米海軍が進める、意外な「改革」が話題に!空母ジョージ・ワシントンが世界に先駆けて設置したものとは?

規模、装備、予算。アメリカ海軍と言えば、世界最大の海軍であり、その戦闘力は推して知るべし。だが、そんな強大な米海軍を長年悩ませてきた“天敵”がいる。それは、タバコの煙だ。

ここ数年で分煙が進むも、
喫煙エリアのあだ名は「煙の穴」

shutterstock_64270615

ちなみに、米海軍はなにもタバコや喫煙行為自体と敵対しているわけではない。むしろ、近年の欧米における禁煙活動を考えると、喫煙に対して寛容なスタンスをとってきた。ゆえに、空母などの艦内では、タバコの煙が問題化することもあったわけだ。
そもそも米海軍の主な仕事場となる艦内において、明確な喫煙エリアが設けられ、分煙が進んだのはここ数年のこと(それまではかなり自由だったようだ)。ただ、その喫煙エリアすらも、遮断された空間内では歓迎されていないのが現状だ。隊員の間では、喫煙エリアは“smoke pit(煙の穴)”と呼ばれ、揶揄されているとか・・・。

米海軍が出した答え
それは「水蒸気」!?

shutterstock_237371161そんな中、海軍は2014年に煙問題の改革に着手。数ヶ月にわたる調査&実験を経て、導きだした答えが「VAPOR(水蒸気)」だ。

日本では「VAPE」と呼ばれ、徐々に浸透しつつある電子タバコ。VAPEは煙や灰を出すことなく、VAPORを排出するだけ。加えて、火を使わず電気で加熱する仕組みのため、火の不始末の心配も要らない(これ、軍隊の中では大事なはず)。

かくして米海軍は、2014年11月「VAPE専用エリア」を空母ジョージ・ワシントン内に設置。まだ都市部でも少ない件のエリアを設けるという、なんとも先進的な試みとなった。

喫煙者排除や禁煙推進ではない
「第三の選択」が新しい

shutterstock_66070168

この英断に対する具体的な隊員からの評判などは、まだ報じられていない。が、欧米のみならず日本でも話題にのぼることが多い“タバコとの付き合い方”に一石を投じたことはたしか。

例えば、アメリカにおいては喫煙者を採用しないという企業があるなど、喫煙者排除の動きが活発だ。日本でも禁煙推進が進んでいるが、米海軍がとったのは、そのどちらでもない「第三の選択」。
喫煙者と非喫煙者を分断することなく、解決方法を見いだしたことに対して、タバコ関連の話題に関しては辛口の米メディアも概ね好意的な反応を見せているようだ。

VAPE&VAPORが新しいスタイルとして広がっていくなか、このような動きは、世界中で加速する可能性を秘めているのでは?

25歳のとき、アメリカンアパレル(American Apparel)の渋谷店を世界一の売り上げ(全250店舗)へと導いた人物だ。現在、デジタルPRとして活...
外出中に携帯電話の充電が切れて困ってしまう…という経験は、誰しも一度はしたことがあるのではないでしょうか。そんな問題を解消するべく、ワシントン大学は世界で...
アメリカ、ワシントンD.C.に設置されている自動販売機から出てくるのは、飲み物でもスナックでもありません。なんと、子ども向けの本です。子どもたちがたくさん...
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
「Butterfly iQ」は、iPhoneを超音波検査機に変えてくれるデバイス。だから、自宅でもガンなどの検査を行うことができるようになるそうです。
Appleの現CEO、ティム・クック。2009年にスティーブ・ジョブズにより後継者として指名された彼が、仕事をする上で大切にしていることは、「自分だけの信...
アメリカ・ワシントン州にひっそりと、「白雪姫の家」が建てられていたんです。Olallaという山と湖が綺麗な町で、格安の約8,700万円。森も水車も含めてこ...
桜が綺麗な国は決して日本だけではありません。そのことはもはや、多くの人が知っているはず。特にワシントンD.C.のそれは、日本から贈られたものとして有名。今...
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
「お米」と一括りに言っても、ブランドや銘柄ごとに食感や味が大きく違う。日本人として、銘柄米の特徴はしっかりおさえたい!
いま、ガン治療の特効薬になる可能性を秘め、世界が注目している遺伝子がある。この遺伝子を最も多く持つのがゾウ。人間も含む動物のなかでも、「ゾウだけはほとんど...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.44
大好きなものを、大好きな人と一緒に食べることが、じつは一番の健康法なのかもしれません。米・ワシントン州に、それを体現しているかのような可愛らしい夫婦がいま...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
インスタントラーメンが、アメリカの刑務所内でタバコに取って代わる“通貨”となった。「The Guardian」が報じたこのニュース、クライム映画やドラマに...
近年、シアトルでは街中や郊外にワイナリーが増加中。そのきわめつけが、都心部から車で30分の場所にあるワイン村・Woodinville(ウィッディンビル)。...
電車内のマナーを見直すように呼びかけるために「ラップ」を披露した、サンフランシスコとロサンゼルスの交通機関の公式Twitterアカウント。これがアメリカの...
2014年5月19日、当時国連の特別報告官を務めていたオリビエ・デシューター氏が、世界保健機関(WHO)の首脳会談で「不健康な食品はタバコよりも深刻な問題...