英科学誌、米海軍がゲーマーに大注目!?「ゲーム上手は、問題解決能力が高い」

「遊んでばかりいないで宿題やんなさい!」と怒られた記憶のある人も多いかも。でも、ゲームが上手い人程、頭がいいという理論は、いろいろな調査によって確かになりつつあるようです。

イギリスの科学誌「ネイチャー」に掲載されたレポートでは、27名の熟練度の高いゲーマーと、30名の初心者の脳を比較。その詳細を調査した結果、乗り物の運転や物事を理解するために必要な、認知・機能間結合に大きな違いが見られたそう。

それぞれの対象の脳をMRIでスキャンした結果、ゲーマーはそうでない人に比べ、神経細胞体が存在している灰白質が大きく、機能間の結合経路も、多様で複雑なネットワークを構築していることがわかりました。

これは計算や論理的思考、問題解決、個々の情報を関連づけて物事を捉える認知など、様々な能力の高さの現れでもあるようです。

アメリカ海軍でも
同様の調査結果が

実はゲームが脳機能に大きく関係しているという研究結果はこれまでもいくつも紹介されています。

例えば、アメリカ国防総省の公式ブログページ「ARMED WITH SCIENCE」に掲載された海軍の調査でも、ゲームをすることで情報処理が早くなり、問題解決能力をトレーニングすることができるとの結論に至っているようです。
その上、その効果は一時的なものではなく、最大2年半維持されるのだとか。

ゲームのジャンルは?

ちなみに今回ネイチャー誌に発表された調査で試されたのは、アドベンチャーゲーム。アクションなど主に反射神経を問われるようなものではなく、謎解きや推理などのように文章を読み解き与えられた情報の中から正しい行動を選択するタイプのもの。

今後はアドベンチャーゲームが頭が良くなるゲームの代名詞となるのかもしれませんね。

他の記事を見る
規模、装備、予算。アメリカ海軍と言えば、世界最大の海軍であり、その戦闘力は推して知るべし。だが、そんな強大な米海軍を長年悩ませてきた“天敵”がいる。それは...
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
「ValoJump」は、トランポリンの要素とARを融合させたゲーム。遊び方は簡単で、ジャンプをするだけのようです。
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
「Vaev」という企業は、使用済みティッシュを販売しています。効果があるのかどうかは分かりません。オススメなんて絶対にしません。だけど、真面目にビジネスを...
新しく誕生予定のロボットバーテンダーの名は「GUIDO」。イタリア語で「私は運転する」という意味で、自動運転ができるようになるんだそう。アプリで予約をし、...
衣装や武器などが飾られるだけでなく、最先端テクノロジーを使用したインタラクティブな体験もできるとのこと。
ここで採り上げるのは、2019年にファイナルシーズンを迎えるアメリカの人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のネタバレ対策です。
日本科学未来館で2016年3月2日から5月30日まで開催されている「GAME ON」は、ロンドン発の企画展。これまでに世界中で遊ばれてきた数々の「テレビゲ...
あるゲームクリエイターが作ったのは「踏み込んだ」オトナのゲーム。矢印キーのみで操作できて、夜の過ごし方を学べるようにと作られたそうです。スマホからは楽しめ...
近年、“映え”目的のインスタグラマーやオールインクルーシブのパッケージツアーで参加する人が増えているそうです。
筋トレをするのと同じように、精神も鍛え続けるとタフになるもの。Mental Toughness Training Center (精神トレーニングセンター...
Reach Robotics社が製作したのは、ARを使ったゲーム「MekaMon」。カニのようなロボットを、スマホアプリから操作して、対戦を楽しむことがで...
「『科学によって証明された』と言われると、偏りのない事実のように感じられるけれど、実はそうではない側面がある」と語るのは、サイエンスジャーナリストのAnn...
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
「ドラクエ(ドラゴンクエスト)」は面白い。現実世界では味わえない刺激に満ちている。一方、人生はドラクエほど面白くはない。それどころか多くの人にとって人生は...
自分を磨きあげるために泊まりたい、と思ったホテルの紹介です。名前は「Equinox Hotels」。北米で約100店舗ほどジムを展開している企業「Equi...
オーストラリア・モナシュ大学が行った最新の調査で、脳内の特定の部位の密度によって、共感する力に違いがあったそうだ。科学誌「Science Direct」に...
このタペストリーは、2017年に北アイルランドの観光キャンペーンで製作されました。それぞれのエピソードで起きた出来事が再現されているので、最終章に合わせて...
アメリカで初任給の高い大学「ベスト50」が「Business Insider」で発表された。社会人一年生であるフレッシュマンが手にする破格の年収にも驚かさ...
アムステルダムから南へ電車で約1時間、ブレダーという街にその元刑務所を舞台とした「Prison Escape」があります。週末を中心に定期的に開催される脱...
eスポーツ界にIKEAが参入。世界に約20億人いると言われるゲーマーたちが快適なゲームライフを送れるよう、アメリカの3Dデザイン会社UNYQと協力して、専...
アメリカの玩具メーカー「Hasbro」からミレニアル世代向けのモノポリーが登場!ゲームの進行は、もちろん彼らが“共感”できる内容で溢れています。
「WikiWars」“スタートワード”が与えられて、Wikipediaのテキストリンクを何度も押して、“ゴールワード”にたどり着くまでのタイムを競います。