海外行ったら絶対オススメ!安藤美冬が選ぶ「世界のホテルBEST 5」

学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあったこれまでの旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「世界の●●ランキング BEST 5」をお送りします! 今回は、「世界のホテル BEST 5」です。

第五位 ホテル・デュ・プチ・ムーラン (フランス・パリ)

東京の代官山のような雰囲気を漂わせる、パリのマレ地区。石畳を歩きながら、軒先の小さなカフェやセレクトショップをのぞいているだけで気分はパリジャン。オランダ留学時代から何度も足を運んでいるパリの中でも、一番のお気に入りエリアです。 こちらのホテルは、客室わずか17室というレトロなプチホテル(4ツ星)。クリスチャン・ラクロワがインテリアを手がけているだけあって、華美で洗練された内装はさすが。1階にあるベーカリーは朝食に◎です。

official HP

第四位 ヘリタンス・カンダラマ (スリランカ・キャンディ)

安藤史上、アジアナンバーワンホテル! 有名建築家ジェフリー・バワによるホテルゆえ、雑誌にもよく登場する「ヘリタンス・カンダラマ」。紅茶の名産地であるキャンディ地区の中心からさらに車を走らせた、まるでジャングルのような場所に位置しています。全長約1kmという巨大な建築物が、周囲の樹々や岩と溶け合う姿は見事です。世界遺産シーギリヤロックが拝めるプール側からの景色が特に素晴らしく、ホテルにあるカフェでは何時間でも過ごせます。

official HP

第三位 ロイドホテル (オランダ・アムステルダム)

2012年3月、テレビの収録を終えて、バックパックを担いだその足で飛行機に乗って向かったヨーロッパ。周遊した中でもアムステルダムでこだわったのは「デザインホテル」でした。 建築家集団MVRDVがインテリアデザインを手がけたロイドホテルは、戦時中はユダヤ人収容所としても使われたことのある建造物。特筆すべきポイントは、客室が「1ツ星」から「5ツ星」まであること(私は「4ツ星」を)。何度でも泊まりたくなる仕掛けがつまったホテルです。

official HP

第二位 ワイスホテル (アメリカ・ブルックリン)

「いま、ブルックリンが熱い!」とメディアが湧いた2013年。その熱狂の中心人物が、ウィリアムズバーグ地区で人気レストランやショップを経営するアンドリュー・ターロウ。古い工場を改装した「ワイスホテル」は、彼が初めて手がけるホテルとして日本でも話題でした。 「ワイスホテルなう!」とつぶやきたい私はすかさず予約を入れ、2013年12月に3泊。ルーフトップバーからの眺めはもちろん、備え付けのペンやノート、ルームキーなどデザインがいちいち素敵。ホテルのフロントのみで購入できるワイスホテルオリジナルのトートバッグ(20ドル)は、NY土産としてとても喜ばれること間違いなしです。

official HP

第一位 エンチャントメント (アメリカ・セドナ)

ネイティブ・アメリカンの聖地であり、パワースポットとして知られるセドナは、「(訪れる人は)人生が変わる」とまで噂される特別な場所です。独立してまだ間もない2011年4月、とある仕事で女性4人組で訪れた際、印象深い「事件」が何度も起きました。体調不良、仲違い、夜毎の悪夢……極めつけは、4月にも関わらず見舞われた大雪で、セドナがたった1日で雪景色に! 世界有数の高級スパも併設しているホテル「エンチャントメント」は、悪天候の中、やっとの思いでたどり着いたというシチュエーションと、セドナの山奥にある神秘性も相まって、一生涯忘れられない滞在となりました。帰国後、仕事を含めて人生が色々と動き出したのは、もしかすると「人生が変わるセドナの力」だったのかもしれません・・・。

official HP

学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
ベルサイユ宮殿は、ユネスコ世界文化遺産にも登録されている世界的に有名観光地。ですが、一部がホテルとレストランになると宮殿から発表がありました。下の写真を見...
滞在先に到着したら、街の美味しいお店で食事をするのが醍醐味の一つかもしれません。でも、最初から美味しい料理が楽しめるホテルを予約するのもアリ!ここでは「T...
学生時代からこれまで52カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
一人で行くならあまりこだわらないけれど、ふたりで行くなら宿泊先は重要。スウェーデン北部のJukkasjärviにある「ICEHOTEL」は、そのすべてが雪...
ミシュランガイドに載るほど外国人人気が高いという島根の世界遺産・石見銀山。今年で世界遺産登録10周年を迎え、日本の産業を支えた重要な世界遺産でありながら、...
海外ツアーの添乗員として働いていた頃は、お客様と一緒に高級ホテルに泊まる機会も多かった。主な顧客がシニア層だったこともあり、ツアーではだいたい4ツ星か5ツ...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
僕が、キューバを訪れたのは2005年。今でも心に強く残っているのは、クラシックカー、シガー、サルサ、モヒート、哀愁を帯びた人々、そして、時が止まったような...
ホテルになるべくして造られた新築の建物の中にも、あなたのお気に入りはあるはず。でも、もともと異なる目的で使われていた既存の建物を、ホテルとして生まれ変わら...
次にいきたい旅行先はどこですか?もし決めかねているならば、エチオピアがオススメです。「Quartz」によると、エチオピアが世界で最もいきたい場所に選ばれた...
フロントで出迎えてくれるのは、1人の女性と2匹の恐竜。なるほど、もう既にヘンだ。しかも、唯一“まとも”だと思っていた女性も、実はロボットというオチ──。こ...
ジュエリーブランドHASUNA創業者の白木夏子さんと、ノマドワーカーの先駆けである安藤美冬さん。「旅をしながら仕事をしている」という共通点を持つ2人は、プ...
30万人の読者に支持されるアメリカの旅行雑誌『コンデナスト・トラベラー』。業界内でのその権威は絶大で、毎年発表される世界のホテルランキングでひとたび上位に...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
キラキラの最新ホテルはもちろん大好きだけれど、独特な個性を放つ、ユニークな歴史を歩んできたホテルの魅力はまたとっておき。長い歴史の中で、様々な物語の舞台と...