月額約35万円で飛行機が乗り放題。アメリカで定額プランが始まる

月額固定料金の定額サービスが、ついに飛行機にも!アメリカの航空業界に定額制を導入した企業に、いま注目が集まっています。出張向けではありますが、どれだけ乗っても、ひと月2,950ドル!

アメリカ国内どれだけ乗っても
月額一律料金!?

アメリカの主要76都市をつなぐ700の航空ルートが、月額たったの2,950ドルで乗り放題。アメリカの旅行代理店「OneGo .Inc」は、2016年2月から航空業界に月額制モデルを導入しました。シンプルで分かりやすい料金体系は、ビジネスパーソンたちの間で早くも話題となっているようです。

同社の創業者Paulius Grigas氏は「Bloomberg」に、定額サービス導入に至った経緯を以下のように説明しました。

「各航空会社の価格を比較して購入手続きを行なう手間を省くことで、ユーザーは自分がどこへ行くかにだけ注力すればいいので、自分の必要なことだけに集中できるはずです」

日本に比べ、アメリカは航空路線も格段に多く、価格競争も日々変化する状況だとか。いかに有益に自分の時間を効率よくフライトに合わせることができるか?ところが、これが複雑化する料金体系で、利用客からは不満の声も上がっていたようです。

では、いかにしてOneGoが定額サービスに乗り出したのか?そのからくりを見ていきましょう。


大手航空会社7社と提携
価格は17万円から

大手航空会社7社のフライトをカバーするrOneGoは、アメリカ大陸を西部、セントラル、東部と3つのエリアに分けています。各エリア内であれば、どの飛行機をどれだけ利用しても月額の料金は一律(西部:1,500ドル、セントラル:1,950ドル、東部:2,300ドル)。ちなみにエリアをまたいで利用したり、米国全土をカバーするプランは2,950ドルというから、日本円にしておよそ34万円ほど。

今日はNYで会合、明日はヒューストンでランチミーティングといった、大陸を股にかけて飛び回るビジネスパーソンには、価格次第で需要が大きく見込まれることが予想されます。
ちなみに、このOneGoの定額サービスにはアラスカ州とハワイ州はエリア外。

乗りたい飛行機を
搭乗日の7日前までに予約

フライトの予約はすべてOneGo専用アプリから、わずか3ステップでフライト予約が完了。一度に4つまで予約を取ることもできるそうです。さらに、月額750ドルの追加料金で最大8つまで予約を増やすことが可能。ただし、搭乗日の1週間前までに予約する必要あり。

航空業界のNetflix化?

「航空産業に動画配信サービスNetflixの定額サービスシステムを採用したのはいいが…」ビジネス情報メディア「BRG」は、シンプルで分かりやすい料金体系には一定の評価をしつつも、高額な価格設定や、一週間前までの予約など、急な会合や取引のあるビジネスパーソンには、不向きな点を指摘しています。

この2つのボトルネックを今後どう解消していくのか。そこをクリアしていくと、同様のサービスが世界的に展開されていく可能性はあるはず。
動画や音楽と同じように、映画も定額サービスの時代がもうすぐそこまで来ていることは確かなようです。

Reference:BGR, Bloomberg
Licensed material used with permission by OneGo
知らない人同士が一台の車に乗り合わせる。世界の国々を旅すれば、こうした「乗合タクシー」は、電車やバスと同じように当たり前の交通手段。日本にもあるにはある。...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
飛行機や電車など長距離移動の交通機関にはいくつか選択肢がありますが、中でも「バス」は、安い代わりに時間がかかって快適さも備えていないイメージ。でもアメリカ...
「moviepass」は、月額9.95ドル(約1080円)で映画館に通い放題の激安プラン。3D・Imaxの作品は不可など多少制限はあるが、ニューヨーク中心...
今回は、僕の故郷であるイギリスにおける比較的新しい風習を紹介したいと思います。例えば11月(November)には、口ヒゲを生やして募金活動を行い、男性の...
18年間愛される黒いチーズケーキが名物外苑前でワインとスイーツを楽しめるカフェesola the lab〒107-0062 東京都港区南青山3丁目3-21...
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
搭乗予定だった便が遅延していることをネットで知り、数時間遅れて空港へ行った3人の女性。到着してみると、他の乗客はみんな一足先に別の飛行機に乗ってしまったと...
パーソナルスペースを作ってくれて、風避けとしても活躍してくれるパーカーのフード。頭が覆われるので安心感を得られるメリットも。「HoodiePillow」は...
乳首をモチーフにしたブローチなどを販売している「Pretty Ugly」。以前、Free the Nippleというムーブメントが盛んだった頃に注目されま...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
日本全国のホステルで使える泊まり放題のパス「ホステルパス」の予約受付が10月からはじまりました。日曜日〜木曜日の間のみ使用できる年間パスは18万円(月15...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
国際宇宙会議にて、SpaceX社は地球上の主要都市を、約30分で結ぶ計画を発表した。可能にするのは、ロケット型宇宙船「BFR」。火星移住計画様に開発された...
2019年1月31日からニューヨーク発ボストン、ダラス行きで運行が開始される、デルタ航空のエアバスA220-100型機。トイレに窓があり、快適な空の旅が楽...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...