200年以上も愛され続ける、英国王室御用達の「歯磨き粉」を使ってみたい

薬剤師と医師の兄弟によって1790年に創業された「D.R.HARRIS(ディー・アール・ハリス)」は、数少ない英国王室御用達ブランド。そんな同ブランドの歯磨き粉が、特に女性の間で「一度使ってみたい」と話題になっているようです。

スペアミントの爽やかな香り
デザインも魅力!

「D.R.HARRIS」は、高級店が建ち並ぶセントジェームズ通りに200年以上も店を構えています。もちろん、ロンドンで最も古い薬局のひとつ。

こちらが噂の歯磨き粉。箱、容器ともに洗練されたデザインです。これなら洗面所の雰囲気も少し上質なものになりそう!

フッ化物は含まれておらず、スペアミントが配合されたやさしい成分でできている模様。爽やかな香りが口の中をスッキリと保ち口臭を防いでくれるのだとか。

時代を超えて愛されるこの歯磨き粉の価格は、税込2,808円。「毎日使うものだからこそこだわりたい!」という気持ちをチクチクと刺激しますよね。

ちなみに、同ブランドは他にも石鹸やコロン、エッセンシャルオイルなど、昔からの伝統的な製法で作られたアイテムを販売中。英国紳士や淑女のようなワンランク上のライフスタイルはココで手に入る!?

Licensed material used with permission by ARIGATO GIVING
andmore
他の記事を見る
バターと小麦の風味が強く、カリカリした食感で止まらなくなるバタークリスプ。気軽なプレゼントにピッタリだけど、しっかりと歴史がある、ベルギー王室御用達のお菓子。
イギリス製にこだわる僕にとってグローブといえば〈DENTS(デンツ)〉。200年以上の歴史があり、今でも手縫いで製作、英国王室御用達としてもよく知られる、...
アメリカ人女優メーガン・マークルとイギリス王室のヘンリー王子の婚約は、様々穴てんで実は歴史的なものといえる。その4つのポイントを紹介。メーガンが英国王室で...
世の中に存在するシューホーンの中でも、間違いなく最高ランク。英国王室御用達を掲げる老舗「ETTINGER(エッティンガー)」のものです。
1826年創業と歴史が古く、ヨーロッパ各地の王室や貴族御用達と認められた、イタリア・トリノで最初のチョコレート会社カファレル。こだわりのある素材、製法、ホ...
ユニオン・ジャックの格好よさやスタイリッシュさを暮らしに欲しい。クルマで変革させるなら「MINI VICTORIA(ヴィクトリア)」。欲しいものをほどよく...
ある日、母親のエイミーさんはもうすぐ中学生になる娘に、歯磨き粉の中身すべてをお皿の上に出すよう指示し、こう言いました。「この歯磨き粉を全部、またチューブの...
最近のオーガニック志向は、口にする食材ばかりか、衣類や化粧品、洗剤や石けんにも。こうした健康ブームを受けて、アメリカで話題となっているのが、自家製歯磨き粉...
外国に行って複数の都市を豪華客船で巡る「海外クルーズ」をオーストラリアでしてきたんですが、思い出としては「ロイヤルな英国旅!?」をしてきたって感じ。
堅牢なスチールに似つかわしくない曲線美といい、ミディアムグリーンの穏やかな色合いといい。無骨な工業製品なのに愛嬌ある佇まいにやられそうな英国製のジョウロです。
ロンドンに建設予定の型破りなインフィニティプール「Infinity London」が話題になっています。特筆すべきはそのロケーション。200m以上もの高さ...
歯垢を除去。歯周病予防。息さわやか、などなど──。歯磨き粉においてそんな特徴は、もはや当たり前。じゃあ一体、何で差をつけるべき?そんな問いに対するイタリア...
メーガン・マークルという名前を聞いたことがありますか?日本でもリメイクされた米テレビドラマ『Suits』で知られる女優です。彼女は今年イギリス王室の王位継...
大人として充実してきた今の生活に、プラスになる何かが欲しい!ってときに思いついたのがクルマ。お洒落で走りもいい「MINI」がやっぱりイイ!っていきついた。
ファラーズのトフィー&ファッジは、1840年に生まれた歴史のある味で、甘みと独特な風味が特徴。エリザベス女王にも長年親しまれていたというお菓子です。
多くの課題を抱えながらも、英国の経済状況はここ20年間は右肩上がりです。人口や資源において優位とは言えないはずのこの国が、なぜ国際社会においてこれほど高い...
ケアに手間がかかるからこそ愛着がわくアウトドアで話題の「オイルドジャケット」をご紹介。「バブアー」「フェールラーベン」「ベルスタッフ」など人気ブランドのア...
英国の心意気をもったクルマ、MINIの未来的クルマ「MINI CROSSOVER PHEV」。クルマについての経験ある40代のエディターが一週間プライベー...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
ロンドンのショーディッチにあるバー「Ballie Ballerson」。ここのフロアはどこもかしこもボールだらけ。DJが流す音楽はそっちのけでボールと戯れ...