「Sounds of Paris」耳で旅するパリ

好きになった街には繰り返し訪れるようにしています。その土地の人間になりきって、同じ時間と空気を享受したくて。もしかしたら、知らずのうちに耳に届いている心地いい「音」に、私たちは触れているのかもしれません。

その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は、目でなく耳で伝えるパリガイドとしてお役に立てるはず。

宝石のような「パリの音」を聴く

E06f7326ca32d13d64a844720019328362bec24d

パリを連想させる音はいくつかあります。例えば、気短かなドライバーがクラクションを鳴らす音、けたたましいパトカーのサイレン、カフェの軒先きすれすれを走るスクーターのエンジン音、自転車のベルも、ツアーガイドのメガホンも……。

けれど、どこからか聞こえてくる音に足が止まり、出どころを探してしまうようなものも。私たちの耳に届くことをそっと待っている、“パリの音”があります。

「我々はとても視覚的な世界に生きているわけですが、パリはとっても耳に心地いい土地です。目で見る楽しさと同じように、音でパリを味わってみるのはどうでしょう」

音の専門家Des Coulamが厳選するSounds of Paris、珠玉のパリの音色に耳を傾けてみましょう。

01.
石畳の上を走る車の音

もっとも有名なのはシャンゼリゼ大通り。

道路に敷き詰められた丸石はパリの顔。ひとつ目のよろこびは、でこぼこの石畳を走る車がもたらしてくれるもの。特にゆっくり走るときのタイヤの摩擦音だとCoulam。

「何よりもパリを象徴するものだと思います。50年代のフィルム・ノワール(犯罪映画)を彷彿させるような」

02.
ペタンクが公園の砂利を叩く音

40b95ee096ce202a1f1cba28e6e44f7d84624960

一般的に私たちがパリ風の白い砂利をイメージするとき、チュイルリー公園やリュクサンブール公園を訪れる観光客が、その上を歩く音と結び付けようとするかもしれません。でも実のところ、その音は市内のいたるところにあるもの。

ラ・ヴィレット貯水池や運河に沿って続く砂利道、そこでペタンクを楽しむ人々が奏でてくれるあの音の心地よさ。

03.
騒々しい「デモ」もパリを演出する要素

フランス人といえば、とにかくデモに参加することで有名ですが、とりわけパリジャンの意識の高さは言うまでもありません。労働組合の抗議、学生デモ、LGBTQの社会運動…。

シュプレヒコールも、歌声も、口笛も、それを静止する警察のサイレンも。ときに機動隊が鎮圧のために催涙ガスを発砲する音だって、投げたビンが激しく地面を叩く音だって、こうしたデモにおける不協和音の重なり合いが、パリという街を演出するひとつでもあるのです。

04.
カフェの喧騒

52f4d9463f6fe295556b5fce4795293b03511b0f

サン=ジェルマン・デ・プレ教会に面したパリを代表する老舗カフェのひとつ、「カフェ・ドゥ・マゴ」をCoulamがおすすめする理由はひとつ。

「カフェでしか味わえない重層的な音のひびき楽しむため」

がやがやの喧騒を因数分解していけば、友人との会話、オーダーを読み上げるウェイターのがなり声、食器にカトラリーがぶつかる音もある。そのどれもがパリを形づくるサウンドです。

05.
マルシェの賑わい

パリっ子たちは、誰もがマルシェ(市場)に親しみを感じ、一日のうちのどこかで買いものに立ち寄ります。その騒々しさが分かりますか?

「世界中から集められたフルーツや香辛料、ペイストリーを売る陽気な行商人。オープンスペースも活気ある場内も、世界中の言語が賑やかな喧騒の中に飛び交っているのです」

ゆえに、サン=ドニのマルシェは“別格”なんだそう。

06.
「ノートルダム」の鐘の音

世界有数の大聖堂ノートルダムでは、12世紀(竣工前から)より市内に響きわたるよう鐘を鳴らし続けてきました。やがて多くの鐘が追加されるようになり、今日のように荘厳な響きになったそうです。

フランス革命の際には、1つを残しすべての鐘が取り外され、溶かして利用されたそうです。のちに再び取り付けられた鐘は、以前のものより品質も音色もイマイチ。それでもつい最近まで使用され、2013年ついに建立当時のものに戻り話題に。

この街で感じる他の多くの音と違い、ノートルダムの鐘にはそれだけの歴史を感じることができるでしょう。

07.
「パリ北駅」のブレーキ音

C026f30ec089e2f2ebb9e1d1de341fc268c9df18

パリの大動脈ではないけれど、欧州でもっとも混在しているのが北駅だとか。

「列車が停車する時に轟く独特の音は、1800年代初頭に建てられた北駅でしか体感できないものなんです」

Coulamお気に入りのこのサウンドも、2015年より始まった大規模改築工事により、なくなってしまうのかもしれません。

08.
小鳥たちのさえずりを「シュリー館」で

ときに注意深く耳をすませてみることは、視覚にまさる気づきを与えてくれるもの。“パリでもっとも美しい建築”と称されるマレ地区の歴史的建造物「シュリー館」を訪れてみましょう。

葉で覆われた中庭に沿って歩けば、小鳥たちのさえずりがこだまする異境へと足を踏み入れたように思うはずです。

Licensed material used with permission by The Local France
旅の間は、旅先でしか味わえない固有の音に溢れています。耳にするだけで非日常の境地へと誘ってくれるような。その都市ならではの音もあります。もちろん、日本にも...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
誰もが足を運ぶ観光名所が数多ひしめくパリ。ガイドブックに載っているお馴染みの風景に出会えることは、間違いなくこの街を訪れる醍醐味だ。でも実は、どこを歩いた...
 「旅に出て、もしも自分よりもすぐれたものか、または自分にひとしいものに出会わなかったら、むしろきっぱりと独りで行け。愚かなものを道連れにしてはならぬ・・...
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
日本人の憧れ、パリ。アーティスティックな雰囲気が漂い、花が咲き誇るその街並に魅了される人は少なくない。今回紹介する「In Love in Paris」は、...
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
2017年、あなたはどんな目標を立てていますか?ジムに通う、ダイエットをする、ヨガをはじめる…そんな意識の高い目標もいいですが、本当の心の声に耳を傾けてみ...
シルケジ駅からは、今でもオリエント急行が辿った同じルートを、東欧各地に列車が走っています。当時のような豪華列車ではありませんが、日本でも夜行列車がほとんど...
どこを旅行するにも、ガイドブックではなかなか触れられないローカルの視点があると嬉しいもの。過大評価されているレストランも、じつは評判ほどのものではないのか...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...