カリフォルニアの「動くホテル」が、3億円以上を調達

飛行機や電車など、海外の長距離移動にはいくつか選択肢がありますが、中でも「バス」は、安い代わりに時間がかかって快適さも備えていないイメージ。

でもアメリカでは、まるでホテルのような寝台バスが走っているようです。

布団で眠れる夜行バス

Cabin」はロサンゼルス〜サンフランシスコ間を走る夜行バスです。

夜行バスと言えば、シートに座ったまま睡眠を取るような席を想像してしまいますが、これはより快適な旅を追求しており、寝台列車のような設備が整えられています。

寝台は上下二段になっていて、寝心地の良い布団も完備。

眠れないという人は、車内のWi-Fiを使ったり、ラウンジに繰り出したりできます。客室乗務員が同乗しているので、困ったことがあればすぐに相談することも可能です。

他にも、耳栓を無料配布、紅茶は飲み放題、手荷物も2つまで無料で預けることが可能…という細やかさ。

チェックインは午後11時、到着は翌朝の午前7時。バスルームもあるので、乗車中に身支度を済ませておいて到着と同時に活動開始、なんてこともできちゃいます。

3億円以上の
資金を調達

乗車料金は時期や手荷物の数によって変動しますが、115ドル(約1万3千円)から。ロス〜サンフランシスコ間の飛行機代が1万円程度で済むこともあると考えると、結構良いお値段。

でもこのバス、2017年6月に300万ドル(約3億4千万円)もの資金を調達したばかり。日中の時間を使わず寝ている間に移動して、できるだけ時間を有効活用したい!という層にウケているのかも。たしかに飛行機だと、チェックインまでの時間が意外とばかにならなかったりしますからね。

乗車には、事前の予約が必要。もし夏休みの旅行で使いたかったら、こちらからチェックを。

Licensed material used with permission by © Cabin Technologies, Inc.
他の記事を見る
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
ポートランドに「Portland Chinatown Museum(ポートランド・チャイナタウン・ミュージアム)」がオープン。この博物館では、文字通りチャ...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の...
南米で初となった豪華寝台列車は、ペルーの世界遺産の街から有名観光地へ、アンデス山脈や谷間などを走り抜けながら大自然を堪能できる。食や内装もペルーに特化して...
2月11日、アメリカの高級百貨店チェーン「Barneys New York(バーニーズ・ニューヨーク)」が、マリファナを取り扱うセレクトショップをオープン...
アメリカを旅するなら、キャンピングカーを仲間たちと1台貸し切って車中泊をしながら、いくつもの大自然や歴史的エリアをホッピングしてはどうだろう?広大な国土の...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
Uberが、米デンバーでアプリを介し、バスや電車の時間、乗車料金、さらにはチケットを購入できるサービスを開始。人々の「移動」を最大限快適にしようというもの。
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
旅行したいなって思うけど、面倒なことが多いしお金もかかる。そんなあなたは、長期休暇がもらえたとしても、家でゴロゴロしてしまいがち?もっとストレスなく旅行を...
ワーゲンバス。正式には「フォルクスワーゲン タイプ2」と呼ばれる車で、ワーゲンが作ったバンor ワゴンのこと。キャンパー仕様やデリバリー仕様、トラック仕様...
アメリカ国防総省からは約11億円の投資を受けているそうですよ。
「Autonomous Travel Suite」は、まだアイデアベースですが、イノベーションアワードを授賞するほど秀逸な移動式ホテル。ドアツードアで移動...
Mosaic Tile Houseは、2人のアーティストがコツコツと装飾をした家。位置はちょうどサンタモニカとベニスビーチの中間くらい。入場料は$15で、...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。