古いBMXに壊れやすい「プラスチック製のサドル」が搭載されている理由

1970年代のアメリカでダート(未舗装路)を走るために誕生した BMX(バイシクルモトクロス)。

タフな金属製のフレームに見るからに頑丈そうな太いタイヤをはいたBMXですが、オールドBMXと呼ばれる古い車両の多くには、決して丈夫とはいえないプラスチック製のサドルが採用されています。

ママチャリやロードレース用の自転車にはない、車両の剛性を高めるためのパーツ(ハンドルのくぼみに渡された「クロスバー」など)まで装備しているにも関わらず、サドルに使っているのは、柔らかく、壊れやすいプラスチック素材......。そこには、BMXという競技ならではの、こんな深い(?)理由があったんです──。

まず、BMXが競技用の車両であったことを考えると、パーツの軽量化は理由のひとつです。そもそもがコースタイムを競うスピードレースだったBMXは、車体をいかに軽量化できるかは、たしかに重要でした。

しかし、現在主流となっている、ウレタンにビニールシートを張ったものとプラスチック製のサドルの重量差など、ごくわずかでしかありません。

では、なぜオールドBMXにはプラスチック製のサドルが搭載されているのでしょうか?

破損しやすく、滑りやすいプラスチック製のサドルを採用している本当の理由、それは──「サドルに座らないから」(笑)

BMXの選手は競技中にサドルに腰掛けることは、まずありません。

連続するアップダウンとコーナーを全速力で走る体勢は、つねに“立ち漕ぎ”。悠長にサドルに腰掛けてペダルを漕ぐことなどありません。

そんな使われることのないパーツにコストをかける必要はなく、BMXのサドルは安価なプレスチック素材のものが採用されるようになったのでした。

深いようで、それほど深くない、古いBMXにプラスチック製サドルが使われている理由ですが、現在、BMXをファッションアイテムとして愛用している人たちにとってはプラスチックのレトロでチープな雰囲気「かわいい」と大人気なんです。

※上記、諸説あり。

Top image: © 2019 TABI LABO
2020年の東京オリンピック・パラリンピックが近づき、ますます注目度を上げている「BMX」。そんなBMXのブレーキレバーにまつわる疑問にお答えします。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに採用が決定したBMX。その車両のブレーキがママチャリとは反対の「右が後輪、左が前輪」の理由とは?
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催が近づき注目度が高まる「BMX」。その車両に装備された特殊なパーツの正体とは?
誰もがきっと一着はもっている「グレーのスウェット」の色味に隠された秘密とは?!
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの追加種目に選ばれた「BMX」の「小さなタイヤ」の謎に迫ります。
アメカジファッションの定番アイテム「スウェット」の「首元のV字」に隠された意味とは......!?
アメカジファンに人気の「ウエスタンシャツ」のパーツに隠された秘密って?
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
オフロードレースで選手がかぶっているヘルメットの「ひさし」の役目は「日除け」ではない?!
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
アメカジの定番アイテム「ペインターパンツ」の謎を解き明かす!
カジュアルアイテムの大定番・ジーンズが「青い理由」について迫ります
単純に、「すごい」ってなるはず。
SF映画の金字塔「E.T.」の有名なシーンに、日本メーカー「KUWAHARA(クワハラ)」の自転車が起用された理由!
長い歴史をもつ「ジーンズ」の「ベルトループ」にこんな秘話が?
「Speedo」×「MISTERGENTLEMAN」の水陸両用ショーツ「WATER SHORTS」です。
個人的にはニッチすぎるシーンを想定したアイテムは大好物。忘れやすい人は重宝すると思うんだけどな〜。
「Short pants every day」の水陸両用ショーツ「TENT」です。
東京生まれの東京育ち。1998年生まれの20歳。
鏡が張り巡らされ万華鏡となった入り口を通ると、そこには昔懐かしのテレビゲームのような世界が広がっていた。このステージの攻略に挑戦したBMXライダーはクリス...
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
ミシガン州ポンティアックにあるシルバードームは、2002年までNFLのチーム、デトロイト・ライオンズのホームだった。様々なイベントが開催され、かつては毎週...
ブルックリンのクリエイター集団がデザインしたサドル「SEATY LOCK(シーティーロック)」は、サドルが強固なロックを兼ねるという画期的なアイデアを実現...
Christina Ramirezさんが立ち上げた「PLUS ULTRA」は、竹から作られた歯ブラシを販売しています。
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
2018年7月1日を境に、シアトルのレストランでは、プラスチック製ストローなどの提供が禁じられるそう。これに先駆け、「Strawless in Seatt...
〈LA COMPAGNIE BMC〉のカラフェは、プラスチックだからこそのカラーリングやカタチが楽しめます。70年代、フランスの学校などで使用されていたモ...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...