世界中の結婚式に参加できるサービス「JoinMyWedding.com」が楽しそう

日本で行われる結婚式は、和式・欧米式が一般的という印象があります。しかし、装いだけでなく催しの内容まで見ると、地域によっても個性はバラバラ。

それが海外ともなれば尚更でしょうけれど、外国の式に参列する機会ってなかなかないかも。「JoinMyWedding.com」は、結婚式のチケットが売り買いできるサービスで、海外の結婚式を体験できるとあり、話題になっています。

海外の結婚式って、
どうなってるんだろう。

Fb24c3bac035ace7b1cdd01f4c5008382cce0b53

このサイトでは、ゲストを招く側がクラウドファンディングできるようになっており、チケットの収益もその一部となります。

インドでスタートしたばかりのサービスなので、選べる国はそこまで多様ではありませんが、インドのほか、ロシア、ハンガリー、トルコなどの式もチラホラ投稿されており、今後各国のユーザーが増えると考えると面白くなるかも。

身近に思える欧米の式でも、未だ広く知られていない遊びがあるもの。たとえば「ガータートス」は、新婦のウェディングドレスに新郎が潜り込み、ガーターを口で取り外して、未婚の男性に向かって投げちゃうというセクシーな遊び。決して日本で知名度が高いとは言えませんが、知る人ぞ知るすごい風習です。

冠婚葬祭には、その土地ならではのカルチャーがぎゅぎゅっと詰まっているのではないでしょうか。

その国の文化を知れる、
これ以上ないチャンス!

Ab2811218729433bf6941dc1f9b57e16c331f4c5

インド南西部にある小さな村の結婚式では、スピーカーから爆音で音楽を流し、新郎新婦が馬に乗ってパレード。飲んで歌ってどんちゃん騒ぎしていた記憶があります。

広場に集まり、スパイシーなカレーを食べて汗だくになったあと、あま〜いスイーツを食べて口直し。大人も子どもも一緒になって村中大騒ぎになっていたのが印象的。

ちなみに、先に紹介したサービスの開発者は、友人から聞いたインドの結婚式の話がきっかけで開発を始めたそう。およそ4日間ほどパーティー三昧だったとか。

たとえ観光したことのある国でも、予想がつかないシーンに出会える可能性は大!フラッと立ち寄った国で、誰かの結婚を祝いながらその国の文化に触れられるなんて、とても貴重な体験になりそうですよね。

Licensed material used with permission by JoinMyWedding
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
旅において、どこにお金をかけるかは人それぞれ。LCCを使う代わりに豪華な食事を楽しむ、あるいは食事はコンビニでもいいけれど、ショッピングは豪快に、などなど...
『キャドバリー』の「デイリーミルク」。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
子どもの頃なりたかった仕事や、見事な職人技を見て「やってみたい!」と思ったり、ある職業に就きたいと本気で思っているけれど、どうしたらいいかわからないーー。...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
「結婚」この言葉。あなたは幸せに感じる?それとも重く感じる?もしも、結婚したあとに「こんなはずじゃなかった……」と、思っちゃたら、一生後悔し続けるかも。「...
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
海外に行きたいけどお金がないって、多くの人がぶち当たる問題だと思います。どういう旅にしたいか、にもよりますが、何か人生を大きく変えるための手段として、お金...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
乳がんを患い、人生だけじゃなく夢にまでみた愛する人との「結婚」まで危うくなったHeatherさん。しかし彼女は最後まで諦めませんでした。周囲の助けもあり、...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
〈FREITAG〉の新作「ZIPPELIN」は、意外にも初の海外旅行向けのバッグ。言うまでもなく、トラックの幌をリユースしているのですべて1点物です。
60年前に挙げた結婚式、思い出せるような写真が一枚も残っていなかった老夫婦がいました。その後、9人の子ども、16人の孫、そして4人のひ孫に囲まれて幸せな時...