東京からLAまで約5時間!超音速のプライベートジェットは機内からの眺めも最高だった・・・

これは、外の様子を眺められる新しいプライベートジェット「The Spike S-512 Supersonic Jet」。飛行機に乗っている時に、空の様子を眺めるのが最大の楽しみだという人には、きっと最高の航空機になるのでは?

画像が示す通り、小さな窓が並んでいるのとは訳が違います。これは乗ってみたい!

壁全体から
外の様子が眺められる!

4b0627ef0afb94df555ce2987db0553dae1235978a5db31e249a81b6b1d35f83caeb9be61e9ef7c2

じつはこれ、外で撮影した映像をリアルタイムで表示しているディスプレイ。明るさなども調整可能で、機体に窓を設置せずに済むため、頑丈に設計でき、燃料効率もよいのだとか。

残念ながらまだコンセプト段階ですが、想定されているスペックには驚きます。巡航速度がマッハ1.6の超音速旅客機となり、ロンドンからニューヨークまでをたったの3時間、東京からロサンゼルスを5時間で結ぶ予定。

2016年1月20日のリリースによれば、スペインの航空機構造大手「Aernnova」社と提携。2019年にテストフライトを予定しており、2022年の実用化が目標です。まさに未来の飛行機ですね。

Licensed material used with permission by SpikeAaerospace
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
国際宇宙会議にて、SpaceX社は地球上の主要都市を、約30分で結ぶ計画を発表した。可能にするのは、ロケット型宇宙船「BFR」。火星移住計画様に開発された...
チューブ型列車システム「Hyperloop Alpha」は、テスラモーターズのイーロン・マスクが考案し、2013年にオープンソースとして発表した新しい長距...
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。
「LA Auto Show's」は、未来の都市と新しい移動手段のデザイン発表の場として、毎年開催されているイベント。2017年のファイナリストのひとつが、...
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...
1984年のロサンゼルス五輪が思い出される、背負い型のジェットパック。「ついに実用化か!?」というニュースが定期的に話題になりますが、イメージよりもだいぶ...
いよいよ、「自家用飛行機」時代の幕開けとなるかもしれない、革新的な航空機開発が大詰めを迎えているようです。それも電動式で駐機場も不要だとか。ここで話してい...
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
飛行機や電車など長距離移動の交通機関にはいくつか選択肢がありますが、中でも「バス」は、安い代わりに時間がかかって快適さも備えていないイメージ。でもアメリカ...
「AirPod」は、大人1人が数時間を過ごすのに、大きすぎず小さすぎない空間になっている。ベッド以外にも、デスクやテレビがついているという。
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
長い飛行機での移動時間、少しでも眠りたいと思うのは当然のこと。ですが、高度9,000メートルの高さでぐっすりと眠るのはなかなか難しいもの。でも、ご安心。以...
仕事もプライベートもどちらも充実させるのは難しいこと!と思っていませんか? そう考えた時点で、あなたにとってはずっと難しいものになってしまいます。でも実は...
わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブ...
結婚式を大好きな遊園地のジェットコースターで挙げたカップルは。140人もの人を招待して、乗車から戻ってくるところまで盛り上がりました。自分が好きな場所で式...