーエイド」など人気ブランドの新商品を含む限定ギフトボックスが毎月自宅に届くサブスクサービスがスタート。
6月よりザ コカ・コーラ カンパニーは、飲むためじゃないコカ・コーラをイギリスで販売し始めます。いや、正確には飲めるんですが、その第一の目的はスピリッツな...
「丸山珈琲」と「伊良コーラ」がコラボし『クラフトコーラ「魔法のシロップ」 IYOSHI LOVES COFFEE』を7月1日に発売。インドネシアのコーヒー...
「ペプシカフェ」は、コーヒーとコーラをブレンドした缶飲料。カフェインの量は、通常のペプシの2倍も含まれ、味はオリジナルとバニラの2種類が用意されている。
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
2020年に向けたある方針を発表した「コカ・コーラ・スウェーデン」。それにより、スウェーデンでのバージンプラスチックの使用量を年間約3500トン、CO2排...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
「ラフォーレ原宿」と「コカ・コーラ」のコラボレーション企画「Coca-Cola Collection 2020 in Laforet HARAJUKU」が...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
スピーカーとスマホの充電機能を搭載した多機能テーブル「スマートテーブルZ9」が応援購入サービス「Makuake」で予約を受け付けている。
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
コーヒー好きな身として王道の楽しみ方ももちろん外せないけど……
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
「株式会社京都紋付」から、リウェアブランド「K」がデビュー。究極の黒に染め上げる「黒染めサービス」でお気に入りの服が美しく生まれ変わる。
廃棄物ゼロを目指すフランスのバイオテクノロジー企業「geochanvre」が、マスク需要の高まりを受けて、堆肥化可能な材料で出来たマスクを開発し注目が集ま...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
新時代のコーヒー飲料の誕生。8/19発売のO CHER(オーカー)はコーヒー生豆を独自の焙煎法で加熱し、クロロゲン酸(ポリフェノール)やカフェイン、トリゴ...
多くのメディアや雑誌に取り上げられるまでに成長した、クラフトコーラを販売する『伊良コーラ』を追ったドキュメンタリー。
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。