「車いすの男」が、300マイルの過酷なトレイルライドに旅立ったワケ

8月13日、アメリカに住むひとりの男性が、300マイル(約480km)の旅に出る決意をした。ちなみに彼は、首から下が動かない四肢麻痺の障がいを抱えていて、電動の車いすを使っている。

にも関わらず、彼が選んだルートはきれいな舗装路などではなく、トレイルや自転車道。つまりハイカーや自転車のアクティビティに使用される道だ。なぜ彼は、そのような過酷な旅にこだわったのか。

自転車好きの26歳に起きた
突然のクラッシュ

彼の名前は、Ian Mackey(イアン・マッケイ)。隣の女性は、彼の生活から今回のプロジェクトまで支える母親のティーナだ。

そんな彼に悲劇が襲ったのは2008年、26歳の時だったそう。当時UCSC(カリフォルニア大学サンタクルーズ校)に通っていた彼の楽しみのひとつは、キャンパスのある丘に自転車で通い、放課後に“クール”な自転車道を下ってくることだった。

その日もいつもように気持ちよく風を浴びながら走っていたら、突然の砂で予想外のスライド、完全にコントロールを失ってしまい、頭から木に激突したのだ。唯一の救いは、ヘルメットをしていて命が助かったこと。その代償に、脊髄損傷で四肢麻痺と診断された。

「それでもアウトドアが
好きだった」

もちろん、絶望に打ちひしがれないわけがない。人工呼吸器なしでは生きていくことさえままならず、最初の数年は地獄のような毎日が続いた。

しかし、愛する家族とリハビリを続けるなかで、徐々に自分に起きたことを受け入れ、呼吸法や車いすの使い方(口元のストローのようなデバイスで信号を送る)を学び、同じ障がいを持つ仲間にも出会い、また2年ほど前から大好きな「アウトドア」への情熱が再燃したのだ。

もっとアクセスしやすい
トレイルや自転車道を

学生時代、植物学や生物学を専攻していたイアンは、自らを「サイクリストであり、バードウォッチャーでもあるんだ」と語るほど、自然への想いを強く持っていた。

そして「今の自分にできることはなにか」と考えた結果、彼は300マイル10日間のトレイルライドに出ることにしたのだ。「Rolling across Washington」と名付けられたこのプロジェクトは、アクセスしやすいトレイルや自転車道の保善を提唱していて、この活動にはワシントン州のサイクリングコミュニティも協力。情報を集めたりMAPをデータとしてまとめるなど、大きな一歩につながっているそう。

彼は、MashableAsiaのインタビューにこう答える。

「私たちはみんな一緒です。サイクリストも、ベビーカーを持った母親も、ジョギングをする人も。そこにトレイルがあるのなら、全員のためにあるべきなのです」

幸運にも、彼の住むワシントン州は車いすでアクセスできるトレイルが多いようだが、「同じ障がいを持つ、各地の仲間にとっても大事なことなんだ」と。

彼の挑戦や旅の記録は、こちらで更新されている。

Licensed material used with permission by Ian’s Ride
Reference:MashableAsia
ダンサー兼振付師として活躍するMarisa Hamamotoさん。誰でもダンスを楽しめるという考えのもと、車いすダンスの魅力を伝えようと、新しい取り組みを...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
健常者と車いすのダンサーがペアを組んで踊る社交ダンス。パラリンピックの正式種目になるほどの人気スポーツだという。ヨーロッパで広く普及し、日本も競技人口が少...
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
誰もが「欲しい!」と思うかというと、きっとそうじゃない。でも、これまでになかったタイヤの開発に、相当な熱意を持って取り組んでいることは確かです。
やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。
Mike Minnickは、旅に出ようと思った。それも、ただの旅じゃない。電動自転車での走行距離で、世界記録を樹立する旅だ。その距離、実に5,000マイル...
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
佐々木俊尚さんのインタビューは、前編・後編の2部構成です。前編の本記事では、佐々木俊尚さんの旅の経験や今の日本のマインドについてのお話を掲載します。 いま...
11月19日の午後2時。「GO!」の合図と共に、米ニューヨークのハドソン・ヤードからサイクリストたちが一斉に走り出しました。向かう先はスーパーマーケット。...