海外行ったら絶対オススメ!安藤美冬が選ぶ「世界のホテルBEST 5」

学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあったこれまでの旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「世界の●●ランキング BEST 5」をお送りします! 今回は、「世界のホテル BEST 5」です。

第五位 ホテル・デュ・プチ・ムーラン (フランス・パリ)

東京の代官山のような雰囲気を漂わせる、パリのマレ地区。石畳を歩きながら、軒先の小さなカフェやセレクトショップをのぞいているだけで気分はパリジャン。オランダ留学時代から何度も足を運んでいるパリの中でも、一番のお気に入りエリアです。 こちらのホテルは、客室わずか17室というレトロなプチホテル(4ツ星)。クリスチャン・ラクロワがインテリアを手がけているだけあって、華美で洗練された内装はさすが。1階にあるベーカリーは朝食に◎です。

official HP

第四位 ヘリタンス・カンダラマ (スリランカ・キャンディ)

安藤史上、アジアナンバーワンホテル! 有名建築家ジェフリー・バワによるホテルゆえ、雑誌にもよく登場する「ヘリタンス・カンダラマ」。紅茶の名産地であるキャンディ地区の中心からさらに車を走らせた、まるでジャングルのような場所に位置しています。全長約1kmという巨大な建築物が、周囲の樹々や岩と溶け合う姿は見事です。世界遺産シーギリヤロックが拝めるプール側からの景色が特に素晴らしく、ホテルにあるカフェでは何時間でも過ごせます。

official HP

第三位 ロイドホテル (オランダ・アムステルダム)

2012年3月、テレビの収録を終えて、バックパックを担いだその足で飛行機に乗って向かったヨーロッパ。周遊した中でもアムステルダムでこだわったのは「デザインホテル」でした。 建築家集団MVRDVがインテリアデザインを手がけたロイドホテルは、戦時中はユダヤ人収容所としても使われたことのある建造物。特筆すべきポイントは、客室が「1ツ星」から「5ツ星」まであること(私は「4ツ星」を)。何度でも泊まりたくなる仕掛けがつまったホテルです。

official HP

第二位 ワイスホテル (アメリカ・ブルックリン)

「いま、ブルックリンが熱い!」とメディアが湧いた2013年。その熱狂の中心人物が、ウィリアムズバーグ地区で人気レストランやショップを経営するアンドリュー・ターロウ。古い工場を改装した「ワイスホテル」は、彼が初めて手がけるホテルとして日本でも話題でした。 「ワイスホテルなう!」とつぶやきたい私はすかさず予約を入れ、2013年12月に3泊。ルーフトップバーからの眺めはもちろん、備え付けのペンやノート、ルームキーなどデザインがいちいち素敵。ホテルのフロントのみで購入できるワイスホテルオリジナルのトートバッグ(20ドル)は、NY土産としてとても喜ばれること間違いなしです。

official HP

第一位 エンチャントメント (アメリカ・セドナ)

ネイティブ・アメリカンの聖地であり、パワースポットとして知られるセドナは、「(訪れる人は)人生が変わる」とまで噂される特別な場所です。独立してまだ間もない2011年4月、とある仕事で女性4人組で訪れた際、印象深い「事件」が何度も起きました。体調不良、仲違い、夜毎の悪夢……極めつけは、4月にも関わらず見舞われた大雪で、セドナがたった1日で雪景色に! 世界有数の高級スパも併設しているホテル「エンチャントメント」は、悪天候の中、やっとの思いでたどり着いたというシチュエーションと、セドナの山奥にある神秘性も相まって、一生涯忘れられない滞在となりました。帰国後、仕事を含めて人生が色々と動き出したのは、もしかすると「人生が変わるセドナの力」だったのかもしれません・・・。

official HP

今はまだ行けないけれど、また海外旅行へ気軽に行けるようになったら、いつかは泊まりたい「世界の憧れホテル」をまとめてみました。ホテルを軸に、旅する国や旅行プ...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
カフェの屋根裏からジャングルまで。妄想力をフル活用して、いつか泊まりたい世界のホテルを紹介します。
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
作家/ジャーナリストの佐々木俊尚が「昆虫食の聖地」として話題の東京・日本橋にオープンした昆虫食専門レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」で「最先...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
ポルトガル・リスボンにある4ツ星ホテル「Inspira Santa Marta Hotel」。ここはサステイナブルな観光をする上で世界的に有名。2018年...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
人との交流や旅行が憚れるようになり、「#StayHotel」がムーブメントに。Go To トラベルキャンペーンを使ってお得にホテルに泊まり、非日常体験をす...
2020年12月29日、中国のIT企業に勤めていた23歳の女性が急死しました。毎日のように続いていた長い残業のせいで。この不幸なニュースは一気に同国で話題...
ポーランド有数の観光スポット、ヴィエリチカ岩塩坑。世界遺産ということもあり世界中から多くの人々が訪れるこの場所には、坑夫が採掘道具で彫ったという多数の塩の...
東京から2時間以内。2-3日で非日常を過ごせる箱根、軽井沢、湘南、立川、埼玉のこだわりホテルを紹介。2020年にオープンした大注目のホテル5選
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
ベルサイユ宮殿は、ユネスコ世界文化遺産にも登録されている世界的に有名観光地。ですが、一部がホテルとレストランになると宮殿から発表がありました。下の写真を見...
「STANLEY」が「WIND AND SEA」とコラボレーション。
およそ2000年前、ヴェスピオス火山の噴火で灰に埋もれてしまった南イタリア・ポンペイのとある遺跡。その遺跡は2019年に一部が掘り起こされ、約2年かけて全...
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
京都の「MOGANA」は、“日本の食事”を味わえるモダンホテル。2018年12月のオープン以来、食の宝庫と呼ばれる淡路島から食材を取り寄せ、こだわりの朝ご...
10月より東京も対象となったことでさらなる注目を集めているGo To トラベルキャンペーン。この記事ではGo To トラベルキャンペーンを使っていける京都...
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...