「自分に正直に生きると道が開ける」ということを、インドの旅人が教えてくれた。

「旅に行きたい」とぼやいているけど、ついつい言い訳ばかりしていない?

仕事で重要な案件を抱えているから。バイトを休むと代わりがいないから。挙げたらきりがないくらい。

でも本当は今にでも出発したい…。

そんな中途半端な気持ちを一掃してくれそうなインドのバックパッカーがいます。2014年、できるだけお金をかけずに始めたAakash Ranisonさん(21歳)の旅は、形を変えながら今も続いている。

自転車で約20,000km

Ranisonさんは、主にサイクリング・ヒッチハイク・ウォーキングで旅をしている。デリーやムンバイなど、多くの場所に自転車で行き、走行距離はなんと約20,000km。

ヒッチハイクでは、インドの北から南まで50,000km以上、80を超える街々へ行った。また車がつかまらない時は、早朝や夜遅い時間帯に何時間も道路を歩き、歩行距離は5,000km以上にもなったという。

ムンバイからゴアへ行く途中の風景。

自然と周りの環境が
変わってきた

「旅を続けることによって、多くの人たちが僕に連絡してくれて、多数の会社がスポンサーとして名乗り出てくれるようになったんだ

旅をするにしても、もちろん使えるお金があるのとないのとでは、やはり全然違うだろう。しかし、Ranisonさんは今でも初心を忘れてはいないという。

「コストをカットしたり、抑えたりすることを心がけているよ。なぜかって?そうすることで、予期しない冒険ができるからね

インドールからチェンナイまでの道中、立ち寄った海で。

仕事を夢にするのではなく
夢の中から仕事を作る

Ranisonさんが、旅の途中で出会った人たちに「夢はなんですか?」と聞くと、エンジニアなど、職業に当てはめた答えが返ってくることが多いそうだ。そんな時、自分自身にも問いかける。

「僕が、人生でやりたいことはなんだろう?」

「何かひとつの職業を夢にするのではなく、自分の夢の中で生きていきたい」。

だから彼は、旅することをやめないのだ。続けていくことで自分の興味があることに結びつけ、ビジネスをしていきたいと言う。

ひとり旅、ヒッチハイク。ここまで読むと、もう何年間も自宅に戻らず、今も懸命に前へ進んでいる彼の姿を思い浮かべる人もいるかもしれない。でも実はRanisonさん、ときどき家に帰っては、旅に関わるプロジェクトなどを進めている

どんなプロジェクト内容なのかを例にあげると:
インド南部のカンニヤークマリからずーっと北に行ってカルドゥン・ラまで旅をしながら、貧困で命を落とす子どもたちを守るため、衛生的であることがいかに大事かについて呼びかける活動をしていく「南北プロジェクト」を行うまた、インドを抜け出しバングラデシュまで自転車で行く途中、少女や女性の社会進出のためITを教える「バングラデシュプロジェクト」などもある。

ここまで旅してもなお
戻りたい場所

「タージ・マハルには20回以上行ったけど何度でもまた訪れたい」。Ranisonさんは他にも、ムンバイ、ポンディシェリ、ガントクの地名を挙げている。これらの場所は特に、自然や人、文化が好きだということだ。 

人生ってなかなかプラン通りにはいかないもの。だけど、自分が本当にやりたいことを続けて夢中になれた時、可能性は無限に広がっていくのだと、Ranisonさんのストーリーが教えてくれた気がする。

Licensed material used with permission by Aakash Ranison, (Facebook), (Twitter)
andmore
他の記事を見る
バックパックひとつの貧乏旅行が教えてくれるものは大きい。移動も寝食も楽ではない。けれど、だからこその気づきや学び、そして出会いがあるわけだ。ここに紹介する...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
インドのEDMフェス「Magnetic Fields Festival」の開催地は、ラジャスタン州にある宮殿。2013年にスタートしたこのフェス。宮殿での...
沢木耕太郎の『深夜特急』は、旅人たちのバイブルだ。インドのデリーからイギリスのロンドンまでバスのみで一人旅をする物語は、多くの人をバックパッカーの旅に駆り...
紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。それを見た人に、旅をしている気分になっ...
経済成長を直に感じると、自信に満ち溢れてくるのかもしれません。インドで設立された学校「Akshar Forum」が活気づいています。
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
インドに住むカップル、ShyamさんとAnyaさん。ラブラブな2人にも、ひとつだけある不満がありました。それは、インドでは「公共の場でキスをしてはならない...
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
カフェで繰り広げられるガールズトーク、地元の友達と久々に会えば年収の話。正直言って子どもの頃は、自分がこんな代わり映えしない毎日を生きているなんて、思って...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
言うまでもなく、ピンクとストライプが特徴的なデザイン。たくさんの人が写真を撮っている姿が目に浮かびますね。
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
コストが削減できて、スピーディーに仕上がる。しかも、結果的に環境対策につながる。こうした理由から欧米で多く行われている「倉庫リノベーション」。インドにも同...
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...
「未来の塔」という名のインドの集合住宅には、1000部屋以上あり、約5000人もの人々が住めるといいます。外観からは想像しにくいですが、建物の中には、子ど...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...