VRを使って、部屋から一歩も出ずに「イギリス縦断」の自転車旅をする男

いま、アーロン・プジーという男性が、自転車でイギリス縦断の旅をしています。

彼は2016年5月8日にスコットランドの最北端、ランズエンド岬をスタートして、8月22日までに約750km、イギリスの約半分を走破しました。

自転車で3ヶ月以上かかって750kmしか進んでいないのは、ちょっとゆっくりすぎますよね。でもじつは彼、1日30分だけしか自転車を漕いでいないのです。しかも乗らない日さえあるのだとか。

そうです、
彼は部屋から一歩も
出ていません。

5a41fc809a143ac5686231656918e8fde3e52e15

なんと彼は、ヘッドマウントディスプレイを使い、バーチャルリアリティを旅しているのです。

Googleストリートビュー
×
VR

アーロンは何年もの間、毎日30分エアロバイクでトレーニングを続けてきましたが、ついに飽きてしまったそうです。ところがある日「VRを使えば、もっと楽しくトレーニングができるはず!」と思いつきました。

彼はGoogleストリートビューの3Dデータをダウンロードし、自ら開発したアプリを使って、そのデータをVRヘッドセットで見られるようにしました。そしてエアロバイクの車輪の回転数をブルートゥースでVRに送信し、世界を自転車で旅できるようにしたのです。彼いわく、「そのアプリの開発にとても多くの時間を費やした」のだとか。

また、ストリートビューのデータの問題点は、その「奥行き」にありました。平面を並べて構成されているので、建物は非常によく表現されていますが、木や生垣のようなものは潰れて見えてしまうことも…。それでも彼は、この世界が好きだと言います。

忙しい人や
外出できない人への可能性

「このイギリス縦断の旅はあと50日ほどで終了する予定です。いま私は、このプロジェクトを商品化するためのパートナーを探しています。また、イギリスの旅が終わったら、一度日本も旅してみたいですね!」

仕事が忙しくて休日が取れない人、怪我や病気で外出ができない人も、仮想現実のなかで、世界中を旅することができるかもしれないーー。アーロンの趣味から始まったプロジェクトは、そんな可能性を感じさせてくれます。

Licensed material used with permission by CYCLE VR
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
ケンタッキーフライドチキンが「従業員限定」として公開した動画は、ケンタッキーのフライドチキン作りをマスターするまで、外に出られないという驚きの脱出ゲームV...
「ナ、ナンダ!」「スゲェ、予想をはるかに超えてる!」これは、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットを装着して、ポルノを見た人たちの反応。VRとは仮想現実...
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)で、誰もがリアルでは体験不可能なことを、10年後は簡単に実感できるようになるかもしれません。例えば、Oculus VR社...
ユニークな福利厚生の紹介です。
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
VRゴーグルをつけただけでしょ、なんて個人的に考えていたけど、その予想を超えたテクノロジーが採用されているようす。
あのGoogle EarthがついにVRに対応。その親和性の高さは、言わずもがな。世界の絶景を、よりリアルに楽しめるようになりました。こちらが、同サービス...
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
中身を覆っているフィルム部分は水に溶けるようになっていて、ゴミは出ないし持ち運びに便利なシャンプー。
ダークツーリズムの筆頭であるチェルノブイリ。しかし、私たち日本人がこの場所を訪れるには、ややハードルが高い印象がある。それならば、この『Chernobyl...
オーストラリア在住のAlexさんは、パートナーの故郷でもある南アフリカの景色をVRで再現しました。そして、たくさんの彼女の思い出の詰まった場所でプロポーズ...
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
自宅にいながら世界のどこかを旅したり、物語の主人公になってゲームの中に登場する。現実ではない別の環境を人工的につくり出すその「没入感」において、ヴァーチャ...
いっときのサードウェーブ系コーヒーショップのように、いまだに長い行列をつくる台湾茶スタンド。お目当はもちろんタピオカ入りミルクティーなんでしょうけど……。
いま、神戸市在住の“とあるサラリーマン”が大きな注目を集めています。大島義史さん、31歳。実は彼、2015年12月末から2016年1月中旬にかけて、かねて...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
Angela Buckinghamさんは。仮想領域における行動が、現実世界の領域に流出する危険性は大いにある。さらに、どれほど影響を及ぼすのか正確な予測が...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
2016年は「VR元年」とも呼ばれ、一般家庭でも楽しめるようになったり、様々なイベントも開催されるなど、と一気に話題も増えました。現在のVRは視覚が中心で...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
Mike Minnickは、旅に出ようと思った。それも、ただの旅じゃない。電動自転車での走行距離で、世界記録を樹立する旅だ。その距離、実に5,000マイル...