英NPO団体が制作した「サバイバルゲーム動画」が、訴える現実とは?

戦争の悲惨さを訴える手法として、映像は効果的です。この動画もそのひとつ。
衝撃度大のバーチャル・リアリティに、あなたは何を思うでしょう?

動画はゲームのようにキャラクターを選択する場面から始まります。スクリーンショット 2015-08-05 14.57.19

 

まずは<兵士>、強さMAX、スピード70%、侵略90%、脆弱性:5%。

スクリーンショット 2015-08-05 14.57.31

一方、こちらはニーマ。あるのはほぼ、脆弱性のみ主人公はこの少女。
ここから、主人公ニーマ視点に切り替わり、サバイバル・アクションゲームさながらの戦闘シーンが展開していきます。

スクリーンショット 2015-08-05 14.58.28ニーマの家の近くで激しい爆撃音が。窓の外には黒煙が上がります。

スクリーンショット 2015-08-05 15.29.21

「とにかく隠れるんだ!」慌てる父の声に、ベッド下へと潜り込むニーマ。間髪入れずに兵士が部屋のドアを蹴り上げて入ってきました。息を潜め、兵士が出て行ったのを見計らって、部屋を飛び出します。「目的:パパを探し出せ」彼女のタスクが画面に登場。ニーマは隣りの部屋へで、父の血痕を発見。

スクリーンショット 2015-08-05 14.58.50

兵士にみつかった!
少女の背後で兵士が叫びます。彼女は恐怖のあまり、建物の外へ逃げ出します。鳴り止まぬ銃声、激しい弾痕、耳元をかすめる銃弾。その刹那、兵士の放った銃弾がニーマを襲いました。
画面右下の「HEALTH」メーターが赤色に反転。同時に心的外傷を表わす左下の「TRAUMA」も上昇していきます。

スクリーンショット 2015-08-05 14.59.15

激しい銃撃をかいくぐり、薬箱を発見。「HEALTH」が回復していきます。

スクリーンショット 2015-08-05 15.47.54

ところが、隣り部屋で捕虜となった父が銃殺される瞬間を目撃してしまうニーマ。「TRAUMA」は最高潮に達し、点滅を始めました。

スクリーンショット 2015-08-05 15.48.02

我を忘れたかのように駆け出すニーマの前には、折り重なるようにして倒れた人々。泣き叫ぶ女性をふたりがかりで押さえつけ、レイプする男たち。

スクリーンショット 2015-08-05 15.00.02

ひたすら足を動かし、走り、いつしか「TRAUMA」がレッドゾーンに達したところで、彼女はついに動けなくなってしまいました。

スクリーンショット 2015-08-05 15.00.14

スクリーンショット 2015-08-05 15.00.28

ニーマの視点からここで解かれます。ゲームオーバー…。

紛争地域に暮らす子供たちへの支援を続ける、イギリスのNPO団体「War Child」が制作したこの動画は、単に戦争の残忍さを伝えようとしているだけではありません。「救うべきは子どもたち」だと、団体はプレスリリースを通してこう伝えています。

「動画内に登場する医療用キットは、外傷を直すためのもの。でも、トラウマ、つまり心に負った傷は、どんな救急キットをもってしても治すことはでません」

横たわり動かなくなったニーマの姿、暗転した動画の最後に「War Child」は、こんなメッセージを送っています。

「主人公のような子供たちの精神的な傷は、目には見えないもの。戦争・紛争によって甚大な影響を与えられる大半は子供たちです。彼らを救う人道支援は未だに3%未満であることを私たちは知らなければいけない」

「よくできたゲームのフェイク」として終わるのか、ニーマと同じ傷を抱えて生きる子供たちが、今日も世界のどこかにいることを意識するかは、我々、一人ひとりの考え方いかん。

ゲーム内の主人公の運命を変えるチャレンジに、誰もが加担できると「War Child」は主張します。英国政府に対して、国際紛争加担への即刻中止を求める嘆願書への署名を彼らは求めて、この映動画をYoutubeにアップしました。
世界中から受け付けている署名に興味がある方はこちらへ。

Licensed material used with permission by War Child

『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
あらためて話題となっているのがゲーム障害だ。この問題は中国だけでなく、世界中で危惧されている。今年の5月には世界保険機関(WHO)がゲーム障害を“国際疾病...
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
ノースウェスタン大学の研究で、バッテリーを取り除いたゲームボーイを実現してしまった。シャーシ前面の太陽光パネルとボタン操作による電力でゲーム機が駆動。ゲー...
東京・豊洲の「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」に本物の氷を使用した屋外アイススケートリンク「Sea Side アイススケートリンク...
新作から定番まで、5つの日常的なシーンに対して、日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に紹介してもらった「おすすめボードゲーム15選」のまとめ。
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...
オンラインでカジノゲームを運営する「OnlineCasino.ca」が“未来のゲーマー像”を作成。20年間部屋に引きこもってゲームをし続けた“恐ろしい姿”...
実はすぐそこまで来ている、宇宙旅行に行ける未来。現状、いつから行けるのか、いくらで行けるかについて解説していきます。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、友だちとお酒を飲みながら楽しめる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、アルコールは要らないと思えるほど熱中できる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、パートナーと一緒にカップルでやる意味のある「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、一度やったらヤメられない中毒的な「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
あるゲームクリエイターが作ったのは「踏み込んだ」オトナのゲーム。矢印キーのみで操作できて、夜の過ごし方を学べるようにと作られたそうです。スマホからは楽しめ...
ハンバーガーチェーン「バーガーキング」と不動産賃貸仲介サービス「エイブル」が、まさかの異色コラボを実現!
医学雑誌『Nurients』に掲載された研究結果は、コーヒーとパンを朝食にとることは、メタボリックシンドロームを抑制する可能性を明らかにした。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、誰とでも仲良くなれる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
2017年、ゲーム風のPR動画が耳目を集めた京都府宇治市。あれから2年、『宇治市〜宇治抹茶と源氏物語のまち〜』がスマホゲームになって帰ってくる!
ドイツ・ベルリンにある博物館「Schwules Museum」は、1985年から2018年までLGBTQを題材にしたゲームを紹介する展示会「Rainbow...
5月22日、「Epic Games」が「フォートナイト」にて、『インセプション』や『インターステラー』で知られる映画監督クリストファー・ノーランの新作映画...
世界的なカードゲームの「UNO」。とある非公式ルールについて、公式ツイッターでこんなつぶやきをしました。
衣装や武器などが飾られるだけでなく、最先端テクノロジーを使用したインタラクティブな体験もできるとのこと。