カリフォルニアの「動くホテル」が、3億円以上を調達

飛行機や電車など、海外の長距離移動にはいくつか選択肢がありますが、中でも「バス」は、安い代わりに時間がかかって快適さも備えていないイメージ。

でもアメリカでは、まるでホテルのような寝台バスが走っているようです。

布団で眠れる夜行バス

6dbca23a82958746ed82c07eda57ed8c3b898906

Cabin」はロサンゼルス〜サンフランシスコ間を走る夜行バスです。

夜行バスと言えば、シートに座ったまま睡眠を取るような席を想像してしまいますが、これはより快適な旅を追求しており、寝台列車のような設備が整えられています。

18cc4d270025fa435244a05f65cd4b19ab169d153e9be6092514fda3fcaeae43bb7d428ecb854b6d

寝台は上下二段になっていて、寝心地の良い布団も完備。

眠れないという人は、車内のWi-Fiを使ったり、ラウンジに繰り出したりできます。客室乗務員が同乗しているので、困ったことがあればすぐに相談することも可能です。

他にも、耳栓を無料配布、紅茶は飲み放題、手荷物も2つまで無料で預けることが可能…という細やかさ。

4f6cf4c888c122c74b155c3de06d9771d04aafe6

チェックインは午後11時、到着は翌朝の午前7時。バスルームもあるので、乗車中に身支度を済ませておいて到着と同時に活動開始、なんてこともできちゃいます。

3億円以上の
資金を調達

乗車料金は時期や手荷物の数によって変動しますが、115ドル(約1万3千円)から。ロス〜サンフランシスコ間の飛行機代が1万円程度で済むこともあると考えると、結構良いお値段。

でもこのバス、2017年6月に300万ドル(約3億4千万円)もの資金を調達したばかり。日中の時間を使わず寝ている間に移動して、できるだけ時間を有効活用したい!という層にウケているのかも。たしかに飛行機だと、チェックインまでの時間が意外とばかにならなかったりしますからね。

乗車には、事前の予約が必要。もし夏休みの旅行で使いたかったら、こちらからチェックを。

Licensed material used with permission by © Cabin Technologies, Inc.
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
南米で初となった豪華寝台列車は、ペルーの世界遺産の街から有名観光地へ、アンデス山脈や谷間などを走り抜けながら大自然を堪能できる。食や内装もペルーに特化して...
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の...
アメリカを旅するなら、キャンピングカーを仲間たちと1台貸し切って車中泊をしながら、いくつもの大自然や歴史的エリアをホッピングしてはどうだろう?広大な国土の...
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
このUSB充電器は安くて便利だから買ったわけじゃなくて、蛍光イエローの色が気に入って購入。
旅行したいなって思うけど、面倒なことが多いしお金もかかる。そんなあなたは、長期休暇がもらえたとしても、家でゴロゴロしてしまいがち?もっとストレスなく旅行を...
ワーゲンバス。正式には「フォルクスワーゲン タイプ2」と呼ばれる車で、ワーゲンが作ったバンor ワゴンのこと。キャンパー仕様やデリバリー仕様、トラック仕様...
いま、NYで最も注目を集める観光バス「THE RIDE」を知っていますか?“動くミニシアター”とも形容される、この街ならではのエンターテインメントが、乗客...
アメリカ国防総省からは約11億円の投資を受けているそうですよ。
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
Mosaic Tile Houseは、2人のアーティストがコツコツと装飾をした家。位置はちょうどサンタモニカとベニスビーチの中間くらい。入場料は$15で、...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
「Airlander 10」は最大5日間も空を飛び回れる航空機です。
今や、東南アジアの移動手段で主流になっているのは『Grab』という、マレーシア人の起業家が開発した、ライドシェアサービスのアプリ。存在自体は知っていたけれ...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...