【2018年】ドバイにアマゾン付き5つ星ホテルが誕生予定

現在、世界でもっとも高いビルといえば、ドバイのブルジュ・ハリファ(828m)。この数字だけでも相当なインパクトだというのに、さらに約3倍となる2,400mの「ドバイ・シティ・タワー」を建設する計画があるらしい。

次から次へと登場するプロジェクトは、そのどれもが桁違いの規模。もはや今後どのような構想がなされようと、もう驚くことはない…と思っていたら、さすがにこれにはヤラレマシタ。

まるで、木々に囲まれた
「秘境のオアシス」

047df0797fb47f6ca29d65b3ac64b94276d4357c

ここは、2018年にオープン予定の「Rosemont Five Star Hotel & Residences」。世界初となる「熱帯雨林付きホテル」となるようだ。

221d44950fc2688de625e96a0b6477dc3e9bbef8

そのビジュアルは、木々に囲まれた秘境の中のオアシス。

133dcd9a00e9202a814016efc742c75b1e15bb6d

上から水が流れるこのエリアは子どもたち向けだろうか。

1b0b04115e8e90f88e2dbb4f78da36cbe87e404c

エントランスロビーの天井には、さまざまな映像を映し出す液晶パネル。

486ceb2c3c2822b339ea88acd59730b137bf88180fc5ae1067646de942a396583aa200d496c8d872

果たして一泊いくらなのだろう?と考えたところで、自分にはきっと縁がないのでもうやめよう。単純に、見て、驚いて、ほんのちょっとだけ憧れを抱いておく。

実際に宿泊せずとも、イメージ画像を見ているだけで十分に楽しめる。さすがはドバイの5つ星ホテルだ。

Licensed material used with permission by ZAS Architects and Kieferle&Partner in JV, Plompmozes
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
街中に忽然と現れる、巨大な白い布。よく見ると、すべてハンモックになっています。これは、ドバイのとあるエリアで見られる光景。この街が抱える問題を解決するため...
ランボルギーニやフェラーリのパトカーが有名なドバイ警察ですが、今度はホバーバイクで出動です。
こんな退屈な場所で、よく長年過ごせるなぁ……と思ったりするけれど、もはや生まれ故郷がゆえに、彼らは退屈だなんて言ったりしない。それを超えた安定という境地に...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
いっときのサードウェーブ系コーヒーショップのように、いまだに長い行列をつくる台湾茶スタンド。お目当はもちろんタピオカ入りミルクティーなんでしょうけど……。
「Airlander 10」は最大5日間も空を飛び回れる航空機です。
『流星電波観測プロジェクト』によると、あまり条件は整っていないけれど、5月6日17時に、みずがめ座η流星群が極大を迎えます。
今から紹介するホテルを誰よりも一番オススメしたいのは、現実逃避したい人。現実からの逃亡先にぴったりなんです。それは、ノルウェーの北極圏の島Fleinvae...
僕が、キューバを訪れたのは2005年。今でも心に強く残っているのは、クラシックカー、シガー、サルサ、モヒート、哀愁を帯びた人々、そして、時が止まったような...
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
海外ツアーの添乗員として働いていた頃は、お客様と一緒に高級ホテルに泊まる機会も多かった。主な顧客がシニア層だったこともあり、ツアーではだいたい4ツ星か5ツ...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
一人で行くならあまりこだわらないけれど、ふたりで行くなら宿泊先は重要。スウェーデン北部のJukkasjärviにある「ICEHOTEL」は、そのすべてが雪...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
「星のや竹富島」に泊まってみて、実際に感じたことを書いていく。
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあったこれまでの旅の記憶をひっぱり出して、様々な...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
ヒューストンに拠点を置くスタートアップOrion Spanは、2022年に宇宙ホテル「Aurora Station」を開業予定です。
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...