自転車で南極点まで到達!有給を使って、夢を叶えた「サラリーマン」が素敵・・・

いま、神戸市在住の“とあるサラリーマン”が大きな注目を集めています。

大島義史さん、31歳。実は彼、2015年12月末から2016年1月中旬にかけて、かねてからの夢であった壮大な旅に出かけていました。目指したのは南極点。しかも、自転車で!

5年越しの“悲願”を達成!

某重工メーカーで経理を担当している大島さんは、学生時代から長期休暇を使っては海外へ自転車旅に出かけていた模様。一度は南極を目指す夢を諦めたものの、あるとき図書館で偶然出会った「民間人でも南極に行ける」という一文により、“南極欲”が再燃。会社や家族との話し合いなど、約5年かけて準備をしてきたのだそう。

日本を発ったのは昨年12月24日。当日の彼のブログからは、「緊張」と「興奮」が入り混じった様子が伝わってきます。

「自転車旅を初めて12年、南極を構想して10年、そして、本格的な準備を初めて5年。やっと、ここまできました。当初は、本当に夢物語でしたが…今、それが現実になろうとしています」

まず、3日かけて南極大陸への出発点である、チリのプンタ・アレーナスに到着。

その後、南極大陸にある唯一の民間ベースキャンプであるユニオン・グレーシャー基地へ。この地で自転車を組み立て、約200キロの練習を行ったのだそうです。

いよいよ出発!

そして、ついに

夢の南極点に到達!こちらの写真は“シンボル的”な南極点で、

こちらが、地理学上の“ホンモノ”の南極点。このときの気持ちを「THE PAGE 大阪」のインタビューでこう語っています。

「360度どこを見渡しても地平線で、地面は高級なガラス製品や宝石のように虹色に輝いているんです。写真に収められないほど綺麗でしたよ

ちなみに費用は?

こちらが、今回の旅に向けた5年間の準備期間で費やした金額をまとめた表。ブログで赤裸々に公開しているその総額は、なんと約2,000万円!そのうち1,200万円は借金なのだとか…。

だからこそ大島さんは、チャレンジを理解してくれた家族のために、しっかりと恩を返していくと誓っています。もちろん、会社に対しても。

「ごく普通のサラリーマンが、自分のできる範囲で、どこまで夢を追えるのか?」 リスクを厭わない彼の挑戦からは、きっと多くの人がエネルギーをもらえるはずです。

Licensed material used with permission by 大島義史
Reference:THE PAGE 大阪
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
自転車は身近な乗り物であり、生活に欠かせない人も多いでしょう。そんな自転車が夢の中に出てきたら…それは自分にとって大きな意味があります。自転車の状態や状況...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
12月14日、日本で公開されて30年の時を経て、中国で初めて『となりのトトロ』上映されました。子ども時代に観た人は今大人になり、子連れで映画館へ足を運ぶ人...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
殺人事件の現場に引かれる白い線。そんな現場に立ち会ったことがなくても、刑事ドラマなどで見たことがある人も多いはず。あれは、遺体の状況を白線で記しておくと、...
どれだけ頑張っても内容を思い出せない「夢」。結構モヤモヤしますよね。でも、夢を記憶に定着させる方法があるみたいですよ。
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
いま、アーロン・プジーという男性が、自転車でイギリス縦断の旅をしています。彼は2016年5月8日にスコットランドの最北端、ランズエンド岬をスタートして、8...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
多くの人が共感して、彼女の投稿には約29万件のいいねがついています。
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
夢マニアなら、「夢での出来事とは現実で起こりえることの予測ではない」なんて常識。「Elite Daily」のライターAnnakeara Stinsonさん...
一度きりの人生。夢を叶えられるかどうかは、あなた次第です。そして、その夢に向かって努力する過程で必要なのが、何よりポジティブな心構えだと教えてくれるのは、...
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。