古いBMXに壊れやすい「プラスチック製のサドル」が搭載されている理由

1970年代のアメリカでダート(未舗装路)を走るために誕生した BMX(バイシクルモトクロス)。

タフな金属製のフレームに見るからに頑丈そうな太いタイヤをはいたBMXですが、オールドBMXと呼ばれる古い車両の多くには、決して丈夫とはいえないプラスチック製のサドルが採用されています。

ママチャリやロードレース用の自転車にはない、車両の剛性を高めるためのパーツ(ハンドルのくぼみに渡された「クロスバー」など)まで装備しているにも関わらず、サドルに使っているのは、柔らかく、壊れやすいプラスチック素材......。そこには、BMXという競技ならではの、こんな深い(?)理由があったんです──。

まず、BMXが競技用の車両であったことを考えると、パーツの軽量化は理由のひとつです。そもそもがコースタイムを競うスピードレースだったBMXは、車体をいかに軽量化できるかは、たしかに重要でした。

しかし、現在主流となっている、ウレタンにビニールシートを張ったものとプラスチック製のサドルの重量差など、ごくわずかでしかありません。

では、なぜオールドBMXにはプラスチック製のサドルが搭載されているのでしょうか?

破損しやすく、滑りやすいプラスチック製のサドルを採用している本当の理由、それは──「サドルに座らないから」(笑)

BMXの選手は競技中にサドルに腰掛けることは、まずありません。

連続するアップダウンとコーナーを全速力で走る体勢は、つねに“立ち漕ぎ”。悠長にサドルに腰掛けてペダルを漕ぐことなどありません。

そんな使われることのないパーツにコストをかける必要はなく、BMXのサドルは安価なプレスチック素材のものが採用されるようになったのでした。

深いようで、それほど深くない、古いBMXにプラスチック製サドルが使われている理由ですが、現在、BMXをファッションアイテムとして愛用している人たちにとってはプラスチックのレトロでチープな雰囲気「かわいい」と大人気なんです。

※上記、諸説あり。

Top image: © 2019 TABI LABO

関連する記事

2020年の東京オリンピック・パラリンピックが近づき、ますます注目度を上げている「BMX」。そんなBMXのブレーキレバーにまつわる疑問にお答えします。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの追加種目に選ばれた「BMX」の「小さなタイヤ」の謎に迫ります。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催が近づき注目度が高まる「BMX」。その車両に装備された特殊なパーツの正体とは?
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに採用が決定したBMX。その車両のブレーキがママチャリとは反対の「右が後輪、左が前輪」の理由とは?
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
SF映画の金字塔「E.T.」の有名なシーンに、日本メーカー「KUWAHARA(クワハラ)」の自転車が起用された理由!
鏡が張り巡らされ万華鏡となった入り口を通ると、そこには昔懐かしのテレビゲームのような世界が広がっていた。このステージの攻略に挑戦したBMXライダーはクリス...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...